参考書詳細・使い方・勉強法

数学

[改訂版]理系数学 入試の核心 標準編

参考書の評価

入試問題をしっかりやっていきたいという方にお薦めの一冊となっています。MARCHや国公立を目指している方の理系数学の最終仕上げに使って欲しい参考書です。星1から星3まで難易度が分かれていますが、星1が基本で星3が難易度高めとなっているので注意してください。

問題量

ⅠA、ⅡB、Ⅲ合わせて150題となっているので、数学の参考書の中では量は少なめです。

難易度

国公立や、MARCHの実際の入試問題であれば十分対応できるくらいの難易度になっています。

解説のわかりやすさ

解き方や説明がすごくまとまっているので、式変形がわかりづらい部分もありますが、他の参考書と比較すれば、わかりやすい参考書です。

レイアウト

一つ一つの問題に対してこの問題の解き方、考え方が載っていたり、「核心はここだ」というところで解答のプロセスが説明されていたりと、非常にわかりやすいレイアウトになっています。

参考書の使用方法詳細

使い方

第二段階のレベルの問題を大問形式で解くための参考書。問題を一通り解いて、できなかった問題の解説を読んで解き直しをする。全ての問題を記述で解けるようにする。ただ答えを覚えるだけの意味の無い学習にならないよう、「なぜそうなるのか」をしっかり理解する。アウトプット用の参考書なので、必ず一度は自力で解けるようにする。

テスト方法

解いてきた問題からランダムで出題。記述で解答できるようにしてください。

データ

教科

数学

出版社名

Z会

問題数 150題
1日の量 5題
1週間の量 20題
目標突破日数 45日

関連記事

4STEP シリーズ

参考書の評価 ある程度問題の型を身に付けた人が演習用として使う参考書、問題集です。問題量をたくさんこなしたい、演習をたくさん積みたいと言う方にお薦めです。 問題量 星を8個つけたいくらい問題量が非常に多いです。 難易度 … 続きを読む

やさしい数学ノート シリーズ

参考書の評価 数学がとても苦手な人の救世主となるような参考書です。理屈を理解するのは難しいという受験生は、この参考書でまず公式を覚えるところから始めるだけでも、数学の点数が変わってくるでしょう。 問題量 問題量は多くない … 続きを読む

数学 標準問題精講シリーズ

参考書の評価 早慶、旧帝大などの難関大学を目指す人に使ってほしい参考書です。この標準問題精講シリーズを1冊行えば大抵の大学は対応できるようになります。さらに、点数を稼ぎたい人はこの参考書の後にプラチカなど難しめの参考書を … 続きを読む
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。