参考書詳細・使い方・勉強法 生物

理系標準問題集生物

参考書の評価

生物といえば、生物で使っている人がかなり多い生物の参考書になります。

問題量

少し標準よりは多い分量になっていますので、これをしっかりやっておけば網羅度は高いと思います。

難易度

基礎ではなく、そこそこ一般入試の一般レベル、標準レベルの問題で、MARCHや地方国公立のレベルになります。国公立を目指している、記述の多い大学を目指しているという場合はおすすめです。

解説のわかりやすさ

生物の基礎を終えた人がやる教材になるので標準的な解説ですが、実力者がしっかりやれば理解できるかなという内容になっています。

レイアウト

レイアウトも一般的です。

データ

教科

生物

出版社名

駿台文庫

問題数
1日の量
1週間の量
目標突破日数

関連記事

  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。