参考書詳細・使い方・勉強法 地理
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ地理の参考書16選センター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方|地理9割が目指せる参考書

センター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方|地理9割が目指せる参考書

科目 英語
出版社 河合出版
目的 慶應SFCなどで出題される英語超長文対策
対象者 早慶の英文が普通に読める人で、追加で長文演習をやりたい人
難易度 早慶レベル
分量 少なめ
使用期間 早慶の英語長文が普通に読めるようになった後
ジャンル 英語長文問題集

・具体的なオススメポイント
慶應SFCなどの難関私大の超長文対策ができる。
・注意点
構文解釈などの解説の内容はそこまで濃くないです。
早慶の英語で合格点を普通に取れるレベルの人が追加でやる人向けの問題集です。

センター試験の地理で9割を狙える実力が身につく参考書

『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』は、センター試験の地理で9割を目指せる実力が身につく参考書です。地理を始めて学習する人でも取り組みやすい内容で、世界各地の工業や農業などを扱う地誌分野の問題が解けるようになります。

地理の入試問題は、単純な知識のみで解ける問題だけでなく、問題文で与えられた表やグラフなど条件からその場で考える問題が出される点が特徴です。そのため、大学入試の地理で高得点を取るためには、頻出問題の解法や、考えるために必要な知識の暗記が重要になります。

『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』では、地理の解き方や重要ポイントが分かりやすく解説されているため、地理に苦手意識がある人でも無理なく取り組むことが可能です。今回は、そんな『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』について、詳しい内容や学習のポイントをまとめました。入試に向けて地理対策を始める受験生はぜひ参考にしてください。

入試で出題される頻出問題を中心に、暗記すべきポイントや解法が学べる

『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』では、センター試験でよく出題されるパターンの問題を用いて、覚えておくべき重要事項や問題の解き方が学べます。知識の暗記だけでは解けない問題について、どのようにして考えれば正解が出せるかを分かりやすく解説されている点が、この参考書のポイントです。

参考書の内容構成として、まず「板書」という部分で各単元で頻出の内容が解説されています。理解しておくべき情報が頭に入っているかどうかを確認しましょう。その次の「演習問題」を解くことで、板書で解説された内容の理解度がチェックできます。

グラフ問題や正誤問題など、センター試験の過去問やオリジナル問題を使った問題演習が可能です。正解や解き方は、その次の「解説」で詳しく説明されています。正解していた場合でも、解説の内容を読んで正しい考え方を確認しておきましょう。

「地図帳をチェックしよう!」のコーナーでは、地理の重要事項について地図上で確認し、理解を深めることができます。「点数が面白いほどとれる重要用語」としてまとめられている用語については、丸暗記の必要はありませんが、一通り読んで内容を理解しておくのがおすすめです。

解けなかった問題は同じシリーズから出ている講義形式参考書で復習しよう

問題演習を通じて地理の解き方が身につく『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』は、同じシリーズから講義形式の参考書が出版されています。『センター試験地理Bの点数が面白いほどとれる本』というタイトルです。『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』を解き進めていく上で、解説を読んだだけでは分からない部分が残る場合は、講義形式の参考書を復習するようにしてください。

地理の学習を効率的に進める際には、まず講義形式の参考書で学んだあとに、『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』などの問題集で得点力をアップしていくのがおすすめです。講義形式で書かれた『センター試験地理Bの点数が面白いほどとれる本』は、地理を始めて勉強する人でも無理なく学べるように分かりやすく説明されています。問題集と講義形式の参考書を併用して、大学入試の地理の得点力を効率よく身に付けていってください。

志望大学の過去問も繰り返し演習しましょう

『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』など、参考書による学習を行った後は、志望大学の過去問に取り組むことが重要です。地理の入試問題は、大学や学部によって出題傾向が異なります。そのため、自分が受ける大学の出題パターンに慣れておくことが大切です。

特に、MARCH以上の難関大学を受験する場合は、応用レベルの問題やひっかけ問題に対応するための対策が必要となります。参考書を使って地理の基本知識と解き方をマスターした後は、自分が受ける大学の過去問を繰り返し演習して、出題傾向に慣れておきましょう。

過去問演習をする際には、できるだけ過去の年度まで戻って解くことに加えて、一度解いた年度の問題も繰り返し演習することが効果的です。なお、過去問を解く中で解き方が不明な問題や苦手な単元が見つかったら、『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』や、講義形式の参考書を復習して苦手分野を克服しておきましょう。

まとめ

センター試験の地理で9割が狙える参考書『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』について紹介しました。この参考書では、センターの過去問やオリジナル問題の演習を通じて、地理で高得点を取るための重要事項や考え方が学べます。各地域ごとの地理の特性や産業について学ぶ地誌分野について、高得点を取るテクニックを学ぶことが可能です。

なお、『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』には、同じシリーズから出版されている講義形式の参考書があります。『瀬川聡のセンター試験地理B 地誌編 超重要問題の解き方』の解説を読むだけでは分かりにくい点や、苦手な単元が見つかった場合は、講義形式の参考書を復習して弱点を補強していきましょう。

また、参考書による学習が終わったら、志望大学の過去問演習を繰り返して出題パターンに慣れておくのがおすすめです。

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。