参考書詳細・使い方・勉強法 英語
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ英語の参考書111選英文法レベル別問題集 シリーズ|基礎から難問まで6段階の英文法問題集

英文法レベル別問題集 シリーズ|基礎から難問まで6段階の英文法問題集

科目 英語
出版社 ナガセ
目的 英文法学習
対象者 入試英文法を短期間でマスターしたい人
難易度 基礎~難関大レベルまで
分量 「レベル1」132ページ
「レベル2」133ページ
「レベル3」161ページ
「レベル4」162ページ
「レベル5」184ページ
「レベル6」165ページ
使用期間 高2~高3 夏休み明けごろまで
ジャンル 英文法問題集

・具体的なオススメポイント
 英文法問題がレベル別でコンパクトに学習できる
・注意点
 英文法の全分野を仕上げたい人は網羅型の問題集に取り組むこと

自分のレベルに合った英文法問題をコンパクトに演習できる『英文法レベル別問題集 シリーズ』

今回ご紹介する『英文法レベル別問題集 シリーズ』は、大学入試で出題される英文法の問題を基礎から難問まで6つのレベルに分けてまとめた英文法問題集です。自分のレベルに合った英文法の問題をコンパクトに学ぶことができます。解説は大学受験の英語の人気講師である安河内先生によるもので、英語が苦手な人や文法知識に自信がない人にも分かりやすい内容です。

英文法の問題は単に問題集の正解を覚えるだけでなく、なぜその答えになるのかの仕組みを理解しておくことが大切になります。その点、『英文法レベル別問題集 シリーズ』は自分のレベルにあった文法問題から徐々にステップアップして理解を深めていくことができるため、短時間で効率の良い学習が可能です。

ただし、英文法問題集の中で網羅型の教材と比べると、情報量が若干少ないというデメリットもあります。そこで今回は、『英文法レベル別問題集 シリーズ』の各問題集のレベルや、この教材を使って学習する際の注意ポイントについて確認していきましょう。

『英文法レベル別問題集 シリーズ』の6つの問題集それぞれの難易度

『英文法レベル別問題集 シリーズ』は、レベル1からレベル6まで難易度別の6冊を含んでいます。まずは、それぞれの教材で扱われている英文法問題の難易度についてまとめました。

レベル1は「超基礎編」となっており、最も基礎的な問題が収録されています。少しでも英文法に苦手意識がある人は、まずはこのレベルの問題から始めましょう。もし問題なく理解できるようであれば、レベルを上げていってください。レベル2は「基礎編」で、中学上級から高校初級レベルの問題が出題されています。また、重要表現や例文の暗記も大切です。

レベル3は「標準編」で、高校初級の基礎英語が完成するレベルとなっています。準動詞や関係詞、仮定法などの難しい文法知識が中心です。レベル4は「中級編」で、私立大学入試とセンター試験、英検では2級レベルの内容が含まれています。センター試験レベルまでの英文法をマスターしたい人は、レベル4までを仕上げていくようにしましょう。

レベル5は「上級編」で、有名私大の過去問が中心に出題されていて、他のレベルと比べると解説もやや難しめとなっています。最後のレベル6は「難関編」で、早慶上智レベルの私大英語や、国公立の難関大学にあたる難易度です。

大学別、学部別に特化した問題構成となっているため、志望大学が決まっている人は重点的に取り組むことができます。

1冊あたりの問題数が少なく、英文法を速習したい人に適している

『英文法レベル別問題集 シリーズ』は、基礎から難問までを各教材のレベル別に収録しているため、1冊あたりに含まれている問題数が少ないことが特徴です。そのため、入試本番まであまり時間がない人や、英語の学習は最小限の時間で済ませて、他の得意科目で点を稼ぎたいという人におすすめの教材となっています。

また、易しいレベルの問題集から順番に1冊ずつ仕上げていくごとに達成感があるため、途中で挫折しにくいのもメリットです。『英文法レベル別問題集 シリーズ』のレベル4までで一通りの文法表現がマスターできるようになっています。レベル1や2の内容は中学英語が理解できていれば解けるため、実質的にはレベル3とレベル4の2冊をしっかり押さえておけば、センターレベルまでの英文法知識を身に付けることが可能です。

『英文法レベル別問題集 シリーズ』の解説は、単に英文法の仕組みを知識として解説するだけにとどまらず、受験の際に高得点を取るためのポイントまで詳しく書かれています。文法問題集を解いても身についているかどうか実感がつかめず悩んでいる人は、ぜひ解説の分かりやすい『英文法レベル別問題集 シリーズ』で英文法を速習していってください。

時間をかけて英文法を網羅したい人は別の英文法教材もおすすめ

なお、『英文法レベル別問題集 シリーズ』は自分に合ったレベルの文法問題をコンパクトに学習できる反面、どれか1冊を仕上げるだけだと文法事項に穴ができてしまうことがデメリットとなっています。そのため、大学入試に必要な英文法の知識を基礎から難問まで完璧に網羅したいという方は、入試英語の標準的な英文法問題集を1冊仕上げるのがおすすめです。

『NEXSTAGE』や『VINTAGE』といった英文法問題集は、入試に出題される可能性のある文法問題がほぼすべて網羅されている教材となっています。ただし、これらの教材は基礎的な文法事項に関する説明が少ない傾向があるため、基礎事項を『英文法レベル別問題集 シリーズ』のレベル1や2の分かりやすい解説を使ってマスターした上で、レベル3や4と標準的な文法問題集を併用して知識を固めていくと学習がスムーズです。英文法の学習に時間がかけられる高2の人などは、網羅型の英文法問題集も活用しながら実力を磨いていきましょう。

まとめ

今回は、自分のレベルにあった英文法問題をコンパクトに学習できる『英文法レベル別問題集 シリーズ』についてご紹介しました。レベル1からレベル6までの6段階に分かれた文法問題集で、解説も分かりやすいのが特徴です。1冊に含まれる問題集が少ないため、短期間でマスターすることができます。

センター試験レベルや私大レベルの問題であれば、レベル4までの問題集を一通り仕上げれば対応可能です。英文法に苦手意識がある方や、網羅型の問題集で勉強してもいまひとつ点数が上がらず悩んでいる方は、ぜひ『英文法レベル別問題集 シリーズ』を使って自分に合ったレベルの英文法からステップアップしていってください。

受験相談の問い合わせ

関連記事

受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。