参考書詳細・使い方・勉強法 日本史
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ日本史の参考書33選教科書よりやさしい日本史ノート|基本用語の暗記用参考書

教科書よりやさしい日本史ノート|基本用語の暗記用参考書

科目 日本史
出版社 旺文社
目的 日本史の基本用語暗記
対象者 日本史の初学者
難易度 基礎レベル
分量 191ページ
使用期間 高三夏休み前ごろまで
ジャンル 日本史問題集

・オススメポイント
日本史の基本的な用語が穴埋め形式で暗記できる
・注意点
同シリーズの講義形式の参考書とセットで使うこと

日本史を初めて勉強する人でも基本用語が覚えられる参考書『教科書よりやさしい日本史ノート』

今回ご紹介する『教科書よりやさしい日本史ノート』は、日本史を初めて勉強する人の1冊目としておすすめの参考書です。大学入試の日本史の問題を解くために必要な基本的な用語が、空欄穴埋め形式で整理されています。まずは基本用語を覚えて、日本史の通史を把握するために使うのがおすすめです。

なお、『教科書よりやさしい日本史ノート』には同じシリーズから講義形式の参考書も出版されていて、内容が対応しています。まずは講義形式の参考書の方を使って内容を理解した上で、『教科書よりやさしい日本史ノート』で用語暗記を進めていくようにしましょう。

今回は、そんな『教科書よりやさしい日本史ノート』に関する詳しい内容や学習のポイントをまとめました。日本史の学習をこれから始める人や、日本史に苦手意識がある受験生はぜひ参考にしてください。

同じシリーズから出版されている講義形式の日本史参考書とセットで使うのがおすすめ

『教科書よりやさしい日本史ノート』では、同シリーズの参考書として『教科書よりやさしい日本史』というものが出版されています。両方の役割分担としては、『教科書よりやさしい日本史ノート』が用語の暗記用の参考書、『教科書よりやさしい日本史』は日本史の流れを理解するための参考書という構成です。日本史を初めて勉強する人の場合、まずは『教科書よりやさしい日本史』を読んで全体像を理解することをおすすめします。

いきなり『教科書よりやさしい日本史ノート』に取り組もうとしても日本史の流れが理解できないため効率的ではありません。単に重要な用語を穴埋めで暗記するだけでなく、その用語に関する背景知識や歴史上の流れを理解することが大切です。

『教科書よりやさしい日本史』はキャラクターが対話するような形で分かりやすく説明されている参考書なので、日本史に苦手意識がある人でも無理なく学習を進められます。また、イラストや地図、年表なども多用されているため飽きずに学ぶことが可能です。

空欄の穴埋めはテキストに書き込まず、コピーしたプリントに書き込もう

日本史の基本的な用語が暗記できる『教科書よりやさしい日本史ノート』ですが、穴埋め問題をテキストに直接書き込んでしまうと復習しづらくなってしまいます。そのため、学習する範囲をコピーして、プリントした用紙に書き込んでいくのがおすすめです。

また、問題番号をノートに転記して解くなど、テキストに直接書き込まずに学習を進めていきましょう。分からなかった問題については繰り返し勉強することで知識が定着します。

まずは、『教科書よりやさしい日本史ノート』で空欄になっている用語を一通り覚えられるよう、復習を重ねていってください。『教科書よりやさしい日本史ノート』で扱われている用語は必要最低限の基礎的なもののため、すべてマスターするまでにそれほど時間がかかりません。短期間でスピーディーに覚えていくのがおすすめです。

『教科書よりやさしい日本史ノート』のあとはよりハイレベルな参考書にも取り組むこと

『教科書よりやさしい日本史ノート』で扱われている問題は、日本史の必要最小限の用語を覚えるためのものです。そのため、この1冊の用語を暗記しただけでは大学入試の日本史に十分対応することができません。まずは『教科書よりやさしい日本史ノート』で重要な語句を覚えた後、よりハイレベルな参考書へとステップアップするようにしましょう。

なお、いきなり難しい参考書に取り組んでしまうよりも、『教科書よりやさしい日本史ノート』を使って基礎を抑えてから細かい知識を追加していく方が学習効率が良いです。通史の全体像が掴めていない段階で細かな知識を覚えようとすると、出来事の流れや歴史的な背景をつかむのに時間がかかってしまいます。

『教科書よりやさしい日本史』および『教科書よりやさしい日本史ノート』を使って日本史の基本的な骨子を押さえた上で、難しい問題集や志望大学の過去問にチャレンジしていってください。

まとめ

今回は、日本史の基本的な用語が穴埋め形式で暗記できる参考書『教科書よりやさしい日本史ノート』についてご紹介しました。この参考書は同シリーズの『教科書よりやさしい日本史』とセットになっていて、『教科書よりやさしい日本史』で解説されている内容の中で重要な用語を『教科書よりやさしい日本史ノート』で暗記するという構成です。

日本史を初めて勉強する人でも無理なく覚えられる分量になっているため、まずはこれらの参考書を使って通史のイメージを把握していってください。その後、より難しい知識を肉付けしていくと、日本史の得点力を効率よくアップできます。

なお、用語を暗記する際には単に知識を丸暗記するだけでなく、その用語が意味する出来事や歴史上の流れを自分なりに理解することが大切です。『教科書よりやさしい日本史ノート』と『教科書よりやさしい日本史』を使って、日本史の全体像を効率よく把握していきましょう。

どうしても日本史で高得点が取れないときは

「一生懸命頑張っているのに、点数が伸びない・・・」

「文化史が苦手だけど、私大対策でどうしても必要・・・」

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひ武田塾の「無料受験相談」を利用してください!

日本史の勉強法や、志望校に合わせた対策など、合格のために必要な全てを無料でお教えします!

他の科目とのバランスも考えてカリキュラムを組んでくれるので、志望校への合格が近く受験相談です。

相談だけで合格した先輩も多数(笑)

ぜひ、お気軽に無料受験相談にお申し込みください!

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。