参考書詳細・使い方・勉強法 数学
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ数学の参考書81選【気になる一冊をまとめて紹介!!】数学精講シリーズ/入門問題精講

【気になる一冊をまとめて紹介!!】数学精講シリーズ/入門問題精講

『数学 入門問題精講』の基本情報

著者:池田洋介

出版社:旺文社

ざっくり言うと:数学の入門問題集。苦手な人でも取り組みやすい難易度の問題で解説も丁寧。ただしあくまでも”入門書”。

『数学 入門問題精講』の概要

『数学 入門問題精講』は旺文社から発売されている問題集です。現時点では『数学I・A 入門問題精講』、『数学II・B 入門問題精講』が発売されています。『数学Ⅲ 入門問題精講』は2021年3月19日発売予定です。

他に基礎問題精講、標準問題精講、上級問題精講、分野別標準問題精講があります。

問題集ではありますが、各章のはじめに学習する単元の考え方、公式などが詳しく解説されています。

『数学 入門問題精講』の難易度と使い方

『数学 入門問題精講』は数学初学者、またはもう一度復習したいという人に向けて書かれています。

教科書や学校の授業でもついていけないという人や、初学者でも先取りして学びたい人におすすめです。

基本的には次のレベルの『基礎問題精講』とセットで学習することを前提に考えてください。『基礎問題精講』をメインに使って、わからない箇所を『入門問題精講』を使って理解するという使い方が良いと思います。完全な初学者は『入門問題精講』をすべて通してやるのも良いです。学校の授業を受けたことがある場合は『基礎問題精講』の問題を見てみて、わからない範囲だけ『入門問題精講』を使うのもアリです。

問題の難易度としては、『基礎問題精講』の中でも簡単な問題を『入門問題精講』でも扱っています。注意点としては『入門問題精講』では基礎の全範囲をカバーできているわけではないということです。基礎を固めるためには『基礎問題精講』を合わせて使ってください。『入門問題精講』は”基礎”ではなくあくまで”入門”です。

『数学 入門問題精講』のおすすめ&注意ポイントまとめ

おすすめ

・導入からていねいに解説されていて挫折しにくい。

・初学者でも挑戦しやすい難易度。

注意

・解説が多く問題数は少なめ。

・演習量がたくさん欲しい人には向かない。

・あくまでも”入門”。基礎をすべてカバーしているわけではない。

非常に使いやすい参考書なので、「数学が苦手」、「この分野だけどうしてもわからない」という人はぜひ使ってみてください。

数学の参考書、どれを使ったらいいか迷っている受験生は!

banner「数学何から手をつけていいかわからない・・・」

「時間をかけてもなかなか成績上がらない・・・」

そんな受験生はぜひ一度武田塾の無料受験相談へお越しください。

合格に必要な勉強量、勉強法を、すべて無料でお教えしています。

相談だけで入塾しなくても、大丈夫なんです!

数学や他の教科の勉強方に悩んでいる受験生はお近くの武田塾に相談に来てください。

1秒でも早く合格に向けて動き出しましょう!

 

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。