参考書詳細・使い方・勉強法 地理
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ地理の参考書16選新詳地理B(帝国書院教科)|オーソドックスな教科書的説明にふれられる一冊。

新詳地理B(帝国書院教科)|オーソドックスな教科書的説明にふれられる一冊。

科目 地理
出版社 帝国書院
目的 地理論述対策
対象者 センター〜難関大受験生
難易度 センター〜難関大レベル
分量 328ページ
使用期間 高校1年〜3年
ジャンル 教科書

・具体的なオススメポイント
教科書の中でもとてもオーソドックスなので基礎整理におすすめ
・注意点
問題の解法や解説の記載はないので、実践問題の練習などは別の参考書で行いましょう。

オーソドックスな教科書的説明にふれるには『新詳地理B(帝国書院教科書)』

本書『新詳地理B』は帝国書院発行の教科書です。実際に学校の指定教科書としてお手元にお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は受験参考書ではなく教科書のご紹介ですが、実は地理という教科は暗記に加えて思考能力が問われる教科です。実際には教科書的な説明が頭に入っていなければ、単語は覚えていてもいざ論述式の問題に向き合う時にうまく記述ができないなんてことがあるのです。そのために、少なくとも教科書を1冊か2冊は読み、教科書的な説明をインプットしておく必要があります。

その点において、本書『新詳地理B』は数ある地理の教科書の中でもとてもオーソドックスで、教科書内容としてとてもわかりやすく簡潔にまとまっているため、おすすめです。まずは、地理の学習を進める際には一度本書のようなオーソドックスな教科書的な説明を理解して、そこから暗記や論述の練習に移っていくことが大切になってくるでしょう。

新詳地理B(帝国書院教科書)の特徴

『新詳地理B(帝国書院教科書)』はオーソドックスな記述や説明にふれることができる一冊として定評のある教科書です。

単なる知識の羅列ではなく、それぞれの事象の因果関係がみて取れるような詳細な記述、加えてそれらの記述に繋がっている豊富な視覚資料が非常に整理されてまとまっています。また、それぞれの単元の学習に関連するコラムによって関連情報がわかりやすく掲載されています。難関大学受験者はこうした細かいコラムまで読み込むと良いでしょう。

『新詳地理B(帝国書院教科書)』の特徴としては、全体を通して系統地理単元の充実度が非常に高いところです。日本はもちろん、世界の最新事例が数多く記載されており、今現在、世界で起きている様々事象を地理的な観点から理解するための手助けをしてくれます。

具体的には、「世界と日本の新しい動向が掲載されているので,変化する世界各地の様子を詳細に」学べるようになっていたり、「事例が豊富で,因果関係まで記述されている」ために、体系的な理解がしやすくなっています。

また、地誌単元では地域の成り立ちにも繋がりがあるその土地の自然環境及び歴史的な背景を踏まえた記述を読み込むことで、その地域への理解をより深めることができます。教科書である本書には、学習指導要領に基づいた重要項目が抜けることなく丁寧に記述されています。

加えて「トピック」や「地域を見る目」、「プラスα」特設ページやコラムなどによって適宜本文記述を補助し、より幅の広い知識がつくように設計されています。巻末には地図などの資料がまとめられていて、いつでも参照することができます。

新詳地理B(帝国書院教科書)の使い方

本書『新詳地理B(帝国書院教科書)』の使い方ですが、基本的には一度全体の通読をしていくことから始めるのが良いでしょう。

『新詳地理B(帝国書院教科書)』は非常に読みやすく、カラーレイアウトや図、資料も含めてみやすい形にまとまっていますので、パラパラと眺めるだけでも頭に入ってくる情報は必ずあります。まずは目を通して、全体像を掴んでみましょう。

地理の学習においては、本書と同時並行で問題集、論述の参考書の学習を進めているかと思います。そうした問題集や参考書で分からない点や、それらの解説文を読んでも理解ができない点があれば、逐一本書に戻り、該当ページを読むようにしましょう。

地理学習における百科事典のような使い方もでき、そういった際には本書の巻末にある索引が役立つでしょう。それから、本書掲載の図や資料は最新年度のものが使用されていますので、参考書や問題集の回答におけるファクトチェックや、過去問を解いている際には現在の情報や状況との齟齬はないか、過去問出題時からの変わっていることはないか、なども合わせて調べることができます。

こうした事柄は参考書や過去問題集ではなかなか行うことができませんので、最新年度のオーソドックスな教科書手元に置いておくということは大きなメリットになるでしょう。

こちらも合わせて学習してみよう

『新詳地理B(帝国書院教科書)』はオーソドックスな教科書としての定評があります。

しかし、教科書は他の参考書同様、出版社によって特色がありますし、事実に対する目線も多少は異なる場合があります。そうした観点からも、一冊だけではなく、少なくとももう一冊は教科書を手元に置いて、より客観的で正確な情報や知識、記述にふれるということも大切になってきます。

そこで、おすすめできるのが東京書籍発行の教科書です。こちらも合わせて読み進め、それぞれの記述の相違点を詳しくみてみるだけでも、より多角的な論述や客観的な理解、及び記述ができるようになるでしょう。

まとめ:新詳地理B(帝国書院教科書)

今回は『新詳地理B(帝国書院教科書)』についてまとめました。地理は暗記事項が多く、一見すると暗記科目と捉えられがちですが、実は論述的な思考が求められる強化です。そのために、本書のような教科書を読み、教科書的な記述を身につけておくことは大きなアドバンテージとなります。

多角的な論理、客観的な記述を行うために複数の教科書に触れておくことをおすすめしますが、オーソドックスで極めて模範的な教科書となっている本書は地理受験生必携の一冊でしょう。

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。