参考書詳細・使い方・勉強法

英語

合格へ導く 英語長文Rise読解演習 4最難関編

この参考書は非常に難易度が高い参考書になるので基本ルートが全て終わって東大や京大レベルの難易度が高い英語を読む人向けの教材。
基本的に1日1文解いてその長文に対して全ての解答の根拠、導き方をはっきりさせて解いていく。
基本的に過去問とほとんど難易度と変わらない問題も出てくるので過去問に入る最後の仕上げとして使う。

教科

英語

出版社名

Z会

使い方

基本が全て終了させる事。一日1文。すべて解答の根拠を言えるようにする事。過去問の仕上げに使う。

テスト方法

解いてきた範囲からランダムで出題。

データ

問題数 15題
1日の量 1題
1週間の量 4題
目標突破日数 28日

関連記事

速読英単語 必修編

参考書の評価 文章のなかで単語を覚えていくスタイルの参考書なので、英語がある程度できる人に向いている単語帳です。英語が苦手な人は、文章の中で覚えるよりは、一つ一つの単語を単体で覚えていくようなシステム英単語や「ターゲット … 続きを読む

大学入試 世界一わかりやすい 英文読解の特別講座

参考書の評価 「世界一わかりやすい英文読解の特別講座」の問題量については、51のテーマのそれぞれにいくつか英文が入っている形で、他の参考書より若干厚めになっていますが、わかりやすいのですらすら読めると思います。他の参考書 … 続きを読む

ポレポレ英文読解プロセス50

参考書の評価 「ポレポレ英文読解プロセス50」のいいところは、やろうと思えば1日で全部音読もできる50文という量です。かつあの文章を理解しておけばそれ以上に難しいものはなかなか出ないです。難関国公立には動詞が名詞化される … 続きを読む

大岩のいちばんはじめの英文法(超基礎文法編)

参考書の評価 解説がとてもわかりやすいのが大きな特徴で、高校英語の基礎力をつけたい人や英語が苦手な人にはまず読んで欲しい一冊です。まずこの一冊を身に付けることで、これからの英語学習が充実していくこと間違いなしです。 問題 … 続きを読む
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。