偏差値
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報【最新版】2019年 国公立医学部(医学科)偏差値ランキング

【最新版】2019年 国公立医学部(医学科)偏差値ランキング

           

このページでは、国立大学の医学部医学科別偏差値をランキング一覧で紹介します。

国立大学の医学部合格を目指している高校生、受験生の方、もちろん親御さんも、このランキングを是非参考にしてください。医学部ということで、かなり高レベルの偏差値ランキングになっています。

一番下の大学でも偏差値60後半以上はあります。それに加えて、国公立ですから、全ての科目が高偏差値でなければなりません。60後半もあれば、旧帝大学も早慶に受かることも十分できます。このように考えると、医学部が狭き門であることは明白ですね。

全国大学偏差情報ランキング 国立医学部(医学科)編

医学部ということで、かなり高レベルの偏差値ランキングになっています。また、国公立ということでもあるので、満遍なくどの科目もやりこなして、偏差値を上げていく必要があります。このランキングを参考にして、国公立医学部に合格できるように受験準備を計画的に進めていきましょう。

国立医学部医学科 偏差値ランキングはこちら

国立医学部医学科をご紹介

国公立大学を受験するとなると、文系・理系問わずほとんどの大学受験の入試科目は5科目以上で、一次・二次試験と対策をしっかり練る必要があります。

理系だけでなく文系の科目にも高い偏差値が求められるため、どの教科も計画的に勉強を進めていくことが理想です。国公立大学は、私立大学の受験と比べて科目数も多いことから比較的難易度が高いとされています。

特に、医学部ということで、理系科目に高いレベルを求められるので、かなり力を入れていかなくてはなりません。そこで、まずは偏差値ランキングに移る前に、医学部を持つ国立大学の中でも、トップクラスの大学を紹介しておきましょう。

東京大学

「東大」という敬称で親しまれている東京大学は、だれもが認める日本最高学府の国立大学です。

「赤門」で有名な東京大学は日本国内の認知度は言うまでもなく、毎年発表される世界大学ランキングでも常に上位を占め、世界各国からその優秀な研究と実績が認められている日本を誇る大学です。

東大の学園祭では、多くの方が訪れ、東大生の研究内容や実験体験をすることができ、新たな知識を増やすことができます。やはり日本の最難関大学という事もあって、偏差値はほとんどの学部で65以上を超えており、一筋縄では東大合格は難しいですね。

特に医学部は、偏差値が70超えのため、しっかりと準備することが必要です。近年では一般入試に加えて新たに推薦入試を導入されました。自分に合った対策方法を上手く選ぶことで合格に一歩近づきます。

東大は、文系・理系どちらもセンター試験の国語の配点が高く、二次試験でも必須科目なので、センター試験が終わってもしっかり勉強を継続していくことが必要です。そして、二次試験も科目が多いので最後までやり抜けられるかが合格の鍵になる。

京都大学

「京大」という敬称で親しまれている京都大学は、関東の東大に肩を並べる日本の最難関国公立大学の一つです。京都大学の学部、研究のレベルは日本最高学府であるあの東大に引けを取らず、特に理系分野の研究が有名です。数年前には京大の山中伸弥教授がiPS細胞の発見で一躍有名になり、ノーベル賞の受賞によって世界各国の研究者からも注目を集めています。

そのため理系分野志望の受験生の間では、全国すべての大学の中でも圧倒的人気を誇っています。こういう部分も含め、自分の好きなことでやりたい研究に打ち込むことができるところが日本ランキング2位と言われる京大の魅力です。また、卒業式の際のユニークな格好が有名です。

京大は、一般入試と特色入試を導入しています。一般入試は、センター試験の結果で選抜されることもあるので、そのことも把握してセンター試験対策、二次対策も行うべきです。

大阪大学

一般的に「阪大」と呼ばれている大阪大学は、特に関西エリアで特に高い認知度を誇っている日本の難関国公立大学の一つです。大阪大学はもともと独立した国立大学でしたが、数年前に大阪外国語大学と統合しました。

そのため箕面キャンパスはもともと大阪外国語大学だった為、現在は外国語学部専門のキャンパスとなっています。国立総合大学の中で、唯一外国語学部があるため、それを活かしたグローバルな活動をしています。

江戸時代(1838年)に、緒方洪庵が開いた適塾が原点となっており、創基180周年の歴史があります。

国公立医学部医学科偏差値ランキング 1位~37位

※2019年10月現在

順位 大学 学部 学科 専攻 2019偏差値
1 東京大学 医学部 三類 72.5
2 大阪大学 医学部 70
3 大阪大学 医学部 70
4 大阪市立大学 医学部 医学科 70
5 新潟大学 医学部 68
6 北海道大学 医学部 医学科 67.5
7 大阪大学 医学部 保健/放射線技術 67.5
8 大阪大学 医学部 保健/検査技術 67.5
9 大阪大学 医学部 保健/看護 67.5
10 東北大学 医学部 医学科 67.5
11 神戸大学 医学部 医学科 67.5
12 九州大学 医学部 医学科 67.5
13 九州大学 医学部 生命科学科 67.5
14 千葉大学 医学部 医学科 67.5
15 名古屋大学 医学部 67.5
16 名古屋大学 医学部 67.5
17 広島大学 医学部 医学科 67.5
18 岐阜大学 医学部 医学科 67.5
19 名古屋大学 医学部 保健 看護 67.5-65
20 名古屋大学 医学部 保健 作業療法 67.5-65
21 北海道大学 医学部 保健学科 看護学専攻 65
22 東北大学 医学部 保健学科 看護学専攻 65
23 九州大学 医学部 保健学科 看護専攻 65
24 広島大学 医学部 保健学科 60-50
25 大阪市立大学 医学部 看護学科 57.5
26 大阪大学 医学部 保健/放射線技術 57.5
27 大阪大学 医学部 保健/検査技術 57.5
28 大阪大学 医学部 保健/看護 57.5
29 神戸大学 医学部 保健学科 看護学専攻 57.5-55
30 名古屋大学 医学部 保健 理学療法 57.5-52.5
31 名古屋大学 医学部 保健 検査技術 57.5-52.5
32 名古屋大学 医学部 保健 放射線技術 57.5-52.5
33 名古屋大学 医学部 保健 看護 57.5-52.5
34 名古屋大学 医学部 保健 作業療法 57.5-52.5
35 広島大学 医学部 保健学科 看護学専攻 55-50
36 九州大学 医学部 保健学科 55
37 岐阜大学 医学部 看護学科 55

ランキングを振り返って

いかがでしたでしょうか。国立医学部医学科の偏差値ランキングをご紹介しましたが、やはり医学部という事もあってどの大学も高い偏差値となっております。医学部志望の方はしっかりと準備と対策を練って本番の試験に臨みましょう。

受験勉強ってそもそもどうやればいいの…?

ランキングを見て、自分が行きたい学部学科の偏差値がわかったところで、「どうやって偏差値を上げていけばいいんだ?」と思った方もいると思います。ここでは、今までほぼ受験勉強をしてきてなくて、何をやればいいか全くわからない人向けに、教科別の勉強法の記事を紹介しています。

教科別勉強方法を紹介!

それではまず、受験勉強を始める前に受験科目を決めていきましょう!自分の行きたい大学の学部学科の受験科目は何の科目があるかを確認します。おそらく、社会系の科目と理科系の科目で何を受験するか自分で決めることになると思います。基本的には、自分が興味の持てる科目を選ぶのがいいと思います。受験科目が確定したら、いよいよ教科別勉強法についての情報です!

→教科別勉強法一覧

受験はとても辛く厳しいですが、記事のような勉強法で偏差値を上げ、志望大学の合格をぜひとも掴んでほしいと思います。ランキングや大学の情報も含め、参考になりましたら幸いです。ここまでご覧いただきありがとうございました!

関連偏差値ランキング

全国の国立大学や私立大学の学部別偏差値ランキング、また、地域ごとの大学の学部別偏差値ランキング、大学群ごとの学部別偏差値ランキングなど、様々なランキングを掲載しています!

お住まいの地域の大学のランキングや、早慶やMARCHのランキング、医学部のランキングなど気になるランキングを是非チェックしてみて下さい!

受験に役立つコンテンツをご紹介

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。