参考書詳細・使い方・勉強法 国語
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報参考書(国語)入試精選問題集漢文|難問が分かりやすく解説された参考書

入試精選問題集漢文|難問が分かりやすく解説された参考書

科目 漢文
出版社 河合出版
目的 漢文難問演習
対象者 漢文の難問を演習したい受験生
難易度 最難関レベル
分量 84ページ
使用期間 高三11月ごろまで
ジャンル 漢文問題集

・具体的なオススメポイント
ハイレベルな問題が詳しく解説されていて、問題ボリュームも十分

・注意点
志望大学の過去問の漢文のレベルにあわせて、取り組むかどうか決めること

ハイレベルな漢文の問題が詳しい解説付きで学べる貴重な参考書『入試精選問題集漢文』

今回ご紹介する『入試精選問題集漢文』は、難しい漢文の問題が詳しい解説とともに学べる参考書です。漢文の受験用参考書は数が少ない上、『入試精選問題集漢文』ほどハイレベルな問題を扱っているものはほとんどありません。

そのため、早稲田大学の難しい学部など、漢文の力が必要な入試を突破したい受験生にとって貴重な参考書といえます。ただし、『入試精選問題集漢文』で扱われている問題はかなり難しいため、基本的な漢文の知識を身に付け、標準レベルの問題は解ける状態になってから取り組むのがおすすめです。

今回は、そんな『入試精選問題集漢文』について詳しい内容や学習のポイントをまとめました。漢文の実力をアップしたい方はぜひ参考にしてください。

掲載されている問題数は全部で30題、この参考書1冊で十分な演習量が稼げる

『入試精選問題集漢文』では、ハイレベルな漢文の問題が全部で30題も収録されています。そのため、漢文の難問を解くための力を身に付けるには、『入試精選問題集漢文』に載っている問題をきちんと仕上げるだけで十分です。

なお、30題は難易度が低い順に並んでいて、最初の方は比較的簡単な問題、中盤が標準的な問題、最後に難しい問題という順番になっています。『入試精選問題集漢文』に取り組む際には、最初のページから順番に解いていくようにしましょう。また、分からない問題や間違ってしまった問題については、解説をよく読んでおいてください。

なぜ間違ってしまったのかの原因を考え、対策を取ることで漢文の実力がアップします。ただし、漢文の基礎知識を身に付けた直後にいきなり『入試精選問題集漢文』の問題に取り組むとハードルが高すぎる場合があるため、『マーク式基礎問題集 漢文』などの簡単な演習問題集を終わらせてから取り組むのがおすすめです。

『入試精選問題集漢文』は記述問題も充実。自分の答案を書いてから模範解答と照らし合わせよう

難しい漢文の読解問題が数多く掲載されている参考書、『入試精選問題集漢文』では、後半に記述形式の問題も充実しています。志望大学の過去問をチェックして、漢文の問題で記述式の問題が出題されている場合は、『入試精選問題集漢文』で演習しておくのがおすすめです。

なお、記述式の問題を解く際には、まずは自分の答案を書いてから答えと照らし合わせるようにしましょう。合っているかどうか不安なところがあっても、とりあえず自分なりの答案を書く練習をすることで、本番での記述力が身に付きます。また、答え合わせをするときには模範解答に書かれている採点基準をチェックして、どの部分が改善できるか考えるのがおすすめです。

必ず含まれていなければならない内容が抜けていたり、不要な記述が入ってしまっていたりした場合は、それ以降の問題を解く際の注意点として意識しておきましょう。また、時間に余裕がある場合には、間違ってしまった問題だけ2周、3周と解いて復習するのも有効です。

志望大学の過去問演習を繰り返して、漢文の出題傾向を掴んだ上で取り組むこと

『入試精選問題集漢文』はハイレベルな漢文の問題が扱われた貴重な参考書ですが、自分にとってこの参考書が必要かどうかをチェックした上で取り組むことをおすすめします。もし、第一志望の大学で漢文の問題のウェイトがそれほど高くない場合や、ハイレベルな問題が出題されない場合は、無理に『入試精選問題集漢文』に取り組む必要はありません。高三の早い段階で一度過去問をチェックして、漢文の出題傾向を確認しておきましょう。

標準的なレベルの漢文の問題であれば、センター試験レベルの基礎がしっかり固まっていれば合格点が取れる場合も多いです。また、過去問演習を繰り返し行い、各大学の出題傾向や時間配分に慣れることも大切です。『入試精選問題集漢文』を使って学習するかどうかは、自分が志望する大学の漢文の問題のレベルに合わせて判断していきましょう。

まとめ

今回は、漢文のハイレベルな問題が演習できる参考書『入試精選問題集漢文』についてご紹介しました。大学入試向けで漢文に特化した参考書は数が少ない中、難しい問題を詳しく解説してくれている貴重な1冊です。収録されている問題数も30題とボリュームが多いため、十分な演習量が確保できます。

志望大学の漢文で難しい問題が出題される場合には、『入試精選問題集漢文』の問題を解いて実力を磨いておきましょう。過去問集で演習をするよりも解説が詳しいため、効率の良い学習が可能です。なお、『入試精選問題集漢文』で扱われているレベルの難問に取り組むべきかどうかは、志望大学の過去問をチェックした上で決めてください。

標準的なレベルの漢文の問題しか出題されない場合は、無理に『入試精選問題集漢文』を終わらせる必要はありません。自分に合ったレベルの参考書を使って、漢文の合格点を目指していきましょう。

関連記事

[改訂版]現代文キーワード読解

『現代文 キーワード読解 頻出テーマ×必修語160×入試問題』は、国立の二次や難関大の現代文対策におすすめの一冊です。現代文でよく出題されるテーマやキーワードはほとんど網羅されている参考書で、この本で一度...続きを読む
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。