参考書詳細・使い方・勉強法 英語

やっておきたい英語長文300

科目 英語
出版社 河合出版
目的 英語長文読解の基礎固め
対象者 日大、センター試験レベルの長文読解の実力をつけたい人
難易度 日大、センター試験レベル
分量 長文30題収録
使用期間 高3夏休み~過去問演習前まで
ジャンル 英語長文問題集

・オススメポイント
 300語レベルの長文問題が、解き方や正解の根拠まで含めて学べる
・注意点
 浅いやり方で解くのはNG。きちんと正答の根拠を説明できるようにすること

センターや偏差値50前後の私立対策のための長文問題集

『やっておきたい英語長文300』はセンター試験や日大をはじめとする偏差値50前後の私立大学の英語長文問題対策向けの問題集です。30題の英語長文が掲載されていて、それぞれの問題に対して解き方の解説がついているという構成の教材です。

問題文の全訳はついていますが、全ての文章について詳しくSVOCが解説されているわけではありません。そのため英語長文対策のテキストとしては一冊目というよりも二冊目に取り組むための教材という位置づけになっています。なお「やっておきたい」シリーズはこの本を含めて4冊出ていて、他に500、700、1000というバージョンがあります。今回紹介する300はその中でも一番簡単なレベルのもので一つにつき300語ほどの分量の英語長文が問題として掲載されています。

この1冊に取り組む前にやっておきたい問題集

英語長文読解の問題集の一冊目としてはお勧めしません。というのも、この問題集は解説に書いてある内容を学ぶというよりは、学んだ内容を活用して問題を解く方法を実践するアウトプット型の問題集だからです。では一冊目としておすすめの本は何かというと、安河内哲也先生の『英語長文レベル別問題集』の4です。この教材はSVOCなどの解説文問題を解くために必要な知識が学べるインプット型の問題集です。

単語や熟語文法が一通り終わって、日大やセンターレベルの長文演習に取り掛かる際、まずは一冊目にレベル別問題集の4をやって、その次の演習として「やっておきたい300」に取り組むという順番で学習を進めましょう。なお、この教材が終わった後におすすめなのは、 安河内先生の『大学入試英語長文ハイパートレーニング』 のレベル2です。こちらもインプット型の問題集となっています。やっておきたい300はアウトプット型の問題で他の2冊と比べると解説が少しだけ薄いので取り組みにくい人もいるかもしれません。

問題演習量が足りないと後々伸び悩むので、30題きっちりと取り組んだ方が良いです。1日2題のペースで解いていけば2週間強で終えることが可能なので、計画的に取り組んでいってください。

解けない場合は「単語力」に問題あり?

いざこの教材に取り組もうとしても全然歯が立たないという場合があります。そういう時ほとんどの場合原因となっているのは単語力の不足です。 受験英語の単語対策におすすめの教材『システム英単語』の2章まで覚えているとだいたいセンター試験レベルの単語はカバーできているのですが、ここまでの知識が曖昧だとやっておきたい300の英語長文の読解は難しいです。英語に限らずどの科目も、解けない問題があるときはだいたいその前提となっている知識が足りていないことが原因なので、 そういう場合は一旦前の段階に戻って必要な知識をきちんと固めてから取り組むようにしましょう。

なおセンター試験レベルの単語が覚えられている場合でも、分からない単語というのはどうしても出てきます。そういう時に単語集の難しい章を新たにインプットするか、それとも長文の中で出てきた単語をその都度ルーズリーフなどに書き出して覚えるかは迷うところだと思います。おすすめなのは後者の方法で、長文の中で出てきた英単語をひとつひとつ押さえていく方が効率が良いです。

ただ解くだけではNG!解き方の注意点

この教材を解き進めるにあたって注意点が一つ。それはただ漫然ととくだけでは長文読解で得点する力はなかなか身につかないということです。正しい勉強法で進めていかないと英語長文を解くために必要な考え方を習得することはできません。

解き方のポイントとなるのは、各設問についてなぜその答えになるのか自分なりに説明できる状態まで理解することです。全訳が一通りできる程度の理解にとどまっていると、少し物足りません。そうではなくて、例えば内容選択の問題であれば解答の根拠となる文章はどのあたりにあるのかだったり、下線部訳の問題であれば文の構造を丁寧に把握するといった考え方が重要です。解答の根拠を自信を持って説明できるレベルがこの問題集の目指すべき到達点なので、必ず解説を読んで理解し自分の言葉で説明できるようにしましょう。

なおこの教材の解説にはどちらかと言うと文の構造や訳の解説よりも、英語長文問題を解くためにどんな考え方をすれば良いかの解説が多いです。問題を解くためにポイントとなる考え方が習得できる実践的な問題集ですので、しっかりと取り組んで未読の問題にも対応できる力を養ってください。

まとめ

「やっておきたい300」は英語長文の良問が30題とたっぷり含まれている実践的な問題集です。 単語や文法の基礎知識が固まってある程度和訳ができ、1冊目の問題集としておすすめの「レベル別」が解き終わった後に取り組むことでさらなる実力アップが期待できます。センター試験や日大をはじめとする偏差値50レベルの私大の英語長文を解く実力を身につけたいならその名の通り「やっておきたい」問題集です。

なお最初に取り組んだ時は少し難しいなと思うぐらいがちょうど良いです。頑張っては解けるくらいの難易度で演習を積むことで未読問題でも点を取る実力が身につきます。今回紹介した勉強法で、解答の根拠まで含めてしっかりと説明できるレベルでやり込んでください。

関連記事

やっておきたい英語長文1000

『やっておきたい英語長文1000』は早慶レベルの英語長文問題対策向けの問題集です。難易度としては、『やっておきたい英語長文700』とそこまで変わりはありませんが、文章のワード数が1000まで増えた長文問題集が...続きを読む

速読英熟語

『速読英熟語』は、大学入試の英熟語暗記に最適な一冊です。掲載されている熟語を含む長文が載っていて、次のページに熟語の意味が掲載されているというレイアウトになっています。長文はそれほど難しい構文など...続きを読む

システム英単語Basic

『システム英単語Basic』は、大学受験の英単語集として人気がある「システム英単語」の基礎編です。高校英語からセンター試験レベルの基本的なレベルまでの英単語がコンパクトに収録されています。これから大学受...続きを読む

英語長文レベル別問題集 3 標準編

今回ご紹介する『英語長文レベル別問題集 3 標準編』は、同シリーズで6冊出ている中で下から3冊目の難易度にあたる教材です。扱われている長文読解のレベルとしては高校入試より少し難しい程度から、センター試験...続きを読む

英文読解入門基本はここだ!

『英文読解入門基本はここだ!』は、英文の読解や和訳が苦手な人におすすめの一冊です。 この参考書では、短い英文を和訳することを通じて、英文を正しい日本語になおすための考え方が解説されています。掲載され...続きを読む

大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編

今回紹介する『大岩のいちばんはじめの英文法 英語長文編』は、英単語と英文法を一通り終えた後、長文の学習に移っていくのに不安がある人にもおすすめの参考書です。解説が1文1文についているだけでなく、カラ...続きを読む
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。