参考書詳細・使い方・勉強法 英語

入門 英文解釈の技術70

<目次>
英語の構文(SVOC)を読み取る力をつけるなら
英文が「なんとなく分かる」という人は要注意!
似ている他の参考書との違い
入門 英文解釈を学習する際の注意点
まとめ
この記事をチェックした人におすすめの記事

科目 英語
出版社 桐原書店
目的 英文和訳対策
対象者 英文解釈の基礎を身につけたい人
難易度 MARCH~早慶易学部レベル
分量 197ページ
70テーマ+演習問題70
使用期間 高3~夏休み明けごろまで
ジャンル 英文解釈解説書

・オススメポイント
 SVOCの構文がすべて載っていて、苦手な人でもわかりやすく把握できる
・注意点
 書き込みは直接でなくノートかコピーで!
 和訳を見る前にSVOCを自分なりに振ってから訳す練習をすること

英語の構文(SVOC)を読み取る力をつけるなら

『入門 英文解釈の技術70』は英語の長文読解をマスターしたい人におすすめの一冊です。

見開き1ページにひとつのテーマで長文が掲載されていて、その解説やSVOCの構文記号、和訳や解説がまとまっているという構成になっています。

まず英語の単語熟語や文法を一通りマスターし終えてから取り組むようにしましょう。

単語や熟語が危うい段階で解釈に進んでしまうと、構文以外に分からないポイントが多くなりすぎて効率的ではありません。

必ず順番にステップアップしていくようにするのがおすすめです。英文解釈の技術シリーズには、この本以外にももう2冊あります。

『基礎 英文解釈の技術100』と、『英文解釈の技術100』というタイトルがついていますが、おすすめなのは今回紹介する『入門 英文解釈の技術70』です。というのも、基礎編は基礎という名前がついてはいますが内容は英語ができる人向けの高い難易度設定になっています。

また英文解釈の技術100の方はそれよりもさらに難しく、国立大学の2次試験レベル。

どちらもオーバースペックなので、構文の勉強をしたい人は「入門」一冊をしっかり勉強すれば大丈夫です。

英文が「なんとなく分かる」という人は要注意!

英語の構文をきちんと勉強した方がいいのは、英文の長文問題が「なんとなく分かる」「和訳はできないけど意味はとりあえず把握できている気がする」という人です。

この状態は実は一番危なくて、いざ和訳問題が出てきたり、英文法の理解が 不十分だと解けないタイプの問題で全滅する危険性もあります。

そうならないためにはきちんと英語の構文が把握できた上で訳せる実力が必要です。

構文がわかると、日本語訳や意味を捉える難易度が下がります。

単語から意味を推測しづらいようなテーマが出ている場合、きちんと構文を理解しないと全く逆の意味に捉えてしまうこともあります。

しかし<構文が分かっていれば複雑な意味内容の文章も理解できますし、分からない単語があっても品詞のあたりがつけば適切に読み飛ばすこともできるようになります。 今までなんとなく解けてきてしまった人こそ、きちんと構文を把握する力を身につけてください。

似ている他の参考書との違い

同じように英文解釈のテキストとして初心者向けのものに『英文読解入門 基本はここだ!』があります。

このテキストと今回紹介する入門英文解釈の技術は扱っている長文の難易度は同じようなレベルです。ただし解説に違いがあります。

入門 英文解釈の方は、英文のすべてにSVOCの構文記号が割り振られていますが、基本はここだ!の方は、SVOCがないものもあります。

基本はここだの方は構文を把握するというよりも、直訳で意味が取れる英文をどのように正しい日本語訳にすれば良いのかについて解説されている参考書です。

おすすめの勉強法としては、まず最初に基本はここだを一通りを終えて、英文の意味を正しい日本語訳にする方法を学んでから、その次に入門英文解釈に取り組み今度は正確にSVOCを把握する練習。

一通り終わったら再び基本はここだに戻り、構文を意識して改めて日本語訳の練習をすると完璧です。

入門 英文解釈を学習する際の注意点

和訳を見る前に、自分なりにSVOCを書き込んでみましょう。

その際に、テキストに書き込んでしまうと繰り返し練習ができなくなってしまうので必ずノートやコピーしたプリントに書き込んでいくようにしてください。

SVOCを割り振ってから和訳を考えていくようにしましょう。

こうすることでSVOCの把握によって日本語訳の難易度を下げる経験値を積んで慣れていくことができます。

なお、SVOCを直接書かせるような問題は入試本番では出てきませんので、あまり神経質になりすぎなくても大丈夫です。

大切なのは、初めて目にする英文の意味を読み取る際、構文の知識を使って正確に読み取る練習をするということ。

自分でSVOCを書き込めばだんだんと慣れていくことができます。

なお、入門英文解釈に乗っている70のテーマをマスターすると構文の基礎力が一通り身につきますので、MARCHや早慶の易しい学部レベルまで対応が可能です。

もちろん過去問などで練習を積み重ねる必要はありますが、まずはこの一冊でしっかりと構文把握の力を身につけましょう。

その上でさらにレベルアップしたい場合は『ポレポレ英文読解プロセス』などのハイレベルな読解参考書にチャレンジしてください。

ここまで進めると早慶の難しい学部にも通用する実力が身につきます。

まとめ

入門英文解釈の技術70は、なんとなく意味がわかったような気がするけど正確な訳ができない人にオススメの参考書です。

英語構文を把握する力を身につけることで、初めて目にする英文でも正確に意味を読み取ることが可能になります。

単語の意味から文脈を推測するなんとなくの読み方をしているとどうしても点数が頭打ちになるので、そうなってしまわないようSVOCを把握する練習をしていてください。

このテキストに収められている70のテーマを自在に使いこなせるようになれば、MARCHレベルはもちろん、早慶の易しい学部までの英文読解問題で自信をもって回答できるようになるでしょう。

この記事をチェックした人におすすめの記事

関連記事

やっておきたい英語長文1000

『やっておきたい英語長文1000』は早慶レベルの英語長文問題対策向けの問題集です。難易度としては、『やっておきたい英語長文700』とそこまで変わりはありませんが、文章のワード数が1000まで増えた長文問題集が...続きを読む

速読英熟語

『速読英熟語』は、大学入試の英熟語暗記に最適な一冊です。掲載されている熟語を含む長文が載っていて、次のページに熟語の意味が掲載されているというレイアウトになっています。長文はそれほど難しい構文など...続きを読む

システム英単語Basic

『システム英単語Basic』は、大学受験の英単語集として人気がある「システム英単語」の基礎編です。高校英語からセンター試験レベルの基本的なレベルまでの英単語がコンパクトに収録されています。これから大学受...続きを読む

英語長文レベル別問題集 3 標準編

今回ご紹介する『英語長文レベル別問題集 3 標準編』は、同シリーズで6冊出ている中で下から3冊目の難易度にあたる教材です。扱われている長文読解のレベルとしては高校入試より少し難しい程度から、センター試験...続きを読む

英文読解入門基本はここだ!

『英文読解入門基本はここだ!』は、英文の読解や和訳が苦手な人におすすめの一冊です。 この参考書では、短い英文を和訳することを通じて、英文を正しい日本語になおすための考え方が解説されています。掲載され...続きを読む

大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編

今回紹介する『大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編』は、英単語と英文法を一通り終えた後、長文の学習に移っていくのに不安がある人にもおすすめの参考書です。解説が1文1文についているだけでなく、カラ...続きを読む
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。