参考書詳細・使い方・勉強法 英語

センター試験のツボ 英語リスニング

科目 英語
出版社 桐原書店
目的 センター英語対策
対象者 センター試験のリスニング対策を万全にしたい人
難易度 センター試験レベル
分量 82ページ
使用期間 高三センター直前まで
ジャンル 英語リスニング問題集

・具体的なオススメポイント
 センターリスニングの解法テクニックが詳しく解説されている
・注意点
 繰り返し学習して、聞き取り方をマスターすること

センターのリスニング対策にはこの1冊

『センター試験のツボ 英語リスニング』は、センター試験のリスニング対策におすすめの参考書です。

センター試験の過去問を分析した上で、出題傾向や対策について分かりやすく解説されています。

CDもついていて、実際の試験に近いスピードで読み上げられた音声と、ゆっくり読み上げられた音読練習用の音声の2枚が付属しています。

また、本番の試験に近い文字テストが2回分ついているので、センター試験リスニングの実力チェックにもおすすめです。

「リスニングは学習しにくい」「短期間でリスニングの成績を上げるのは難しい」と思われがちですが、この教材を使うことで短い時間でもセンターリスニングの点数をアップすることが可能です。

今回は、この教材の特長や使い方のポイントについてご紹介します。

センターで点を取るためのリスニングの聞き方が分かる

センター試験のリスニングでは、英語で読み上げられるスピーチや会話を聞いて、適切な選択肢を選ぶという問題がメインです。

ネイティブの発音に近いスピードで読み上げられるので、少し聞き逃してしまったところがあったり、知らない単語の意味が分からなかったりするとすぐに置き去りにされてしまい意味が分からなくなってしまいがち。

こうした問題を解決するためのテクニックが、『センター試験のツボ 英語リスニング』では解説されています。

具体的には、リスニング問題の聞き取り方のポイントが解説されています。

センター試験の問題で頻出の短文やフレーズがまとめられていて、そのフレーズや言葉に注意して聞き取るようにすることで、問題に答えるための重要情報がキャッチできるというやり方です。

「冒頭の疑問詞が何なのかに集中する」「登場人物の行動に注意して聞き取る」といった、センターのリスニングで使える聞き取りのテクニックが満載です。

また、センター試験特有の「ひっかけ問題」にも対応。

センターのリスニング問題では、読み上げられる英文の中に、わざと間違った選択肢を選ばせるための”ニセ情報”が入っていることが多いです。

気づかないとついひっかかってしまうポイントですが、この参考書でひっかけ情報のパターンを知っておくことで、本番では適切な解答を選べるようになるでしょう。

音読練習用CDを活用しよう

リスニングの対策としては、前述のような聞き方・解き方のテクニックを知っているだけでもかなり点数がアップします。

しかし、文章をしっかりと聞き取れたうえで問題に答える方が、確実に正解を選べるようになります。

テクニックに加えて、ネイティブスピードで読み上げられる英文をきちんと聞き取って意味が分かるリスニング力を身につけておくことが大切です。

そこで役立つのが、『センター試験のツボ』に付属している音読練習用CDです。

こちらのCDでは、ネイティブスピードよりもゆっくりな音声が収録されています。

このCDに合わせて、センター試験レベルの本文スクリプトを音読する練習をするのがおすすめです。

やり方としては、まず本文のスクリプトを精読して意味が分からないところを無くします。

その上で、ゆっくりな音声を聞きながら、すこし遅れたタイミングでCDの発音を真似して音読をしましょう。

最初は、音に慣れることが目的なので、意味が頭の中に入ってこなくても大丈夫です。

CDにきちんとついて行けるようになるまで、繰り返し練習してください。これを繰り返すうちに、CDのスピードで音読しながら、同時に意味を読み取れるようになってきます。

この段階になったら、CDの音声なしの自力での音読で、CDと同じスピードでの意味理解を目指しましょう。

一通りマスター出来たら、今度は本番と同じネイティブスピードの音声で同じことを繰り返して、読解のスピードをアップしていきます。

英語のリスニングでは、自分で発音できる音しか耳で聴きとることができないと言われます。『センター試験のツボ』に付属のCDを使って、音読練習を繰り返し、リスニングの実力をアップしていってください。

付属の模擬テストを使った学習方法

『センター試験のツボ 英語リスニング』では、センター試験のリスニング問題に似せた模擬テストが2回分収録されています。

このテストは、最初はセンター試験と同じ時間制限で、辞書なども使わずノーヒントで解いてみるのがおすすめです。

その後、答え合わせをするときに、間違ってしまった問題の原因分析をしましょう。

時間配分は適切だったかどうか?何の知識が足りなかったのか?などを分析し、今後の対策を考えるようにします。

これにより、センター試験のリスニングの点数をアップするために必要な勉強内容が見えてきますので、あとは解答解説を見ながら問題が解けるように学習を進めていきましょう。

テストは2回分あるので、1回目を解いた後、見直しがしっかり終わった段階で次の2回目を演習するのがおすすめです。

1回目を解いた後に見直しや対策を行わず2回目をやっても、同じことの繰り返しになってしまうのであまり学習効果が上がりません。

そうではなく、何に注意して解くか、具体的にどんな知識を身につけたうえで解くかを意識しながら2回目にチャレンジするようにしてください。

もちろん、この模擬テストだけでなく、センター試験の過去問を入手して演習するのも有効です。

まとめ

『センター試験のツボ 英語リスニング』は、センター試験の英語のリスニング問題の解き方が学べる参考書です。

リスニングの実力アップに役立つ内容に加えて、センター試験で点を取るための聞き方のテクニックが学べます。

これらのテクニックをマスターするだけでも、リスニングの点数がアップします。

リスニング対策に何をしたらいいのか分からない人や、読解問題は解けるのにリスニングは点が取れないと悩んでいる人に特におすすめできる1冊です。

付属の模擬テストや過去問を含めて、繰り返し解くことでセンター試験のリスニングで高得点を取るための実力を身につけていってください。

音読練習や聞き取りの注意点を意識することを繰り返せば、短期間で得点力がアップするでしょう。

受験相談の問い合わせ

関連記事

システム英単語Basic

『システム英単語Basic』は、大学受験の英単語集として人気がある「システム英単語」の基礎編です。高校英語からセンター試験レベルの基本的なレベルまでの英単語がコンパクトに収録されています。これから大学受...続きを読む

英文読解入門基本はここだ!

『英文読解入門基本はここだ!』は、英文の読解や和訳が苦手な人におすすめの一冊です。 この参考書では、短い英文を和訳することを通じて、英文を正しい日本語になおすための考え方が解説されています。掲載され...続きを読む

大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編

今回紹介する『大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編』は、英単語と英文法を一通り終えた後、長文の学習に移っていくのに不安がある人にもおすすめの参考書です。解説が1文1文についているだけでなく、カラ...続きを読む
受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。