参考書詳細・使い方・勉強法 数学
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ数学の参考書81選【気になる一冊をまとめて紹介!!】数学精講シリーズ/分野別標準問題精講

【気になる一冊をまとめて紹介!!】数学精講シリーズ/分野別標準問題精講

『数学 分野別標準問題精講』の基本情報

著者:亀田隆(軌跡・領域)・森谷慎司(場合の数・確率)・大山壇(整数)・大内重樹(二次曲線・複素数平面)・永曽仙夫(ベクトル)・木村光一(微分方程式・複素整数)

出版社:旺文社

ざっくり言うと:特定の分野を対策できる問題集。精講シリーズの標準レベルだが、基礎、上級レベルも含まれる。

『数学 分野別標準問題精講』の概要

『数学 分野別標準問題精講』は旺文社の精講シリーズの1つです。現在「軌跡・領域」、「場合の数・確率」、「整数」、「二次曲線・複素数平面」、「ベクトル」、「微分方程式・複素整数」の6冊が発売されています。こちらはすべての分野ではありませんが、特定の分野に特化した”分野別”標準問題精講です。

標準問題精講ではありますが、章ごとに難易度が異なる作りです。

特定の分野に特化しているので、他の数学精講シリーズよりその分野の問題が詳しく学習できます。

『数学 分野別標準問題精講』の難易度と使い方

『数学 分野別標準問題精講』は標準問題精講ですが、章ごとに問題の難易度が違います。第1章は基礎問題精講のレベルからスタートして、第2章、3章あたりから標準問題精講のレベル、第4章は上級問題精講のレベルになっています。ですので、特定の分野が弱い、またはその分野の演習量をこなして行きたい人向けの問題集です。基本的には『基礎問題精講』を終わらせた後、『標準問題精講』をやって、それからこの『分野別標準問題精講』に入るのが良いと思いますが、どうしても時間がない人は『基礎問題精講』を終わらせた後『分野別標準問題精講』の特定の分野だけを過去問と並行しながらやっていくのもアリだと思います。

苦手な人であれば、第1章、2章の『基礎問題精講』レベルの問題を解くだけでも最低限の力は十分につくと思います。

また分野別なので、演習量が多くとれて苦手分野も網羅できるので、見たことない問題が怖いと思っている方にもおすすめです。

『標準問題精講』を終わらせてから使うか、『標準問題精講』の代わりに特定の分野だけ強化するのに使うか、自分の目的に合わせて使ってください。

『数学 分野別標準問題精講』のおすすめ&注意点まとめ

おすすめ

・特定の分野だけの演習ができる。

・1冊にその分野だけなので網羅性が高い。

・難易度の幅もあるので集中的に鍛えられる。

注意

・難易度は基礎問題精講から上級問題精講まで含まれる。

・難易度は標準だけではないので人によっては使わない章がある。

数学の参考書どれを使うか迷っている受験生は!

banner「数学どうやって勉強したらいいかわからない・・・」

「全然成績上がらない・・・」

そんな受験生はぜひ武田塾の無料受験相談を活用してみてください!

必要な勉強量、勉強法をすべて無料でお教えしています。

相談だけで入塾しなくてもOK!

数学やその他の科目の勉強に悩んでいる受験生はぜひ一度お近くの武田塾にご相談ください。

一緒に合格に向けて頑張りましょう!

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトは大学受験予備校 武田塾が運営する、志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を発信するサイトです。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。