教科別勉強法 数学

センター試験と一般入試の違い(数学編)

理系科目はセンター試験と一般入試でかなり大きく違うので、しっかり調べていきましょう。

センター試験と一般入試の違い

1.センター試験ではⅠAとⅡBの試験を別科目として行う。
2.センター試験では大問ごとに出る範囲が決まっている。
3.一般入試でしか出ない問題がある(小問集合、融合問題、証明問題など)。
4.一般入試は問題数が少ないので、一問の配点が大きい。
この辺りが大きく違う点です。
センター試験の数学はかなり難易度が高いです。
大学の一般入試と比較すると、MARCHレベルとほぼ変わりません。
さらに問題数も多く、時間制限も厳しいのでしっかり練習を積まないと時間切れになるでしょう。
ただ、理系の場合はⅢをやらなくて済むという点で非常に楽です。
センター利用の場合は代わりに国語が入ることが多いのですが、Ⅲと比べればかなり楽です。
とはいえ、理系の道に進むのであればⅢができないと後々大変な目にあいます。ですのでどの道やることになるでしょうが、数学が苦手な人でも受験で合格できる可能性を持てるという点ではセンター利用入試は大きな助けになる人もいると思います。
センター試験で点数を取りたい人はセンター向けの問題集を必ずやりましょう。
過去問や実戦問題集でかまいません。
センターしか受けない人はルートの通り短期攻略をやるといいです。
一般入試も考える人は基礎問題精講をオススメします。

受験相談の問い合わせ
受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。