参考書詳細・使い方・勉強法 世界史
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ世界史の参考書33選入試に出る世界史B一問一答|早慶レベル以上の知識整理にも役立つ1冊

入試に出る世界史B一問一答|早慶レベル以上の知識整理にも役立つ1冊

科目 世界史
出版社 Z会
目的 世界史知識整理
対象者 G世界史を利用する受験生
難易度 早慶レベル
分量 400ページ
使用期間 高三夏休み~11月ごろまで
ジャンル 世界史一問一答問題集

・具体的なオススメポイント

世界史の知識が時代ごと・地域ごとに整理されている

・注意点

ボリュームが多いので早慶レベルの対策をしたい人向け

一問一答形式の演習に加えて知識整理にも活用できる問題集『入試に出る世界史B一問一答』

今回ご紹介する『入試に出る世界史B一問一答』は、一問一答形式で世界史の頻出問題がまとめられた問題集です。世界史の一問一答形式の問題集は数多く出版されていますが、特に『入試に出る世界史B一問一答』は地域ごとのタテの歴史の知識整理に活用できます。

問題のボリュームは2017年に改訂されてから収録単語数も増え、早慶やそれ以上のレベルの国公立の問題にも対応できる分量です。一問一答形式の世界史の問題集選びに迷っている人で、ハイレベルな大学の入試問題にも対応したいという人におすすめの教材となっています。

今回は、そんな『入試に出る世界史B一問一答』について詳しい内容や学習のポイントをまとめました。入試で世界史を選択する方はぜひ参考にしてください。

3つのパートに分かれていて、時代および地域の両方の視点で知識が整理できる

『入試に出る世界史B一問一答』は、単に世界史の一問一答がたくさん載っているだけではありません。教材の中身が3つのパートに分かれた構成になっていて、時代ごとの各国の通史というヨコのつながりと、国ごとの歴史的な流れというタテのつながりがそれぞれ学べるのが特徴です。

第一部は通史に関する一問一答が収録されていて、世界史のヨコのつながりを確認していくことができます。同時に、地図や年表などの情報も記載されているので、効率よく要点が押さえられる構成です。第二部は国ごとのタテの歴史が扱われていて、どの国でどんなことが起きたのかを地域ごとに整理できます。

最後の第三部は、通史の中でも難易度が高い細かい語句に関する一問一答が中心です。これらの問題を一通り解くことで、世界史の重要語句に関する知識整理に役立つだけでなく、タテとヨコの両方の視点から世界史を学ぶことができます。

早慶などの難しい知識問題対策に加えて、国公立の論述対策の補助教材としてもおすすめ

世界史の大学入試問題は、大学によって出題傾向が異なります。傾向としては、私立大学の方が細かい知識を問われることが多く、反対に国公立大学は世界史の重要な知識についての論述問題などが出題されることが多いです。『入試に出る世界史B一問一答』は、その両方に対応できる問題集となっています。

特に、論述形式の問題を解くときには、記述力だけでなく世界史に関する正確な知識も必要です。世界の各地域で起きた出来事の順番や流れ、それらのつながりについて正確に把握できているほど、論述の得点もアップできます。世界史の知識を一通り覚えた後、改めて国ごとや時代ごとに知識を整理していく段階で、『入試に出る世界史B一問一答』を活用するのがおすすめです。

教科書や資料集を使って自分でノートを作っていく方法もありますが、『入試に出る世界史B一問一答』では最初から要点が見やすい形でまとまっているので学習効率が高まります。世界史の細かな知識を整理しておきたい人はぜひ『入試に出る世界史B一問一答』を利用してください。

志望大学の世界史の問題レベルやレイアウトの見やすさなどを踏まえて最適な一問一答を選ぼう

『入試に出る世界史B一問一答』のほかに出版されている世界史の一問一答形式の問題集には、『山川の世界史一問一答』や東進ブックスの『世界史B一問一答』などが有名です。これらはどの教材も世界史の必須事項を一問一答形式で学ぶことができますが、扱われている問題のボリューム数や難易度が異なります。

この中でボリュームが少ないのは『山川の世界史一問一答』で、最も多いのが東進ブックスの『世界史B一問一答』です。『入試に出る世界史B一問一答』はその中間にあたるボリュームとなっています。

世界史をセンター試験で使うだけの理系の受験生などは、あまり細かすぎる知識を覚えても試験に出ないので、簡単な問題集を選ぶのがおすすめです。一方、文系で世界史の難易度の高い大学を受験する人は、『入試に出る世界史B一問一答』などの知識をしっかり押さえておきましょう。

まとめ

“今回は、大学入試で問われる世界史の知識が網羅的に整理できる問題集『入試に出る世界史B一問一答』についてご紹介しました。この教材では、単に一問一答で問題が学べるだけでなく、時代ごとや国ごとに情報が整理されているのが特徴です。私立の難関大学を受ける受験生や、国公立の論述対策のために知識を整理したい人におすすめの内容となっています。

早慶レベルの難しい入試問題が解けるようになりたい人は、ぜひ『入試に出る世界史B一問一答』を使って知識の抜けをできる限り埋めていってください。なお、数ある一問一答の問題集の中でどれを選ぶべきか迷っている人は、自分が志望する大学の世界史の難易度に合わせて適切なボリュームのものを選ぶのがおすすめです。

今回ご紹介した情報を参考に、自分の目指すレベルにあった一問一答の問題集を選びましょう。

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。