参考書詳細・使い方・勉強法 倫理
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ倫理の参考書7選倫理基本問題集|倫理の重要知識が1冊で覚えられる!暗記向けの参考書

倫理基本問題集|倫理の重要知識が1冊で覚えられる!暗記向けの参考書

科目 倫理
出版社 山川出版
目的 倫理の用語暗記
対象者 倫理の初学者
難易度 センター試験レベル
分量 109ページ
使用期間 高三10月~11月ごろ
ジャンル 倫理参考書

・具体的なオススメポイント
倫理の重要知識が1冊で覚えられる
・注意点
知識を覚えた後は過去問演習に取り組むこと

倫理の重要知識の暗記におすすめの参考書

『倫理基本問題集』は、倫理の重要知識の暗記におすすめの参考書です。センター試験の倫理で必要となる知識は、この1冊で全て覚えることができます。

講義形式の参考書や教科書で倫理の内容を理解しつつ、『倫理基本問題集』を使って重要語句の暗記を進めるのがおすすめです。なお、『倫理基本問題集』自体にも用語の解説が載っているため、時間が無い場合はこの参考書だけを使って学習することもできます。

倫理の勉強に取り組み始めるタイミングは入試直前期になる場合が多いため、時間に余裕が無い場合は『倫理基本問題集』をメインにして学習を進めつつ、分からないところがあれば教科書や講義形式の参考書を使って理解を深めるようにしてください。

今回は、そんな『倫理基本問題集』について、詳しい内容や学習のポイントをまとめました。大学入試で倫理を利用する受験生はぜひ参考にしてください。

講義形式の参考書や教科書と同時進行で取り組もう

『倫理基本問題集』は倫理の重要語句がまとまっているため、暗記しやすい参考書です。講義形式の参考書や教科書を読んで内容を理解しつつ、知識の暗記は『倫理基本問題集』を使って同時進行で学習することをおすすめします。

なお、講義形式の参考書としては『蔭山のセンター倫理』が分かりやすいです。教科書の説明だと分かりにくいと感じる人や、要点を押さえた解説が読みたいという人は『倫理基本問題集』と『蔭山のセンター倫理』をセットで学習していきましょう。

センター試験の問題は現代文のような長文を読解する必要があるため、知識を覚えただけの段階では取り組むのが難しいです。いきなりセンター試験の過去問を使って学習をするのではなく、『倫理基本問題集』で知識を整理した上で、徐々にレベルアップしていきましょう。

倫理の内容の理解と用語の暗記を同時に進めることで、必要な情報を効率よく覚えていくことができます。

用語の解説と問題演習の両方が1冊にまとまった学習しやすいレイアウト

倫理の重要語句の暗記におすすめの『倫理基本問題集』では、用語の解説と問題演習の両方が1冊にまとめられています。

最初に各テーマの重要な知識についての解説が書かれていて、一問一答形式で知識の確認が可能です。その後、覚えた知識を使って解くセンター試験の過去問形式の演習問題が載っていて、知識の理解度をチェックできます。

穴埋めや選択問題など、センター試験の倫理で出題される様々な形式の問題が扱われているため、問題を解きながら倫理の知識を身に付けられる点が特徴です。

ただし、『倫理基本問題集』は問題集としての側面が強いため、用語の解説が理解できない場合は、教科書や講義形式の参考書を使って理解を深めておきましょう。知識が曖昧なまま先に進むとつまずきやすくなってしまうため、不明な点は1つずつ確実に押さえながら学習を進めていってください。

1ヶ月から2ヶ月程度で暗記し、その後は過去問対策を進めよう

『倫理基本問題集』はセンター試験の倫理で出題される知識が網羅的に学べる参考書ですが、早ければ1ヶ月程度ですべての知識を覚えることができます。遅くても2ヶ月ほどで一通り終えることが可能です。

倫理の学習を開始するタイミングは高三の秋以降になる場合が多いため、入試本番までの残り時間を加味して『倫理基本問題集』を進めるスピードを決めましょう。『倫理基本問題集』の内容を覚えてしまえば、あとは過去問を繰り返し演習するだけで合格点が確保できます。

過去問に取り組むのが難しいと感じる場合は、過去問演習の前に『マーク式基礎問題集倫理』や『センター試験への道 倫理』などの問題集を挟むのがおすすめです。

入試の過去問よりも難易度が低めのため、センター試験の問題を解くために必要な考え方を無理なく身に付けられます。過去問演習や問題集を使った学習では、毎年の出題傾向や、長文を読解して解く問題の考え方に慣れるようにしていきましょう。

まとめ

倫理の入試問題で出題される重要な知識が暗記できる参考書『倫理基本問題集』について紹介しました。この参考書に書かれている内容を一通り覚えれば、センター試験の倫理に必要な知識は全て網羅できます。

教科書や講義形式の参考書を使って倫理の内容を理解しつつ、重要な用語の暗記は『倫理基本問題集』を使って進めていくのがおすすめです。『倫理基本問題集』自体にも用語の解説もあるので、時間に余裕がない人はこの1冊だけで学習を進めて、過去問演習に取り組むこともできます。

早ければ1ヶ月、時間がかかっても2ヶ月程度で1冊終えられるため、まずは『倫理基本問題集』の内容をマスターし、その後過去問演習へとステップアップしていってください。入試の過去問に取り組んで難しいと感じる場合は、『マーク式基礎問題集倫理』や『センター試験への道 倫理』などの問題集を挟んで考え方を理解してから、過去問に取り組むのがおすすめです。

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。