参考書詳細・使い方・勉強法 政治経済
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ政治経済の参考書19選畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義|1冊で早慶まで対応できる参考書

畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義|1冊で早慶まで対応できる参考書

科目 政治経済
出版社 栄光
目的 政治経済のポイント理解
対象者 入試で政治経済を利用する受験生
難易度 センターレベル~早慶レベルまで
分量 496ページ
使用期間 高三1学期~12月ごろまで
ジャンル 政治経済参考書

・具体的なオススメポイント
政治経済の重要ポイントが分かりやすく網羅されている
・注意点
赤文字になっている部分の分量が多いため一気に覚えようとせず、繰り返し学習すること

 

入試の基礎から早慶レベルまでの知識が学べる政治経済の参考書

『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』は、大学入試の基礎レベルから早慶などの難関レベルまで幅広い知識が網羅された政治経済の参考書です。

大学入試で政治経済を選択する受験生にとって、軸となるメインの参考書としておすすめできます。改定版が出るたびに最新の入試情報に合わせて内容が追加されていて、解説も詳しくなっていることが特徴です。

予備校の授業をそのまま文字にしたような親しみやすい文体のため、政治経済が苦手な人でも無理なく学習できます。ただし、収録されている情報量が多いことに注意が必要です。繰り返し復習することで徐々に知識を定着させていきましょう。

本記事では『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』のより詳しい内容や学習のポイントをまとめました。政治経済の学習に本格的に取り組みたい受験生はぜひ参考にしてください。

畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義の特徴

『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』では、見開きの左ページに政治経済の頻出事項が板書形式で書かれています。予備校の授業の板書のように、覚えるべきポイントが見やすくレイアウトされていることが本書の特徴です。

単に知識を丸暗記するだけでなく、どのように覚えていけばいいかまで踏まえて、分かりやすく整理されています。各項の上部に良く出題されるポイントが書かれていることから、入試で得点に直結する知識を学ぶことが可能です。

実際に、予備校の授業で配布されたプリントもそのまま再現されています。見開きページの右側の「爽快講義」は、板書の内容を補足説明する内容です。板書の内容だけでは読み取れない細かな知識が詳しく説明されています。

『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』では、センター試験レベルの基礎事項から早慶レベルの難しい内容まで網羅されているため、自分が目指すレベルに合わせて知識を覚えていきましょう。

なお、政治経済の授業を受けたことがない人や、予備知識が全くない人の場合、『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』だけで理解できない部分があるかもしれないので、より基礎的なレベルの講義形式の参考書からスタートしてください。

分量が多いため、一気に覚えようとせずに復習を繰り返そう

大学入試で出題される頻出事項が網羅された『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』は、収録されている情報量が非常に多いです。

赤シートで隠して暗記できる重要語句に絞っても、かなりの分量が掲載されています。そのため、1周目から完璧に暗記しようとせず、何周も繰り返し復習をする中で徐々に知識を増やしていく学習法がおすすめです。

一気に覚えようとしてしまうと、入試本番までに間に合わなくなるリスクがあります。まずは一通りの内容を覚えて、取りこぼした部分を2周目以降に拾っていけば、効率的な暗記が可能です。

入試直前期まで、『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』の内容を10周、20周とできるだけ繰り返し学び、完成度を高めていきましょう。

同じシリーズで出版されている問題集とセットでの学習がおすすめ

『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』には、姉妹編の問題集として『畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集』という教材があります。講義形式の参考書と、そこで覚えた知識を確認する問題集という位置づけになっているため、セットでの学習がおすすめです。

参考書で覚えた知識は、問題を解くことで理解度を確認する必要があります。『畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集』なら、実際の入試問題に近い形式で知識整理ができ、入試本番での得点力を高めることが可能です。

まずは『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』で各単元の知識を覚え、その知識を使って問題が解けるかどうかを『畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集』で確認する、というサイクルで学習を進めましょう。

なお、講義形式の参考書と問題集の両方が一通り終わった後は、志望大学の過去問演習にも取り組むことがおすすめです。過去問を繰り返し解くことで、出題傾向や時間配分に慣れることができます。

まとめ:畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義の特徴

政治経済の頻出事項が網羅されている参考書『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』について、詳しい内容や学習のポイントを紹介しました。

『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』では、大学入試の基礎レベルから、早慶などの難関大学レベルまで、幅広い知識を学ぶことが可能です。予備校の授業を文字にしたような分かりやすい文体が特徴となっています。そして、見開きページで板書と解説が載っている学習しやすいレイアウトもおすすめできるポイントです。

大学入試で政治経済を選択する受験生は、『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』をメインの参考書として繰り返し学習していきましょう。なお、『畠山のスパッとわかる政治・経済爽快講義』で学んだ知識は、姉妹編の教材『畠山のスパッととける政治・経済爽快問題集』で理解度を確認してください。

政治経済の参考書選びに迷ったら!

banner「政治・経済、どう勉強したらいいんだろ・・・」

「このやり方で結果、出せるのかな・・・」

少しでも悩んだ受験生は、ぜひ武田塾の無料受験相談へ。

合格のために必要な勉強量、勉強法を、全て無料でお教えしています。

相談だけで入塾しなくても、本当にOK!

政治・経済やその他の教科の勉強法で悩んでいる受験生は、ぜひ一度お近くの武田塾に相談にきてください!

 

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。