教科別勉強法 数学
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報数学参考書数学のおすすめ参考書|計算力がアップする問題集4冊をご紹介

数学のおすすめ参考書|計算力がアップする問題集4冊をご紹介

基本レベルから標準レベルの計算練習まで!数学の計算問題集4冊

数学の問題集の中でも計算に特化した4冊の教材です。四則演算などのごく基本的な計算から復習できるものや、高校数学の教科書の傍用問題集として入試標準レベルまで計算トレーニングができるものまで幅広くご紹介します。

数学の入試問題を解く際、解法がわかることや式がたてられることも重要ですが、立てた式を実際に解くための計算力がないと得点につながりません。そのため、計算力をアップしておくことが合格への近道となります。

学校の教科書や大学入試向けの問題集では、どちらかというと解法テクニックを学ぶ問題が多く、計算力をアップするようなものは掲載されていません。

そこで、今回ご紹介するような計算に特化した問題集に取り組むことで、他の受験生よりも早く正確に計算する力を身につけることが可能です。

それでは、それぞれの教材について順番に見ていきましょう。今回は、やさしいものから順にご紹介します。

解説がわかりやすく簡単な四則演算から始められる『合格る(うかる)計算』と『計算力トレーニング』の2冊

最初にご紹介する『合格る計算(数学Ⅰ・A・Ⅱ・B)』と『大学入試・センター突破計算力トレーニング上』の2冊は、計算力に自信がない人におすすめの問題集となっています。

どちらの問題集も解説が充実していて、途中の式変形がなぜそうなったのかが分かりやすい教材です。計算の工夫やちょっとしたコツがたくさん載っています。計算が得意な人は、苦手な人とは違った計算方法を選んでいることが多いです。

問題の解き方や定理、公式といった基本事項をマスターする段階ではあまり意識することがありませんが、途中式の変形方法一つで計算量が大幅に減ったりすることもあります。

これらのポイントは言われないと気づけないようなものが多いので、『合格る計算(数学Ⅰ・A・Ⅱ・B)』や『大学入試・センター突破計算力トレーニング上』にのっている計算を簡単にするための工夫を学んで、楽に早く計算する力を養ってください。

なお、2冊は難易度の点で大きく差があります。簡単なのは『大学入試・センター突破計算力トレーニング上』の方で、こちらは小学生レベルの四則演算から順番にステップアップする構成です。

一方の『合格る計算(数学Ⅰ・A・Ⅱ・B)』は、複雑な計算問題が載っています。基本的な正負の計算や分数の計算を間違ってしまう人には『大学入試・センター突破計算力トレーニング上』、基本計算は大丈夫だが基礎を固めていきたいという人には『合格る計算(数学Ⅰ・A・Ⅱ・B)』がおすすめです。

標準レベルの計算問題をまとめて演習したい人におすすめ『カルキュール数学』

次にご紹介する『カルキュール数学Ⅰ・A』は、高校数学で登場する標準レベルの計算問題が多く収録されている教材です。駿台から出版されている計算問題シリーズで、オーソドックスな計算問題集となっています。

構成がシンプルなので取り組みやすいのが特長です。解説についても、省略されすぎない範囲でコンパクトな内容となっています。1日に取り組む問題数を決めて、日々淡々と計算練習をするような使い方がおすすめです。

計算力は、しばらく取り組んでいないと低下してきてしまうので、計算に苦手意識がある人ほど反復練習が大切になります。

カルキュール数学Ⅰ・A』に掲載されている計算問題がスピーディにミスなく解けるようになっておけば、高校数学や大学入試問題で問われる計算にはほぼ対応できるようになるので、繰り返し演習してください。

基礎問題から骨のある問題までバランスよく鍛えられる『4STEP』

最後にご紹介する『4STEP数学Ⅰ+A』は、学校で配られることも多い問題集となっています。

『サクシード』や『クリアー』などの学校の教科書傍用問題集となっています。基礎問題からある程度骨のある演習問題まで幅広く載っているのが特長です。

いろいろな問題が載っているので、忘れがちな分野の計算も定期的に訓練できるちょうどよい問題集ではありますが、先にご紹介したほかの計算問題集と比べると解説が少ないことに注意してください。

計算の解き方のコツが知りたい人は、『合格る計算(数学Ⅰ・A・Ⅱ・B)』や『大学入試・センター突破計算力トレーニング上』の方から順番に取り組んで、仕上げに『4STEP数学Ⅰ+A』に取り組むことをおすすめします。

まとめ

数学の計算問題が練習できる4冊の教材をご紹介しました。簡単な問題から練習したい人には、『合格る計算(数学Ⅰ・A・Ⅱ・B)』や『大学入試・センター突破計算力トレーニング上』などの計算問題集がおすすめです。難易度は『合格る計算(数学Ⅰ・A・Ⅱ・B)』の方が高く、複雑な問題が載っています。

そして、標準レベルの問題が掲載されているのが『カルキュール数学Ⅰ・A』です。こちらは、高校数学で登場する計算問題がまんべんなく載っているシンプルな問題集となっています。基本的な計算には自信があり、問題数をこなしてさらに慣れて行きたいという人にはおすすめです。

最後にご紹介した『4STEP数学Ⅰ+A』は、教科書傍用問題集となっています。高校数学の各分野の計算問題で、ある程度骨のある問題も載っているのが特長です。

ただし、問題数が多い分1問ごとの解説の詳しさや途中計算については省略されがちなことに注意してください。こちらも、基本的な計算の工夫はある程度分かった上で、問題量をこなして計算に慣れて行きたいという人向けの教材となっています。

数学は、解き方がわかるだけでなく、正確に答えを導き出せる計算力が必須になります。計算に苦手意識がある人や、効率の良い計算方法で楽に早く計算したい人は、今回ご紹介した4冊の教材を活用して計算力のトレーニングを積んでいきましょう。

受験相談の問い合わせ
受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。