参考書詳細・使い方・勉強法 生物
逆転合格.com|大学受験勉強法,参考書,大学別攻略情報オススメ生物の参考書24選宇宙一わかりやすい高校生物|生物基礎が分かりやすく学べる参考書

宇宙一わかりやすい高校生物|生物基礎が分かりやすく学べる参考書

科目 生物基礎
出版社 学研プラス
目的 生物基礎の基本学習
対象者 生物基礎の初学者
難易度 基本レベル
分量 432ページ
使用期間 高三 夏休みごろまで
ジャンル 生物基礎参考書

・具体的なオススメポイント
 イラストが豊富で生物基礎を分かりやすく学べる
・注意点
 網羅性はそれほど高くないため、別の教材や問題集にも取り組むこと

イラストが豊富で生物基礎が分かりやすく学べる参考書『宇宙一わかりやすい高校生物』

今回ご紹介する『宇宙一わかりやすい高校生物』は、生物基礎の内容が分かりやすく学べる参考書です。教科書や授業の内容を聞いても今ひとつ理解できなかったという人でも、豊富なイラストや使いを使ってスムーズに理解していくことができます。

なおタイトルには「高校生物」と書かれていますが、『宇宙一わかりやすい高校生物』で扱われている内容は生物基礎の範囲のみです。生物に関しては、まだ同じシリーズから教材が出版されていないため注意してください。センター試験で生物基礎のみを利用する人などは、この教材を使って学習を進めていくことも可能です。

今回はそんな『宇宙一わかりやすい高校生物』について、詳しい内容や、生物基礎の他の教材との比較情報についてご紹介します。これから生物基礎の学習を始めようとしている方は是非参考にしてください。

見開きページの半分が図解やイラストでイメージがわきやすく、初学者でも取り組みやすい

『宇宙一わかりやすい高校生物』の最大の特徴は、イラストやイメージが豊富に使われていることです。表紙のイラストから分かるように、可愛いキャラクターが随所に散りばめられたデザインとなっています。

一見すると絵本の表紙のような印象なので簡単すぎると思われがちですが、著者は東大に合格していて、自分自身の学習ノウハウを豊富に盛り込んでこの本を作っているため、基本をおさえるには十分な知識量が詰まっている教材です。勉強が苦手な人や、生物基礎に苦手意識がある人でも分かりやすく学習を進められるようにレイアウトや中身が工夫されています。生物基礎で登場する重要な用語や考え方は、文字だけを読んで勉強しても理解が難しいものが多いです。

その点、『宇宙一わかりやすい高校生物』では複雑な内容を簡単にイラスト化して説明してくれているので、直感的に理解していくことができます。見開きの左側は解説、右側はその内容をイラスト化した図解ページになっているのが特徴です。ページ数が多く見えますが、実際にはイラストが豊富なため見た目よりもスムーズに学習を進めていくことができます。

教科書的な固いレイアウトの教材と比べて文字の分量が多くなっていますが、その文解説が丁寧にわかりやすくなっているのがポイントです。初めて生物基礎を学習する人でも無理なく取り組むことが可能です。

別冊の確認問題を使って覚えた知識のチェックも可能

生物基礎では、必要最低限の知識を身につけた後、その知識を使って具体的に問題を解く練習が大切になってきます。『宇宙一わかりやすい高校生物』には別冊の付録として、各単元の重要事項を覚えているかどうかチェックできる確認問題集がついているのが特徴です。

単に解説を読んで理解したつもりになっているだけだと、しっかりと覚えられていない部分が知識の穴になってしまいますが、『宇宙一わかりやすい高校生物』の別冊問題集を使って単元ごとにチェックをしていくことで、生物基礎の基本事項をしっかりと固めていくことができます。

一つ一つの単元を覚えて行くごとに、別冊の問題集を使って知識を整理していくようにしましょう。なお、『宇宙一わかりやすい高校生物』に掲載されている問題や知識を一通りマスターできたら、別のより難しい問題集やセンター試験の過去問などに取り組むようにしてください。覚えた基本知識を活用して問題を解くことで、様々な形式の問題が解けるようになります。

生物基礎の似たような他の教材と比べると分かりやすい点がおすすめ

生物基礎の入試向け参考書としては、いくつかの教材が出版されています。その中でも、『宇宙一わかりやすい高校生物』はイラストや文章の丁寧さなどの点で、他の教材よりも分かりやすいのがおすすめできるポイントです。

教科書よりも解説が丁寧な教材には『これでわかる生物基礎』などがありますが、こちらは『宇宙一わかりやすい高校生物』と比較するとイラストなどが少ないため、勉強に苦手意識がある人には取り組みづらいと言えます。

また、『大森徹の最強講義 117講 生物』や『田部の生物Ⅰをはじめからていねいに』などの教材と比較すると、『宇宙一わかりやすい高校生物』の方が難易度が低いのが特徴です。生物基礎が苦手な人や時間的にあまり余裕がない人は、まず『宇宙一わかりやすい高校生物』で一通りの知識をおさえた後、より網羅性の高い参考書や問題演習を積み重ねて完成度を上げていくようにしてください。

まとめ

今回は、生物基礎の基本的な知識が分かりやすく学べる『宇宙一わかりやすい高校生物』についてご紹介しました。この教材は、わかりやすい文章や豊富なイラストによる解説で、生物基礎をはじめて勉強する人でも無理なく学習が進められる参考書です。生物基礎で覚えておきたい必要最低限の知識を分かりやすく学びたい人には『宇宙一わかりやすい高校生物』をおすすめします。

なお、タイトルは生物となっていますが扱われている内容は生物基礎のみとなっているので注意してください。また、他の生物基礎の教材と比べると網羅性が低いため、この一冊がマスターできた後はより難易度の高い問題集に取り組むことをおすすめします。解説のわかりやすさやイラストの豊富さを重視する方は、『宇宙一わかりやすい高校生物』を使って生物基礎の基本を押さえていきましょう。

関連記事

記事カテゴリー一覧

逆転合格を続出させる武田塾の勉強法を大公開!
志望校決定から入試当日までこの順番で勉強して、合格を勝ち取ろう!

  • 1.大学の偏差値・入試科目を知ろう!
  • 2.大学別の傾向と対策を知ろう!
  • 3.教科ごとの勉強法を知ろう!
  • 4.各教科、どんな参考書を
    使えばいいかを知ろう!
  • 5.参考書ごとの使い方を知ろう!
  • 逆転合格.com

    本サイトでは志望大学の受験・入試への勉強法・選ぶべき参考書の情報を本サイトで惜しみなく公開しています。
    武田塾の生徒は正しい勉強法を知り、大学受験の勉強計画を立てて進めていくことで 飛躍的に成績が上がり、逆転合格を果たしていきます。
    勉強計画の立て方(基準・期間別・難易度)と 注意点、大学ごとの攻略法など大学受験についての全てをまとめてありますので、ぜひご活用ください。