参考書詳細・使い方・勉強法 国語
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ国語の参考書82選こわくない国語古文・漢文|マンガと文章の2部構成で学べるやさしい参考書

こわくない国語古文・漢文|マンガと文章の2部構成で学べるやさしい参考書

科目 古文・漢文
出版社 くもん出版
目的 古文・漢文の入門
対象者 古文・漢文が苦手な人
難易度 高校入試~基礎レベル
分量 143ページ
使用期間 高一~高三1学期ごろまで
ジャンル 古文・漢文参考書

・具体的なオススメポイント
古文が文章題とマンガの両方で書かれているため、どこが理解できていないのか分かりやすい

・注意点
基礎中の基礎レベルの参考書のため、追加で大学入試向けの参考書にも取り組むこと

古文・漢文が苦手な人におすすめ!本文の内容がマンガでも学べる参考書

『こわくない国語 古文・漢文』は入試形式の問題とマンガによる解説の2部構成で学べる分かりやすい参考書です。高校入試向けの参考書として出版されていますが、大学入試のための勉強の入門にも役立ちます。特に、古文や漢文の点数が伸びずに悩んでいる高校生や、勉強方法が分からず国語が苦手な受験生におすすめです。

実は、古文や漢文の問題を解くためには、本文の全訳が完璧に分かる必要がありません。国公立の難関校などを除けば、本文に書かれている内容の要点を把握するだけで十分に点が取れます。ただし、古文の文章では本文で省略されている情報が多いため、抜けている部分を補って読み取るテクニックが必要です。

本文では分かりにくい情報も、マンガの形式で読めば分かりやすくとらえることができます。国語に苦手意識がある人は、まずはマンガを活用して古文・漢文学習の最初の一歩を踏み出しましょう。今回は、『こわくない国語 古文・漢文』の詳しい特徴や学習のポイントを解説します。

実践編を解いた後、入門編のマンガで内容を確認できるから分かりやすい

『こわくない国語 古文・漢文』は、入門編と実践編の2部構成の参考書です。入門編にはマンガが描かれていますが、マンガを読む前に後半の実践編の問題に自力で取り組んでみてください。まず本文の内容に目を通し、登場人物や出来事を把握できるかどうか試しましょう。その後、マンガを読んで理解度をチェックします。

本文を読んでイメージした内容と、マンガで描かれている正しい内容を比較して、間違っている部分があるかどうか確認してください。もし、本文を読み間違えてしまっている部分があれば、具体的にどの部分が読めないことで内容理解に支障があったのかを確認しましょう。

ポイントとなる部分が掴めれば、細部まで全訳ができていなくても問題を解くことが可能です。全文を逐一訳すのではなく、抜けている情報を埋めるような意識で解くようにしてください。古文、漢文ともに、まずは本文を自力で読み解き、その後マンガと照らし合わせて理解度をチェックする学習法をおすすめします。

各問題のテーマや古文・漢文の基礎知識が解説されている

『こわくない国語 古文・漢文』の長所はマンガによる解説だけではありません。マンガ以外の部分にもイラストが多用されていて、分かりやすいレイアウトとなっています。入門編と実践編の対応ページが分かりやすい点や、古文・漢文や和歌の基礎知識の解説が書かれている点も特徴です。

扱われている問題は入試に出題されやすいものばかりで、「醒酔笑」「伊曾保物語」「おくのほそ道」「枕草子」「徒然草」など重要な作品から35編が収録されています。また、各問題は重要なポイントが「出る問ポイント」としてまとめられていて、歴史的仮名遣いや指示語の把握、係り結びの法則などの要点を確認可能です。

古文や漢文に出てくる古い道具や装飾品などは欄外に解説があり、挿絵も付いています。解説の文章は、読者に語りかけるような親しみやすい文体のため、国語に苦手意識がある人におすすめです。

大学入試対策にはより高度な参考書も追加で学習しよう

古文や漢文の文章を分かりやすく学べる『こわくない国語 古文・漢文』ですが、この参考書だけで大学入試を乗り切るのは難しいです。『こわくない国語 古文・漢文』で苦手意識を克服した後は、より高度な参考書も追加で学習しましょう。古文は古文単語と古典文法、漢文は基本的な句形と再読文字などの漢字を覚えた上で読解に取り組めば、確実に点数が伸びます。

古文の参考書としては『ステップアップノート30古典文法基礎ドリル』や『マドンナ古文』、『古文単語315』などがおすすめです。漢文の場合は、『漢文早覚え速答法』などの参考書をおすすめします。単語や文法に関する知識を暗記した後、文章読解の方法を学び、過去問演習へとステップアップしていきましょう。

自分の国語の実力や志望大学の国語の難易度に合わせて、適切な参考書を選んで学習してください。

まとめ

古文と漢文の本文の内容がマンガで解説されている参考書『こわくない国語 古文・漢文』について、特徴や学習のポイントを解説しました。高校入試の参考書でありながら、大学入試対策の入門書としてもおすすめできる内容です。

まずは、実践編の本文を自力で読み解いてみた後、マンガで描かれたストーリーを読んでみてください。もし、内容を読み間違えてしまっていた部分があれば、どこが原因で間違えてしまったかを確認しましょう。古文の本文で省略されてしまっている情報も、マンガの解説なら分かりやすく把握できます。

なお、古文・漢文で書かれた情報を読み取るイメージがつかめたら、『こわくない国語 古文・漢文』以外の大学入試向けの参考書にも取り組むことが大切です。古文単語や漢文の句形、読解の参考書を学び、志望大学の入試対策を進めていきましょう。

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。