参考書詳細・使い方・勉強法 世界史
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ世界史の参考書33選詳説世界史ノート|書き込み形式で世界史知識の定着を図る問題集

詳説世界史ノート|書き込み形式で世界史知識の定着を図る問題集

科目 世界史
出版社 山川出版社
目的 用語知識の定着
対象者 高校2、3年生
難易度 標準〜高め
分量 多い
使用期間 高校2年生の春から
ジャンル 書き込み形式復習教材

・具体的なオススメポイント
書き込み形式で世界史の用語知識の定着を図ることができる

・注意点
目標とする大学入試のレベルに合わせて使用すること

教科書準拠のまとめノート形式問題集

山川出版社の『詳説世界史ノート』は、同じ山川出版社による教科書『詳説世界史 B』に準拠したまとめノート形式の問題集です。教科書と併用して使用することができるため、学校の指定教材として使用している人も多い問題集です。『詳説世界史ノート』は用語を覚えていくことが目的の問題集です。

標準レベルの用語知識を書き込みながらまとめていくことができるノート形式の問題集で、授業で習った知識の確認や定期テスト対策として使用することができます。教科書をノート形式にまとめた『詳説世界史ノート』は、収録された問題量が非常に多いです。授業の復習用・定期テスト対策用教材として、時間をかけてコツコツと問題を解き進めていく使い方がおすすめです。

問題量が非常に多い問題集

『詳説世界史ノート』に収録された問題量はとても多いです。世界史の基本知識から入試に必要となるレベルの語句まで、教科書『詳説世界史 B』に沿って幅広く学習をすることができます。問題量がとても多い分、忍耐力が必要となる問題集ではありますが、定期テスト・入試対策に必要となる世界史の用語知識をまんべんなく学習することができます。

武田塾では主に、同じ山川出版社の『世界史B 高校世界史基本用語問題集 ツインズ・マスター』と『これならわかる!ナビゲーター世界史B シリーズ』を、世界史の基礎知識インプット用として推奨しています。特に、『これならわかる!ナビゲーター世界史B シリーズ』は問題量が多い問題集ですが、『詳説世界史ノート』に収録された問題量はそれ以上のボリュームがあります。

大学入試問題に広く対応ができる問題集

『詳説世界史ノート』に収録された問題の難易度は、標準〜高めです。『詳説世界史ノート』は、教科書『詳説世界史 B』に準拠した教材のため、基本レベルから難関大学入試突破に必要となる難易度の高い語句まで対応しています。

『詳説世界史ノート』はあくまで教科書での学習内容の復習用教材のため、難関私立大学入試で出題されるような細かい用語知識には対応しきれない場合もあります。相当マニアックな問題を出題する私立大学入試対策でない限り、『詳説世界史ノート』で対応できますが、自身が目指す大学入試に対応出来る教材であるかどうかを見極めた上で使用しましょう。

また、『詳説世界史ノート』の準拠となる『詳説世界史 B』は、難関大学入試対策にも使用ができるレベルの高い教科書です。教科書『詳説世界史 B』は、通史の説明が堅い言葉で書かれているため、初めて世界史を学習する人には理解しにくい点があります。そのため、教科書『詳説世界史 B』の理解が難しい人には『詳説世界史ノート』はあまりおすすめできない問題種です。

無機質なレイアウトの問題集

『詳説世界史ノート』の解説の分かりやすさとレイアウトについて紹介します。『詳説世界史ノート』は学校の定期テスト対策用に使うことができる問題集ですが、解説は丁寧ではありません。教科書『詳説世界史 B』を読みながら文章中の空欄を埋めていくことで用語知識の定着を図ることが目的の問題集です。

『詳説世界史ノート』の問題を解き進めていく中でわからない点が出てきた場合には、必ず教科書『詳説世界史 B』に戻って知識の再確認をしましょう。

次に、『詳説世界史ノート』のレイアウトについてです。『詳説世界史ノート』は非常に無機質なデザインの問題集です。『詳説世界史ノート』を開くと、見開き左右端に解答欄がずらっと並んだレイアウトになっています。解答欄には文章中の空欄の答えとなる用語を埋めていきます。

資料としての世界地図や写真の掲載はありますが、イラストやカラフルなページは一切ありません。『詳説世界史ノート』は、シンプルなデザインの教科書『詳説世界史 B』をさらに必要事項のみに絞ってまとめられた問題集です。「地味な問題集はやる気が出ない」という人にはあまりおすすめできない問題集と言えます。

『詳説世界史ノート』は、シンプルなレイアウトである上に問題量も多く、忍耐力が必要となる教材ですが、解き進めていくことで確実に世界史の用語知識を覚えていくことができる問題集です。『詳説世界史ノート』は用語を覚えていくことが目的の問題集です。『詳説世界史ノート』を使って学習を進めていく場合には、世界史の理解を深めるためではなく、知識の定着を図るため、と割り切って使用しましょう。

まとめ

今回は、世界史の用語知識の定着を図ることができる問題集『詳説世界史ノート』について紹介しました。『詳説世界史ノート』は教科書『詳説世界史 B』と併用して使用することで、世界史の流れを確認しながら用語の暗記を進めていくことができます。

定期テスト・センター試験で出題される基本的知識から、難関大学入試に突破に必要な細かい用語知識まで網羅しています。『詳説世界史ノート』はシンプルなデザインと問題量の多さから忍耐力が必要となる問題集ですが、時間をかけて解き進めていくことで確実に世界史の問題を解く力をつけていくことができます。

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。