参考書詳細・使い方・勉強法 日本史
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ日本史の参考書33選【2021年度版】大学共通テストの日本史対策・参考書ランキング!【センターから大きく変化】

【2021年度版】大学共通テストの日本史対策・参考書ランキング!【センターから大きく変化】

大学共通テストの日本史、センター試験とどう違う?


2021年度から実施となる「大学共通テスト」ですが、日本史はセンター試験と比べてどう変化するのでしょうか?

また、変化した出題内容に対して、どんな参考書でどんな風に対策すればいいのでしょうか?

疑問に感じている受験生は多いと思います。

結論から言うと、大学共通テストの日本史は、センター試験と比べて大きく変化します。

そこでこの記事では、武田塾チャンネルの動画を元に、大学共通テストの日本史の傾向と対策をご説明します。

大学共通テストとセンター試験の違い(日本史) その1「試験時間と配点」


大学共通テストとセンター試験の日本史では、試験時間と配点に変化はありません。

センター試験の地歴と同様、下記の通りの試験時間と配点になります。

大学共通テストの試験時間と配点(1科目選択)

試験時間 60分
配点 100点満点
解答方法 マーク式

大学共通テストの試験時間と配点(2科目選択)

試験時間 130分
配点 200点満点
解答方法 マーク式

*上の表は2020年度のセンター試験と、大学共通テストの試行調査を元に作成しています。

大学共通テストとセンター試験の違い(日本史) その2「出題範囲」


大学共通テストの日本史は、出題範囲においてもセンター試験と変わりありません。

第1問 原始〜戦後のテーマ史
第2問 原始・古代
第3問 中世
第4問 近世
第5問 近現代
第6問 近現代

上記のように、大問ごとに原始〜現代までをバランスよく出題するように大問構成されています。

大学共通テストとセンター試験の違い(日本史) その3「出題形式」


大学共通テストの日本史においては、出題形式が大きな変化ポイントです。

具体的には、センター試験と違って、「正解が2つあり、そのいずれかを選択する」問題が出題されます。

つまり、1問1答的に答えが一つに決まっている問題だけでなく、多面的な見方をすれば複数答えがある、という内容にも出題が及ぶということです。

たとえば、「自由民権運動が激化した原因は?」という問いの答えは、一つではありませんよね。

こうした背景を理解し、複数の答えを把握しておく必要がある内容が、大学共通テストの日本史では出題されます。

また、センター試験以上に、「思考力を使って類推する」問題が出題される傾向にあります。

大学共通テストの日本史はどのように対策すべき?


では、受験生は大学共通テストをどのように対策していけばいいのでしょうか?

これまで以上に日本史を深く理解するために、下記のような勉強法を心がけてください。

基本は教科書を理解する

大学共通テストの日本史を対策する上で、まず大切なのはやはり教科書です。

教科書の重要性はセンター試験と変わりませんが、大学共通テストでは「地の文」をより注意深く読むようにしてください。

太字を見て出来事だけを暗記するのではなく、歴史の流れや出来事の意義、背景を理解する必要があります。

そのため、教科書の表現で十分に理解できない場合は、講義系の参考書も使用しましょう。

通史を読みながら、文化史・外交史も考える

基本的な時代の流れ(通史)を読むときに、同時代の「文化史」「外交史」も理解するようにしましょう。

1つの視点から360度時代を見渡すことによって、多面的な理解を深め、大学共通テストの日本史の問題が解きやすくなります。

大学共通テストの日本史対策・おすすめ参考書ランキング!

ranking

大学共通テストの日本史対策に役立つ参考書をランキング形式でご紹介します。

「何から始めていいか分からない」

「どの参考書が自分に合うのか分からない」

という受験生は、武田塾の無料の受験相談も利用してみてください。

「聞くだけ聞いて入塾しない」、大歓迎です!

大学共通テスト日本史対策の参考書 第5位『教科書よりやさしい日本史(旺文社)』


『教科書よりやさしい日本史』は、これから大学共通テストの日本史対策を始める受験生におすすめの参考書です。

先生のキャラクターと生徒のキャラクターの対談形式で話が進んでいくため、初めて通史を理解するのに最適です。

『教科書よりやさしい日本史ノート』と併用することで、重要語句をスムーズに暗記することができます。

大学共通テスト日本史対策の参考書 第4位『金谷の日本史 「なぜ」と「流れ」がわかる本(東進ブックス)』


2冊目におすすめするのは、東進の金谷先生の「なぜと流れがわかる本」です。

この参考書は、「古代史」「中近世」「近現代」の3冊に分かれており、それぞれの時代の流れと因果関係を丁寧に解説しています。

また、出来事と人物をあわせて表記しているため、関連性が理解しやすく、並び替え問題などにも対応しやすくなります。

金谷先生の「なぜと流れがわかる本」は講義型の参考書ですので、問題集とあわせて使用してください。

大学共通テスト日本史対策の参考書 第3位『スピードマスター 日本史問題集(山川出版社)』


スピードマスターは、センター試験8割程度の日本史力が、最短15日で身につく、という大人気の問題集です。

1冊の中に30テーマが収録されており、1日1テーマで30日、2テーマずつ進めれば15日で大学共通テストの日本史対策を行うことができます。

ただし、1つだけ注意点があります。

スピードマスターは、スピードを重視しているため、「最初から日本史を学びたい」という受験生にはおすすめしません。

あくまで知識の定着・整理を目的としているので、講義系の参考書や教科書をきちんと読み込んでいないと、背景や意義が理解できないからです。

まずは講義系の参考書と書き込みノートで知識をインプットし、それからスピードマスターの穴埋め問題を完璧にすることをおすすめします。

大学共通テスト日本史対策の参考書 第2位『完全MASTER センター試験 日本史B視覚資料・史料問題集(清水書院)』


完全MASTERセンター試験日本史・視覚資料・史料問題集は、ビジュアル・史料問題だけを収録したユニークな参考書です。

ビジュアル問題や史料問題では、歴史の多面的な理解ができているかを問うことができます。

そのため、2021年度からの大学共通テストにおいても、視覚問題・史料問題は拡充していくことが予想されます。

こうした問題は慣れが肝心なので、完全MASTERを使用して対策をしておきましょう。

大学共通テスト日本史対策の参考書 第1位『マーク式基礎問題集 日本史B [正誤問題] -五訂版-(河合出版)』


最後に、河合出版のマーク式総合問題集を紹介します。

こちらは、大学共通テスト(これまでのセンター試験)実戦演習の決定版です。

正誤問題の他に文化史編もあり、大学共通テストさながらの問題を演習することができます。

センター試験時代から大人気の問題集ですが、今回、大学共通テストの新傾向や私大のマークにも対応できるよう改訂が行われており、改めておすすめの参考書です。

まとめ 大学共通テスト突破のカギは日本史を好きになること?

FujiwithWave
大学共通テストでは、センター試験よりも、より深く日本史を理解する、多面的に捉えることが求められます。

そのためには、日本史の面白さを見出し、納得して記憶する知識を増やしていくことが不可欠です。

「ゼロから日本史を勉強したい」

「時間をかけているのに、一人ではうまく進まない」

という受験生は、ぜひ一度武田塾の受験相談を利用してみてください。

これまで多くの受験生に指示されてきたルートとノウハウで、きっとお悩みを解決できると思います。

もちろん、聞くだけOK!

「入塾しなくていいからね〜」と塾長が言っている塾です(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました!

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。