参考書詳細・使い方・勉強法 国語
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ国語の参考書82選《国語》大学共通テストの現代文対策・おすすめ参考書ランキング!【センター試験と徹底比較!】

《国語》大学共通テストの現代文対策・おすすめ参考書ランキング!【センター試験と徹底比較!】

CJ-1

大学共通テストの現代文、センター試験との違いは?

CJ-1
大学共通テストの現代文は、センター試験と比べてどのように変化するのでしょうか?

当初話題となった「記述式」問題の導入は見送られましたが、現代文は今回の共通テストへの移行に伴う変化がもっとも大きい科目です。

大学共通テストの現代文対策のポイント、センター試験との比較、おすすめの参考書について、武田塾チャンネルの動画を元にご紹介します。

大学共通テストの現代文・センター試験からの変更点 その1「配点と試験時間」

CJ-2
共通テストの現代文は、センター試験と比べて変更はありません。

試験時間は80分、200点満点で、解答方式は全て「マーク式」となっています。

波紋を呼んだ「記述式」問題の導入は今回見送られることとなりました。

試験時間 80分
配点 200点満点
解答方法 マーク式

大学共通テストの現代文・センター試験からの変更点 その2「大問構成とジャンル」

CJ-3
大学共通テストの試行調査においては、現代文の大問数が「5題」となっていました。

センター試験の現代文は4問構成なので、これが本番まで踏襲されるかはわかりませんが、大きな変化です。

また、出題される文章のジャンルもセンター試験から変更があります。

これまで、センター試験では評論・小説・古文・漢文がそれぞれ出題されていましたが、

共通テスト試行問題の現代文においては、論理的な文章・実用的な文章・詩とエッセイ・古文・漢文の5種類の文章が出題されています。

センター試験の大問構成

第1問 評論
第2問 小説
第3問 古文
第4問 漢文

【New!】大学共通テスト試行問題の大問構成

第1問 論理的な文章
第2問 実用的な文章
第3問 詩とエッセイ
第4問 古文
第5問 漢文

図表を含む「実用的(日常的)な文章」が出題されたり、詩を元に対話形式の問題が出題されたりしているのが印象的です。

また、今回小説は出題されていませんでした。

しかし、これは今後共通テストの現代文に小説が出題されないということではなく、

ジャンルにとらわれず様々な文章が出題される可能性があると考えた方がいいでしょう。

大学共通テストの現代文・センター試験からの変更点 その3「出題内容」

CJ-4

大学共通テストの現代文においては、本文内容を解説する問題の割合が減っています。

これまで通り本文を正確に読み取る能力は必要ですが、それが直接訊かれるというより、

読み取った内容をもとに、表現の意図や表現のあり方を説明する問題が増加しています。

また、本文と図表を比較したり、異なる立場をそれぞれ説明するような問題など、対比的な考え方をさせる問題も増える見込みです。

問題の形式についても、センター試験の現代文のように固定的な読解問題が出題されるのではなく、幅広い出題形式が想定されます。

これまで以上に共通テストの現代文の「予想問題」や「過去問題集」への取り組みが重要になります。

大学共通テストの現代文・センター試験からの変更点 その4「文章の長さと解答時間」

CJ-5
大学共通テストの現代文では、文章自体はセンター試験よりも短くなっています。

ただし、本文を読み取るだけでなく、様々な意見を吟味したり、図表を読み取るなど、解答のための思考時間は長くなります。

結論を言うと、大学共通テストの現代文の解答時間は、センター試験よりも長くかかると考えられます。

2020年度のセンター試験本番の問題や、予想問題や参考書などを使ってしっかりと対策していないと、解き終わらないことになってしまうでしょう。

大学共通テストの現代文対策におすすめの参考書ランキング!

ranking
動画内で説明されていた大学共通テストの現代文とセンター現代文との違いをもとに、おすすめの参考書をご紹介します。

まだまだ予想問題が少ない中ですが、共通テストの方向性を予想し、演習を重ねておきましょう。

共通テスト現代文対策の参考書 第10位『出口汪 現代文講義の実況中継①~③』(語学春秋社)

まずご紹介する『出口汪 現代文講義の実況中継①~③』は、現代文が超苦手な人向けです。

スポーツに例えるならば、基礎となるフォーム固めの段階に値するでしょう。

その為、何度も何度も繰り返して解くことが推奨される参考書です。

論理的に説明されているのが特徴で、この参考書に書かれている文章の読み解き方に従えば高得点が取れるようになります。

全3冊となっており、共通テスト対策には3巻までやることをおすすめします。

・第1巻は小説や随筆の読解法

・第2巻は評論問題の読解法、マーク式問題の読解法、

・第3巻は記述式問題の読解法、私大型記述問題の読解法

…とはいえ、全部解くにはかなりの時間がかかってしまうので、効率よく必要な部分を絞りながらやっていくと良いでしょう。

別冊になっている問題文を読むとき、そして問題を解く際に、なぜその答えを選ぶのかというプロセスを頭の中で浮かべることができるように、解説文を読み込むと力が付くのでおススメです!

共通テスト現代文対策の参考書 第9位『現代文ゴロゴ解法公式集』(スタディカンパニー)

 

ゴロゴといえば、「ゴロで覚える古文単語」の方が有名かと思いがちですが、こちらの『現代文ゴロゴ解法公式集』も素晴らしい内容となっています。

この参考書は問題の解法公式集となっており、共通テスト対策に必要な読解力を鍛えることができます。

この参考書で読解力をつけることによって、得点力を上げることが期待できます。「何から始めたらいいかわからない…」という人に良い参考書です。

他の参考書と比べると、小さめで持ち運びしやすいのも良い点です。

センター試験と同じく、共通テストの国語も「時間との戦い」です。

それぞれの大問を分析して導き出した「解法」を知っておくことで、時間短縮が期待できます。

特に共通テストの現代文において「時間」が不安な受験生におすすめの参考書です。

 

共通テスト現代文対策の参考書 第8位『現代文読解の基礎講義 (駿台受験シリーズ)』(駿台文庫)

この参考書は、「基礎だけど簡単ではない」参考書です。

高いレベルの読解力を身につけたい人に、強くおすすめします。

文章に対する客観的な読解法の修得や、設問に対する論理的な解答法などを鍛えることができます。

参考書の中では、基礎講義→例題という流れで構成されていて、知識を付けて演習できるのが良いポイントです。

解説では基礎講義の内容は割愛されているので、必ず基礎講義を読んでその章のテーマをマスターしてから問題に臨んでください。

問題の量も多く、解説もよくまとまっているので、

・「何となくフィーリングで解いている」

・「現代文の解き方が曖昧だ」

という方におすすめの参考書です。

共通テスト現代文対策の参考書 第7位『大学入試問題集 柳生好之の現代文ポラリス』(KADOKAWA )

この参考書を手掛けたのは、スタディサプリの講義で大人気の柳生義之先生

柳生先生のこだわりがギュッと詰まった参考書になっており、現代文を読み解くための構文解釈に力を入れて解説が作られています。

文章の内容に関しては、ジャンル分けされた様々なテーマが取り上げられています。

そのため、幅広い分野に関して知識も同時につけることが可能となり、共通テスト対策に非常に役立つ参考書となっています。

共通テスト現代文対策の参考書 第6位『大学入学共通テスト 現代文 実戦対策問題集 新版』(旺文社)

こちらの参考書は、2020年4月に出版されており、大学入学共通テストの傾向分析対策の解説がされています。

そして、その分析をもとに作られた「予想問題」で演習することによって、共通テスト対策ができる問題集となっています。

構成は、〈論理的文章編〉5題、〈文学的文章編〉5題計10題が収録されています。

そのため、入試傾向予想に基づきながら実践演習に使える参考書となっています。

特設ページでは、〈論理的文章編〉と〈文学的文章編〉の「特徴と解法」が分析されています。

別冊解説では、「設問のねらい」欄で共通テストならではのポイントの解説、

「解法のポイント」欄で現代文の基本的な解き方が書かれています。

入試現代文の基本的な解法から、共通テスト対策となる出題傾向に合わせた問題を実践できる、網羅的に共通テスト対策を始める際におすすめな1冊です。

共通テスト現代文対策の参考書 第5位 『ことばはちからダ』(河合塾)


『ことばはちからダ』は、入試現代文を読み解く上で欠かせない単語を収録した参考書です。

現代文とはいいながら、日常では使用しない難しい語句や、意味を取りにくい言葉たくさん出てくるのが厄介です。

現代文の問題においては、登場する単語の意味を知っている・見覚えがあると読解が有利になります。

『ことばはちからダ』では関連語もあわせて紹介されているので、現代文に苦手意識がある人や、そもそも文章の意味が取れないという受験生はここから始めましょう。

入試現代文においてポイントとなる「近代」や「近代に対する批判」に関するテーマへの対策としても有効です。

共通テストの現代文キーワード対策として、「最低限これはやっておきたい」一冊です。

共通テスト現代文対策の参考書 第4位 『現代文キーワード読解』(Z会)


もう一冊、現代文の語彙・単語を学習するための参考書をご紹介します。

Z会の現代文キーワード読解は、『ことばはちからダ』よりも一段階難解な用語を解説しています。

出てくる単語が難しく感じる場合は、『ことばはちからダ』から学習を始めてください。

特定の分野で全然意味がわからなくなる、など、得点にバラツキがある場合は、単語力(語彙力)が足りていない可能性もあります。

大学共通テスト対策においても、単語学習を疎かにせず、一つ一つの語彙を正確に習得していきましょう。

『ことばはちからダ』にも共通して言えることですが、現代文のキーワードは、語句の意味だけでなく、

・対義語

・使用されるシチュエーション

・類似のキーワード

をセットで学習することによって理解を深めていきましょう。

共通テストの現代文で高得点を狙いたい、難関私大を受験したい人におすすめの参考書です。

共通テスト現代文対策の参考書 第3位 『田村のやさしく語る現代文』(代々木ライブラリー)


『田村のやさしく語る現代文』は、現代文の解き方がイチから丁寧に解説されている参考書です。

現代文の単語集と併用して学習することで、現代文が苦手な人でも基礎力をつけていくことができます。

大学共通テストの予想問題やセンター試験の過去問に挫折してしまう人は、この参考書から読解演習を始めてみてください。

第一部が解き方の解説、第二部が問題演習という構成になっているため、苦手な人でも演習に入りやすいと思います。

また、収録されている問題数も少ないため、挫折せずに学習を続けることができる、というのも、大きなポイントです。

共通テスト現代文対策の参考書 第2位 『2021共通テスト総合問題集 国語』(河合塾)


河合塾の国語の試行調査と、予想問題が収録されている問題集です。

ある程度の語彙力と基礎的な読解力がついてきたら、あとはひたすら演習と解説の読解を繰り返してください。

これまでのセンター試験とは出題傾向が異なることもあり、なるべく多くの予想問題を解いておきたいところです。

『2021共通テスト総合問題集 国語』で分からない単語が出てきた場合には、現代文の単語帳や辞書で意味を確認するようにしましょう。

問題数・難易度・解説の詳しさ全てのバランスがよく、共通テストの現代文対策として必ず解いておきたい問題集です。

共通テスト現代文対策の参考書 第1位 『ハイスコア!共通テスト攻略 国語 現代文 改訂版』(Z会)


Z会の共通テスト予想問題を収録した問題集です。

試行調査の現代文の出題傾向をもとに、論理的な文章と文学的な文章をバランスよく演習できる問題集となっています。

出題が予想される資料問題についても収録されており、共通テスト本番を想定した対策を行うことができます。

ある程度の基礎力が身についたら、河合塾の総合問題集とあわせて解いておきたい問題集です。

特徴としては、

共通テストから導入が予想される資料問題の例題&解法が掲載されている

現代文の解放を「3つの戦略」という独自の視点で解説している

点です。

共通テストの現代文対策の総仕上げとして取り組みたい問題集の一つです。

まとめ 〜大学共通テストの現代文対策に悩んだら〜

新たに始まる大学共通テストの現代文対策は、センター試験と大きく変わることもあり、不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

何から始めていいかわからない、この勉強法で合っているのか自信がない、という受験生は、ぜひお気軽にお近くの武田塾に受験相談にきてください。

武田塾の受験相談は無料で、合格に必要な全てをお伝えします。

聞くだけ聞いて入塾しなくても全然OK。受験相談だけで合格した先輩(?)も多数います(笑)

正しい勉強法で大学共通テストの現代文を突破してくれる受験生が、1人でも増えたら嬉しいです!

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。