教科別勉強法 物理
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報物理参考書物理のおすすめ参考書|入試レベルの物理演習ができる5冊をご紹介

物理のおすすめ参考書|入試レベルの物理演習ができる5冊をご紹介

入試レベルの物理演習ができるおすすめ問題集5冊をご紹介

今回は、物理の問題集で入試レベルの演習ができるおすすめ教材を5冊ご紹介します。

それぞれの問題集で、扱われている問題の難易度やカバーする範囲、そして解説の分かりやすさが異なります。物理が得意な人は、難易度の高い問題集からスタートしても大丈夫ですが、解き方を分かりやすく学びたい人は解説が詳しい問題集から徐々にステップアップしていくのがおすすめです。

そこで今回は、入試の標準レベルの問題集から最難関大学レベルの問題集までを段階的にご紹介します。それぞれの参考書の特徴について把握したうえで、自分に最適な教材から学習をスタートしてください。

MARCHや関関同立、地方国公立レベルの標準問題をカバーするなら『物理 基礎問題精講』『良問の風 物理 頻出・標準入試問題集』

最初にご紹介する『物理 基礎問題精講』『良問の風 物理 頻出・標準入試問題集』の2冊は、入試で出題される標準レベルの問題が演習できるおすすめ問題集です。MARCHや関関同立、地方国公立を志望する人向けの教材となっています。

扱われている問題の難易度は2冊とも同じくらいで、解説が分かりやすいのは『物理 基礎問題精講』の方です。物理の問題の解き方を理解するのに自信がない人や、分かりやすい解説があったほうが良いという人は『物理 基礎問題精講』を使って学習を進めてください。

一方、『良問の風 物理 頻出・標準入試問題集』の方は解説がコンパクトではありますが、入試で頻出の典型的な問題を漏れなく網羅している点でおすすめできます。解法はオーソドックスなものが多いため、ある程度解き方の道筋が示してあれば解法を自力で学べるという人にとっては、『良問の風 物理 頻出・標準入試問題集』の方が効率よく得点力アップが可能です。

良問の風 物理 頻出・標準入試問題集』は掲載されている問題の完成度が非常に高いので、物理を選択する人全般におすすめできる教材となっています。

地方国公立をはじめ早慶明治等の難関対策をしたい人におすすめ『国公立標準問題集CanPass』と『名門の森 物理』

次にご紹介する『国公立標準問題集CanPass』と『名門の森 物理』は、地方国公立や難関大対策に使えるハイレベルな問題集です。難易度は『良問の風 物理 頻出・標準入試問題集』と比べると難しめに設定されています。

なお、『名門の森 物理』は『良問の風 物理 頻出・標準入試問題集』や、標準的な問題集として有名な『物理のエッセンス』と同じ河合出版から出ていて、内容構成や解説の分かりやすさが似ているシリーズです。

このシリーズの中で最も難易度が高いのが、今回ご紹介する『名門の森 物理』となっています。明治や早慶、旧帝大などの最難関大学を受験する人が、これらの大学で出題される物理の解法を身に付けるためにおすすめの教材です。『国公立標準問題集CanPass』は、物理の入試レベルの問題集で標準的なものを終わらせたあと、地方国公立で出題されるような難易度の高い問題を練習するのに適しています。

どちらの問題集も解説は標準的ですが、過不足なく説明されているため問題なく学習を進めていくことが可能です。基本的な問題を一通りマスターした後、過去問演習と併用してこれらの教材に取り組むことで、入試前の最終調整を行っていってください。

早慶や東大・京大など物理の全レベルをカバーする問題集『物理重要問題集』

最後にご紹介する『物理重要問題集』は、早慶や東大・京大などの最難関大学の入試にも対応できる問題集です。基礎から応用まで含めたほとんどの物理問題を網羅しています。ただし、掲載されている問題量が多いことから、1つ1つの問題に対する解説はコンパクトなものとなっていますので、その点は注意が必要です。

初めて物理の問題演習に取り組む人や、物理の問題を解くのが苦手な人にとっては、『物理重要問題集』を使って学習を進めていくのは難しくなっています。そのため、まずは『名門の森 物理』などの解説が詳しい問題集を使って入試レベルの問題の解法を理解したうえで取り組むのがおすすめです。

基本的な解き方が理解できた後であれば、『物理重要問題集』を使ってさらに問題演習を積み重ねていくのが有効になります。解説が非常にシンプルなのが『物理重要問題集』の短所ではありますが、すべてのレベルをカバーしている問題集としては非常に優秀な1冊です。

最難関大学の入試問題を解く準備として、『物理重要問題集』に掲載されている問題を一通りマスターすることをおすすめします。

まとめ

今回は、物理の問題集の中でも入試問題対策ができるハイレベルな教材を5冊ご紹介しました。問題集によって、解説の詳しさや扱われている問題の範囲が異なります。入試レベルの物理を初めて解く人で、分かりやすい解説があったほうがいい場合は『物理 基礎問題精講』や『良問の風 物理 頻出・標準入試問題集』がおすすめです。

これらの問題集を終えた後、国公立の難問や早慶、上智などの難関大対策をしたい人は、『国公立標準問題集CanPass』や『名門の森 物理』を使って学習していきましょう。東大・京大を含む最難関大学の物理対策をしたい場合は、入試に出題される全範囲の問題をカバーしている『物理重要問題集』を解くのがおすすめです。ただし、『物理重要問題集』は解説がシンプルなため、解き方が分からない人はまず『名門の森 物理』などで解き方を理解したうえで取り組むようにしてください。

今回ご紹介した5冊から、自分のレベルに合った物理の問題集を選んで入試対策を仕上げていきましょう。

  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。