参考書詳細・使い方・勉強法 政治経済

センター試験 政治・経済 集中講義

参考書の評価

武田塾の政治・経済のルートでいうと、『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』、『爽快問題集』の後にやる、知識を整理し直すような位置付けの1冊となっております。政治・経済の基礎知識がしっかり拾えるというような参考書です。センター試験と名前が付いていますけど、全受験生におすすめの1冊となっています。

問題量

量も全部で50テーマありまして、それで政治・経済の重要語句もカバーしてくれているような本になっています。

難易度

センター試験やや上のところまでしっかり難易度がカバーされていて、MARCHレベルくらいまでだったら、やさしめの学部とかやさしめの問題になりますけど、十分対応できるような難易度になっております。

解説のわかりやすさ

標準的なわかりやすさです。

レイアウト

センターのツボというところがあり、そこで非常に紛らわしい用語なんかを区別して整理してくれているというような内容になっています。紛らわしいところがすごく見やすく、ビジュアルでわかりやすく整理されていて、ここさえ覚えておけば大丈夫だよ、ここがポイントだよってところが非常に見やすくなっています。

データ

教科

政治・経済

出版社名

旺文社

問題数
1日の量
1週間の量
目標突破日数
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。