参考書詳細・使い方・勉強法 倫理
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報参考書(倫理)[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理|倫理が面白く学べる参考書

[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理|倫理が面白く学べる参考書

科目 倫理
出版社 学研教育出版
目的 倫理の内容把握
対象者 倫理をこれから学ぶ人
難易度 センター入門レベル
分量 310ページ
使用期間 高3夏休みごろまで
ジャンル 倫理参考書

・オススメポイント
 倫理の内容が分かりやすく、面白く学べる
・注意点
 入試内容が網羅されていない点があるため、別途用語集の暗記が必要。

倫理の内容が面白く学べる『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』

今回ご紹介する『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』は、倫理の内容が面白く解説されている参考書です。

倫理の内容は社会科目の中でも取っつきにくいイメージがありますが、『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』で勉強すれば倫理を始めて学習する人でも興味をもって進めることができます。もともとは『センター試験 倫理の点数が面白いほどとれる本』というタイトルで、同じ著者である蔭山先生の本が出版されていましたが、その内容を引き継ぎつつ出版社を変えて、現在の入試傾向に合わせてパワーパップさせたのが『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』です。

本のタイトルにはセンター試験と書いてありますが、学校の倫理の授業が良くわからなくて困っている人にもおすすめの内容となっています。今回は、そんな『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』について、詳しい特徴や学習のポイントを確認していきましょう。

社会の科目選択で倫理を選ぶか迷っている人の判断材料としておすすめ

『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』は、倫理の勉強を始めるかどうか迷っている人の判断材料としてもおすすめの教材です。センター試験の社会の科目選択において、倫理は必ずしも選択しなければならない科目ではありません。場合によっては、日本史や世界史のみに絞って受験することもできます。

理系の国公立難関大学の受験において社会科目を選択する際、歴史系の科目ではなく政治経済や倫理を選択するかどうかは特に悩みどころです。どの社会科目を選んでセンター試験を受けるかの判断基準には様々なものがありますが、そのうちの1つとして「自分が興味をもって学べる科目かどうか」という基準が挙げられます。

点数が取りやすい、暗記事項が少ないといったメリットを優先して選んだ科目が全く興味を持てないものだと、やる気も起きなくなるためかえって学習効率が下がることもあり、注意が必要です。

倫理は教科書だけ読むと分かりにくいところがありますが、『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』では倫理の面白い部分を分かりやすく解説してくれているため、自分の好みに合うかどうかの判断材料として使えます。

もし、『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』を読んでも倫理に興味がわかないという場合は、ほかの社会選択科目を選んだ方が良いでしょう。そのくらい細かくかみ砕いて解説してくれているのが『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』の特徴です。

イラストも豊富で、倫理を初めて勉強する人でも思想家や哲学について理解しやすい

『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』で倫理の学習を始めるメリットとして、イラストや図解が豊富でカラフルなため、印象に残りやすいという点が挙げられます。倫理を初めて勉強する人でも無理なく理解できる構成です。

倫理に登場する内容は、「人間がよりよく生きることとはどんなことを意味するのか?」といった抽象的な事柄が多く、それに対して各時代の思想家が唱えた説や理想像が良くわからないところがあります。『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』では、こうした思想家や哲学に関する内容が私たち現代人にも分かりやすい言葉を使って語られているため、倫理を初めて勉強する人でも無理なく理解できるのが特徴です。

また、倫理に登場する思想家や哲学の名前は覚えにくいものが多いですが、『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』では各思想家の顔やイメージをイラストで表現してくれているため、印象に残りやすくなっています。教科書を読んでもよくわからないという人は、まずはこの教材でイメージをつかんでから細かい内容を読み込んでいくと、スムーズな学習が可能です。

全範囲が網羅されているわけではないため別途用語集などの暗記が必要

倫理の内容について、イメージしやすく分かりやすい解説で学べる『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』ですが、入試の倫理で出題される全範囲の内容がすべて網羅されているわけではないという点のみ、注意が必要です。センター試験の倫理の問題では、用語を暗記していないと正解が分からないようなものも出題されるため、出題される可能性のある語句は一通り知識として頭に入れておく必要があります。

『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』では、倫理の内容を分かりやすく、かつ面白く解説することに比重が置かれていることから、センター試験の倫理で高得点を取りたい人は用語集を別途用意するのがおすすめです。まずは『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』で倫理の内容をしっかり理解しイメージを固めた上で、細かい用語が載っている参考書や問題集を使って細部の知識を仕上げていきましょう。

まとめ

今回は、倫理の内容について分かりやすく学べる『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』をご紹介しました。

抽象的で難解なイメージのある倫理ですが、この教材の解説なら面白く読み進めることができます。また、イラストや図解も豊富なため、倫理の内容を直感的なイメージとしてインプットすることが可能です。社会の選択科目で何を選ぶか迷っている人が、倫理はどういうことを学ぶ科目なのか知りたい場合にもおすすめできます。

大学入試で倫理を選択する場合、まずは『[パワーアップ版]蔭山のセンター 倫理』でイメージを把握して、その後細かい用語を覚えていくと効率が良いです。これから倫理を学習する方は、ぜひ今回の内容を参考に本書を手に取ってみてください。

  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。