参考書詳細・使い方・勉強法 国語
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ国語の参考書82選きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版|センター古文の解き方が詳しくわかる参考書

きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版|センター古文の解き方が詳しくわかる参考書

科目 国語
出版社 学研教育出版
目的 センター古文問題演習
対象者 共通テスト受験者
難易度 共通テストレベル
分量 319ページ
使用期間 高三10月~12月ごろ
ジャンル 共通テスト古文参考書

・オススメポイント
 全訳や解説だけでなく解き方のプロセスが詳しく解説されている
・注意点
 この教材が終わった後はセンターの過去問にも取り組むこと

センター古文対策が詳しく学べる『きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版』

今回ご紹介する『きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版』は、共通テストで出題される古文の問題に特化した問題集です。共通テストの古文の問題は比較的難しく、解き方にはテクニックが必要となります。

『きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版』では、センター古文の出題傾向の解説や古文の全訳、問題の解答解説に加えて、共通テストの古文をどのような戦略で解いていけばよいのかというプロセスが解説されているのが特徴です。そのため、古文でなかなか点数が取れずに困っている人や、共通テストの過去問を解いても思うような点が取れなかったという人におすすめします。

古文は覚える知識や解き方のテクニックによって点数が大きく左右される科目ですので、『きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版』で解説されているセンター古文の攻略法をぜひ身に付けていってください。それでは、詳しい特徴や学習方法のポイントについて解説します。

共通テストの古文対策は古文の単語や文法を仕上げた後に取り組もう

共通テストの古文の問題を解くためには、入試で出題される最低限の古文単語の知識や、助詞や助動詞の見分け方といった基本的な文法事項が仕上がっている必要があります。古文の文章を、文法知識を使って正確に現代語訳できる力がないと、問題を解くのが難しいからです。そのため、まだ古文単語を覚えきっていないという人や、基本的な文法の読み解き方がわかっていないという人は、先に基本的な参考書を1冊仕上げてから共通テストの過去問演習に取り組んでください。

単語や文法の知識が分かっていない段階で過去問だけ解いても、本文や選択肢で注意すべきポイントや問題の解き方が分からず、学習効率が悪くなってしまいます。必ず、単語や文法の基本知識を身に付けてから取り組むようにしましょう。

共通テストの過去問には解き方のテクニックがある

古文の単語や古典文法の知識が一通り身についていたとしても、共通テストの古文を初見で解くのは難しいです。共通テストの古文は、センター特有の考え方のプロセスや解き方が存在します。

共通テストの問題はすべてがマーク式で、問題文には必ず選択肢が記号で与えられる形式です。実は、共通テストで出題される本文の内容を細かく読まなくても、出題される選択肢の中から絶対に間違っている消去して正解を絞り込むテクニックなどがあります。また、選択肢に書かれている内容をヒントにしながら本文を読み解くことも可能です。

さらに、共通テストの古文の問題は毎年同じような設問構成で出されていることから、解き方の対策をしておくと時間に余裕をもってスピーディーに解くことができるようになります。『きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版』では、それらの共通テストに特化した問題の解き方や選択肢の絞り込み方まで含めて解説されているのが特徴です。

共通テストの解き方をきちんと勉強したい人は、この教材に書かれている解法テクニックを習得するようにしましょう。

省略された主語の推測や曖昧な選択肢の絞り込みなどは過去問で練習しよう

『きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版』では、実際の共通テストの過去問を題材に解き方のテクニックが詳しく紹介されています。しかし、共通テストの古文の過去問が数多く載っているわけではありません。そのため、共通テストの解き方が一通り理解出来たら、その知識がしっかり使えるかどうか過去問を使って確認するのがおすすめです。

特に、共通テストの内容一致問題では、あっているかどうか自信が持てないような曖昧な出題もあります。こうした問題にもきちんと対応できるようにするには、不正解の選択肢の中にある明確に間違っている内容を探し出す練習が必要です。また、共通テストに限らず古文の文章は主語が省略されていることも多いため、誰が何の動作をしているかを正確に読み取るテクニックが点数を大きく左右します。

『きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版』でセンター古文の解き方の方針を理解したら、あとはその知識を使って過去問を数多く練習するのがおすすめです。過去問を繰り返し解くことで、時間配分や問題を解くペース、順番なども訓練しておくようにしましょう。

まとめ

今回は、『きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版』というセンター古文対策ができる教材をご紹介しました。共通テストの古文を解くためには、入試で必要な古文単語の知識や文法知識が分かっている必要があります。さらに、選択肢をヒントにして正解を導き出すといったテクニックも必要です。

『きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版』では、そうしたセンター古文特有の問題の解き方が習得できる内容となっています。古文の基礎知識を一通り身に付けた後、センター古文対策で過去問演習をする前に役立つ一冊です。また、共通テストの解き方が分かったら、実際のセンター古文の過去問をたくさん解くことをおすすめします。過去問をできるだけ遡って解いていくことで、今までに出題されてきた問題のパターンを見分けることが可能です。

ぜひ、『きめる!センター古文・漢文 新旧両課程対応版』と過去問を使って、センター古文で高得点を目指してください。

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトは大学受験予備校 武田塾が運営する、志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を発信するサイトです。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。