参考書詳細・使い方・勉強法 国語
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ国語の参考書82選古文文法ゴロゴ|入試に出やすい古典文法が学べる問題集

古文文法ゴロゴ|入試に出やすい古典文法が学べる問題集

科目 国語
出版社 スタディカンパニー
目的 古文文法理解
対象者 入試で古文を利用する人
難易度 入試標準レベル
分量 118ページ
使用期間 高三夏休みいっぱいごろまで
ジャンル 古文文法参考書

・具体的なオススメポイント
 入試に出やすい古典文法の問題が出る順に並んでいる
・注意点
 古典文法の解説が簡潔なため、初めて学習する人には向いていない

入試に出やすい古典文法を出題頻度順にまとめた問題集『古文文法ゴロゴ』

今回ご紹介する『古文文法ゴロゴ』は、入試に出やすい古典文法を出る順にまとめた古文の問題集です。

古文の単語集として有名な『古文単語ゴロゴ』の姉妹シリーズで、同じ出版社から出ています。古典文法に関する知識をゴロで覚えるという画期的なコンセプトになっていますが、古文の文法知識の解説が簡潔なためこの1冊だけで古文を学習するのは難しいです。

量や難易度は標準レベルで、有名私大レベルまでの古文に対応できます。古文の学習は、古文単語を覚えることと古典文法を理解することの両方が大切です。実際の入試では古文の文章が出てきた上で設問が用意されているため、古文の単語の意味を知っているだけでは解き方が分かりません。そのため、『古文文法ゴロゴ』のように入試で頻出の古文の文法知識をしっかりインプットしていくことが大切になります。

今回は、そんな『古文文法ゴロゴ』の詳しい内容や学習方法のポイントについてまとめました。入試の古文対策を進めていきたい人はぜひ参考にしてください。

問題量や難易度は標準的で、右側が文法解説、左側が問題という構成

『古文文法ゴロゴ』は古文の参考書の中でも問題集と教科書の中間のような内容構成になっているのが特長です。右側が古典文法の解説、左側にその内容について扱った問題が載っています。右側の文法内容を把握してから左側の問題を解くという学習法で知識を強化していくのが基本的な使い方です。

あるいは、すでにある程度古典文法の知識がある人であれば最初に左側の問題を解き、分からない部分は右側の解説を読んで文法知識を覚えるという使い方もできます。姉妹テキストの『古文単語ゴロゴ』ほどイラストや語呂が豊富なわけではなく、あくまでも語呂で覚えられる内容は一部です。もし、自分の中で覚えにくい文法事項がある場合には、『古文文法ゴロゴ』を使って語呂で覚える方法がないかどうかチェックしてみてください。

同レベルの古文教材『高校やさしくわかりやすい古典文法』『冨井の古典文法を初めからていねいに』の方が解説は詳しいため、併用がおすすめ

『古文文法ゴロゴ』で扱われている古文の問題や文法知識は、『高校やさしくわかりやすい古典文法』や『冨井の古典文法を初めからていねいに』と同程度のレベルです。これらの教材に取り組むことで、大学入試の古文攻略に必要最低限の古典文法をマスターすることができます。

ただし、『古文文法ゴロゴ』は文法の解説や問題の解き方に関する説明が簡潔にまとまりすぎているため、初めて古文を勉強する人にとっては分かりにくい部分もあることに要注意です。初めて勉強する時の分かりやすさで比較すると、『高校やさしく分かりやすい古典文法』や『冨井の古典文法を初めからていねいに』の方が取り組みやすいと言えます。

古文の単語学習と並行して、これらの教材で古典文法の内容理解を進め、どうしても覚えられない項目についてだけ『古文文法ゴロゴ』の語呂を使った覚え方を参照するような形で併用していくのも1つの方法です。一方、『古文文法ゴロゴ』で扱われている問題はどれもこれまでの入試データを分析して導き出された頻出のものばかりのため、古典文法の理解と同時に問題演習もしていきたいという人にはおすすめできます。

『古文文法ゴロゴ』の最新版では文法ドリルアプリや電子ブックが付属している

『古文文法ゴロゴ』の最新版では、冊子だけでなくアプリや電子ブックが特典として付属しているのが特長です。『古文文法ゴロゴ』の冊子は書き込み形式のドリルとなっていて、入試に頻出の古文の問題について書いて演習することができます。アプリや電子ブックは『古文文法ゴロゴ』をつかった学習を補助するような使い方ができ、文法ドリルアプリでは文法項目のチェックができるほか、スマホやパソコンで電子ブックを読むことも可能です。

スマートフォンで古典文法の勉強ができれば、電車やバスといった環境でもスキマ時間に復習ができるので暗記効果がアップします。『古文文法ゴロゴ』を使って古文の文法を勉強していく人は、ぜひ最新版についているこれらの特典も活用してください。

まとめ

今回は、古文の文法知識をゴロで学習できる『古文文法ゴロゴ』についてご紹介しました。この教材で扱われている古文の問題は、これまでの入試データを分析して抽出された高頻度で出題されるものばかりです。さらに、出る可能性が高い順に文法事項がまとまっているため、すでに古典文法をある程度マスターした人が過去問演習に移る前の準備用の問題集としても使えます。

ただし、『古文文法ゴロゴ』は文法事項に関する説明がコンパクトにまとまりすぎている部分があるため、古典文法を初めて学習する場合には『高校やさしくわかりやすい古典文法』や『冨井の古典文法を初めからていねいに』などの講義系の参考書から勉強するのがおすすめです。

ある程度文法知識が身についてきた上で、どうしても覚えにくい文法項目があるときなどは『古文文法ゴロゴ』を使って語呂で暗記するようにしましょう。今回ご紹介した情報を参考に、大学入試に必要な古文の基礎知識を身に付けていっていただければ幸いです。

関連記事

  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。