参考書詳細・使い方・勉強法 英語

毎年出る頻出英語長文

科目 英語
出版社 日栄社
目的 英語長文演習
対象者 中堅私大レベルの英語長文を仕上げたい人
難易度 日大~MARCHレベル
分量 全20課 136ページ
使用期間 高三11月ごろ、過去問演習前まで
ジャンル 英語長文問題集

・具体的なオススメポイント
 解説が非常に分かりやすく 良問が厳選されている
・注意点
 基礎とタイトルについているが、簡単ではない。繰り返し解いて考え方を身につけること。

日大~MARCHレベルの英語長文演習におすすめ

『毎年出る頻出基礎英語長文』は、日大からMARCHレベルまでの英語長文演習におすすめの一冊です。タイトルに基礎と入っていますが、扱われている問題の難易度は難しめなので、初めて英語長文の演習を行う人には向いていません。出題されている問題のレベルも、日東駒専レベルの難易度の大学では難問として出題されている程度のものが多く、基礎事項を仕上げた後に過去問に移る前の演習として使うのがおすすめです。

この毎年出るシリーズの参考書は解説が非常に詳しくわかりやすいことが特長となっています。難しい問題集では解説が完結すぎてなぜその答えになるのかが理解できなかったりして消化不良になる場合もありますが、毎年出る頻出基礎英語長文ならその心配はありません。英語長文読解の練習を積み重ねたい人におすすめの一冊です。

学習のポイント まずは辞書なし・自力で解くこと

毎年出る頻出基礎英語長文では、教材の冒頭の使い方解説にも載っているように、最初は辞書や解説を見ることなく、試験と同じようなノーヒントの状況で解てみるのがおすすめです。まずは自力で取り組むことで、今の自分の実力やどこがわからないのかといった弱点が浮き彫りになります。一通り解いた後で解説を見て、何が足りなかったのか?どういう知識があれば点が取れるのか?といった点を確認するようにしましょう。

また一周とくだけでなく、最低2回は解くことをおすすめします。一回だけだと初見の問題をただ解いただけという状態なので、入試の時に使える解法のテクニックや長文を読み解く際の考え方が身につきません。そうではなく同じ問題でもいいので繰り返し解くことで、長文問題の解き方をマスターしていくようにしましょう。

色々な新しい問題を手当たり次第解くよりも、良問を繰り返しといて考え方を身につけて行った方が点数アップにつながりやすいです。特に、毎年出るシリーズでは、繰り返し解くことによって大学入試の問題に対応できる良問を選んであるので、これに掲載されている問題を復習することで必要な知識は全て手に入れることが可能です。

文法事項なども基礎から解説されていて分かりやすい

この教材の解説の詳しさは、単に説明が分かりやすいというだけにとどまりません。必要に応じて、問題を解くために使用する文法知識がまとめて解説してあります。たとえば、前置詞「of」の用法であったり、「受動態になった時の語形の変化」など、知識としては知っているけど問題として問われると難しくなるようなポイントについて説明されています。

こうしたポイントは文法の参考書で一度解いたことがあっても、いざ長文の読解問題として出題された場合に、この知識を使うこと自体に気づけないというパターンが多いです。しかしそれだけ逆に入試では狙われやすいテーマとなりますので、こうした多くの人が弱点になっているような文法事項をこの参考書で勉強していくことで、他の受験生と差をつけられる知識が身につきます。

単語、英文法、英文解釈が固まっていない人は先にそちらから

良問が並んでいて解説も分かりやすい『毎年出る頻出基礎英語長文』ですが、英単語や文法の知識が固まってない人は先にそちらから取り組むことをお勧めします。というのも単語や文法英文解釈の知識がない状態では、それらの知識の穴が原因で解けない問題だらけになってしまい、英文読解の練習としては学習効率が非常に悪くなってしまうからです。

基本的には英単語から初めて、英文法の基礎的な参考書をマスターし、 短い例文を使った SVOC の把握や和訳の問題を解くことで英文解釈力を身につけます。その次の段階として簡単なレベルの英語長文の読解問題に取り組み、ある程度基礎が固まってきた段階で初めて『毎年出る頻出基礎英語長文』のような問題集に取り組むようにしましょう。

この順番でひとつひとつ英語の実力を身につけていけば、今回紹介する教材の解説を読んでいることで、大学入試の英語の問題に対応できる基礎知識が固まるようになります。どこかの順番を飛ばしてしまうとそれが原因で全く問題が解けず身につく知識も少ないということになってしまいますので注意してください。

まとめ

『毎年出る頻出基礎英語長文』は、単語や文法などの基礎知識が固まって英語長文の演習に取り組んでいる人の総仕上げに役立つ問題集です。日大の難問レベルから、MARCHの基礎レベル問題が並んでいます。解説が非常にわかりやすいため、繰り返し解くことで英語長文を解くためのテクニックや必要な英文法知識が身につくので、英語の長文読解の仕上げをしたい人にオススメです。

長文読解で他の受験生に差をつけ英語を得点源にしたい人は是非取り組んでみてください。また、この教材に限らず、長文演習の問題集を解くときには2周目、3周目と復習をすることが大切です。1周解いただけで終わらせてしまうと、間違った問題を解くために必要な考え方が身につかずに終わってしまいます。

必ず、復習を繰り返して知識を自分のものにしていきましょう。この問題集を繰り返し解いた後は、志望大学の過去問演習を行うことで、合格に必要な点数が取れるようになります。

受験相談の問い合わせ

関連記事

システム英単語Basic

『システム英単語Basic』は、大学受験の英単語集として人気がある「システム英単語」の基礎編です。高校英語からセンター試験レベルの基本的なレベルまでの英単語がコンパクトに収録されています。これから大学受...続きを読む

英文読解入門基本はここだ!

『英文読解入門基本はここだ!』は、英文の読解や和訳が苦手な人におすすめの一冊です。 この参考書では、短い英文を和訳することを通じて、英文を正しい日本語になおすための考え方が解説されています。掲載され...続きを読む

大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編

今回紹介する『大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編』は、英単語と英文法を一通り終えた後、長文の学習に移っていくのに不安がある人にもおすすめの参考書です。解説が1文1文についているだけでなく、カラ...続きを読む
受験相談の問い合わせ

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。