参考書詳細・使い方・勉強法 物理
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ物理の参考書38選良問の風 物理頻出・標準入試問題集|MARCHレベルの良問が学べる参考書

良問の風 物理頻出・標準入試問題集|MARCHレベルの良問が学べる参考書

科目 物理
出版社 河合出版
目的 物理の問題演習
対象者 物理の基礎固めが終わった人
難易度 MARCHや地方国公立レベル
分量 119ページ
使用期間 高三夏休み~10月ごろまで
ジャンル 物理問題集

・具体的なオススメポイント
MARCHや地方国公立レベルの典型的な問題が厳選されている
・注意点
出題頻度の高い単元から順に仕上げていくこと

MARCHや地方国公立レベルの典型問題が学べる物理の参考書

『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』はMARCHや地方国公立レベルの問題が演習できる物理の参考書です。

物理の基本知識を学んだあと、入試レベルの問題を解けるようにする時に役立ちます。

『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』に掲載されている問題は、入試の過去問を再構成して作られているため、典型的なパターンを効率よく学ぶことが可能です。入試では誘導文が長い問題や、一見複雑そうな問題が出題されますが、頻出のパターンを押さえておけば心配はありません。

まずは『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』に収録されている問題の解き方をマスターし、入試レベルの問題を解く実力を身に付けていきましょう。

以下では、『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』の詳しい内容や学習のポイントをまとめました。大学入試で物理を選択する受験生はぜひ参考にしてください。

物理の他の参考書を併用して単元ごとに仕上げる学習法がおすすめ

『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』を学習する際には、同じ出版社から出ている『物理のエッセンス』シリーズとの併用がおすすめです。

『物理のエッセンス』シリーズは『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』よりも易しい問題が収録されています。

どちらの参考書も大学入試レベルの物理の問題を扱っていますが、『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』は大問レベル、『物理のエッセンス』シリーズは小問レベルの内容です。

まずは物理の教科書や講義形式の参考書で基礎を固め、その後単元ごとに『物理のエッセンス』と『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』を交互に仕上げていきましょう。

大学入試では、参考書の始めの方に登場する力学などの単元が頻出です。そのため、1つ1つの単元を順番に仕上げていく方が学習効率が高まります。参考書の後半に登場する原子に関する問題は、出題頻度が低いため後回しにしても問題ありません。

『物理のエッセンス』と『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』を交互に解いて、出題頻度が高い単元から順番に仕上げていってください。

巻末に物理の論述問題がまとまっている

MARCHや地方国公立レベルの典型問題が厳選されている『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』では、巻末に物理の論述問題が収録されています。

地方国公立大学の入試では記述形式の問題が出題されるため、字数制限内で要点を押さえる練習が必要です。また、記述形式の問題が出題されない私立大学の入試でも、『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』の論述問題を解くことで各単元の理解が深まります。

力学、熱、波動、電磁気、原子のそれぞれについて、各単元で重要なポイントを問う論述問題が掲載されているため、時間に余裕があれば取り組みましょう。

記述形式の問題を解く時は、まず自分で答案を作ることが大切です。すぐに解説を見ず、自分なりの回答を作ってから模範解答と見比べましょう。

『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』では論述問題の採点基準が明記されているため、独学でも記述対策が可能です。

加点対象となる情報が書けているか、不要な内容が含まれてしまっていないかなどをチェックすることで、記述力が高まります。

志望大学のレベルに応じてより難しい参考書にも取り組もう

『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』と同じ出版社から、よりハイレベルな物理の問題集として『名門の森 物理』という教材が出ています。

MARCHより難しい大学を志望する場合は、『名門の森 物理』レベルまで仕上げておくことがおすすめです。

『名門の森 物理』では、『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』と同様、物理の単元ごとに入試レベルの典型問題が載っています。

入試本番までに時間があまり残されていない場合は、1つの単元に対して『物理のエッセンス』と『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』を解いた後、さらに『名門の森 物理』まで解くこともおすすめです。

志望大学の難易度や物理の学習に割ける時間に応じて、適切なレベルの参考書を選んでください。なお、問題集で典型的な解法パターンを学んだあとは、志望大学の過去問演習も忘れずに行いましょう。

過去問を繰り返し解けば、出題傾向や大問ごとの時間配分に慣れることができます。

まとめ:良問の風 物理頻出・標準入試問題集

MARCHや地方国公立レベルの典型問題が学べる物理の参考書『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』を紹介しました。

『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』の問題を解くことで、大学入試レベルの応用問題を解くための基本パターンが身に付きます。

同じ出版社から出ている『物理のエッセンス』シリーズと『良問の風 物理頻出・標準入試問題集』を併用して、力学などの頻出単元から順番に仕上げていきましょう。

MARCHより難しい大学を志望する場合は、『名門の森 物理』に収録されている問題も合わせて対策することがおすすめです。

典型問題の解き方を学んだあとは、志望大学の過去問演習を繰り返して、合格に必要な実力を仕上げていってください。

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。