教科別勉強法 物理
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報物理勉強法「日大レベル”入門”の進め方」と「日大・MARCHレベルの進め方」

「日大レベル”入門”の進め方」と「日大・MARCHレベルの進め方」

初学者でも読める参考書

「宇宙一わかりやすい高校物理力学・波動と電磁気・熱・原子」を読みましょう。物理の初心者向けの参考書は数学の知識がいるものが多く、本当の初学者にとっては厳しいですが、この参考書は図が多くイメージしやすいものが多いです。わからない人の気持ちがわかっている本と言っても良いでしょう。1冊1ヶ月を目安に読んで、付属の問題を解きましょう。急いでなければ3、4ヶ月かかっても良いでしょう。

おすすめの問題集

中学の復習をかねつつ、上の参考書の復習をしたい人には、「物理レベル別問題集1基礎編」をお勧めします。問題数が多くなく解説もわかりやすくなっているので、「宇宙一わかりやすい高校物理」でやったことを確認するにはやりやすくなっています。2、3週間あれば終わらせることができるでしょう。日大レベル未満の学校ならばこれら2冊でOKです。

”標準”レベルは分野ごとにやりましょう

前回の参考書が終わった上で、日大・MARCHレベルの”標準”をやっていきましょう。これらは分野ごとの進行が良いでしょう。講義系参考書は”標準”からスタートする人用と”入門”や授業で勉強している人用があります。今回紹介するのは、初学者なら先に読んでもらいたい講義系の参考書です。初学者の人には「橋元の物理基礎をはじめからていねいに」をおすすめします。全範囲は押さえていないですが、理屈がわかりやすくておもしろいです。できるようになってから読んでもおもしろい一冊になっています。初学者以外は、「やまぐち健一のわくわく物理探偵隊NEO」を読んでみましょう。この新課程で復活した参考書です。入試物理向きだがわかりやすく、これで講義系は十分と言えるくらい充実しています。ガチガチに詳しくやりたい人には、「物理教室」をおすすめします。詳しく書いてあり、わかりやすくなっています。難易度は高いが徹底的に理解したい人にはおすすめです。物理は堅い科目のイメージがある人も多いと思います。これらのタイトルを見てもわかるように、ソフトなタイトルのものが多いです。それだけ物理は捉え方に苦労している人が多い証拠であります。理解は後からで大丈夫で、実はこうだったんだ!と分かれば良いのです。これらを読んで理解を深めましょう。

問題集と分野別の優先順位

まず、日大レベルの問題集は「物理のエッセンス」、MARCHレベルは「良問の風」をやりましょう。これらの問題集を分野別に、例えば、「物理のエッセンス」の力学をやったら、「良問の風」の力学をという順でやっていきましょう。分野別の優先順位としては力学・電磁気・波動と熱になってます。しかし、新課程で原子が出てくると考えられますが、おそらく選択問題か融合問題でしょう。なので、波動と熱が終わったら原子を一応やると良いと思います。「物理のエッセンス」は小問が多く、解説がシンプルで、最初の時点で問題が解けて理解は何となくでもよい教材です。「良問の風」は理屈まで理解するのは厳しい教材ですが入試問題の形式です。この2冊をセットで使い、分野ごとにつぶしていきましょう。全分野を「物理のエッセンス」だけで固めるよりも力学1分野だけでも「良問の風」までできている方が戦えるのです。両方終わらせるのに、力学が1ヶ月半、電磁気が1ヶ月、熱波動原子で1ヶ月半〜2ヶ月くらいを目安にやりましょう。その後は過去問を地道にやっていくとよいでしょう。

日大レベルを仕上げるには

日大レベルで止めたい場合は「物理のエッセンス」はカットしましょう。そして、日大”入門”レベルから日大”発展”レベルに進みましょう。日大の”発展”レベルは「物理のレベル別問題集2標準編」をオススメします。難易度は大東亜レベルから日大レベルで1ヶ月程度で終わります。また、「漆原の物理 明快開放講座」もプラスでやるとよいでしょう。良問を最低限そろえていて、問題は「良問の風」2/3ほどです。解説はシンプルで叩き込む系の問題集です。併用で同じ先生の講義系参考書「点数が面白いほどとれる本」シリーズをやるのもおすすめです。さらに早慶”発展”レベルの「漆原の物理 最強の88題」までやるというショートカットもあります。「漆原の物理 明快開放講座」は目安で1ヶ月程度、日大発展は2ヶ月程度で終わるのです。すなわち”発展”レベルをやれば”標準”レベルの半分以下のレベルで終わります。

MARCHの場合は

日大”発展”だけだと厳しいのがMARCHです。「良問の風」をやる時間がないけど、ピンポイントで分野補強用にやるのにおすすめなのが「物理 入試の核心」です。やや難しめまでの良問がそろっているので、分野でつぶすのには良いです。「物理のエッセンス」と「良問の風」のセットよりこれを日大”発展”に追加した方が問題数も少ないです。終わらせる目安としては2ヶ月〜2ヶ月半です。「良問の風」の後にやるのもありですし、早慶レベルの「名問の森」の代わりにもなります。

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。