英文解釈の参考書と大まかな使い方

①英文読解入門 基本はここだ
大学入試レベルの英文がほとんど読めない人向けの英文解釈の参考書。英文を訳したことがなかったり、センターの文章をほぼ読めないという人はやっておきたい。
解釈の本ではあるが構文についての参考書ではないので、構文の勉強をしたい場合はこれ以降の参考書で習得していく。
使用した人はすべての文章をすらすら訳せるようになっていることが望ましい。
 
②入門英文解釈の技術70
本格的に構文を使用して英文解釈をしていくうえで最初にやる参考書。
問題文を長文から抜き出していることもあり、かなり意訳になっているので同じ訳にするのは非常に難しいのでその必要はない。
自分で訳す際には直訳で訳しておこう。ただ訳が当たるだけでなく、なぜその訳になるのかとSVOCなどがしっかり振れているかは確認しておく。
 
③速読英熟語
長文の部分を使用する。自力でSVOCを取る練習をしておく。
解説自体はこの参考書にはないが、武田塾が作ったSVOCを振った解答例があるので、こちらをもとに採点を行う。
速読英熟語では、熟語と構文にそれぞれ色がついているので、英文解釈の本で習った内容がどのように出てくるのかを確認ができる。
この参考書に掲載されているの50文を手早く、完璧に訳せるようになることが英文解釈の基礎の終了の大きな目安となる。
 
④ポレポレ英文読解プロセス50
早慶レベルの文章で心が折れないために難しい英文に挑んでおくための参考書。
すべての文章の難易度が高いが、特にライオンマークは難易度が非常に高い。
何周かこなした程度では使いこなせないので、完璧になるまでは毎週1回確認するくらいはやっておいたほうがよい。
リンガメタリカの長文とこの参考書が読めるようになっていれば、大抵の英文は読むことに関しては怖くない。
 

英文解釈の勉強法

英文解釈は基礎知識の集大成であり、長文に入るための最終準備である。
難しい文章であれ、短い一文であればちゃんと訳せるということが目標となるので、単語、熟語、文法などの知識の不足により読めないのであれば、これまでの参考書に戻り復習をしていく。
英文解釈の参考書の目標は「文構造などをはっきりさせて直訳する」ということである。
なんとなく訳すということを続けていては、訳としては合っていても減点されるような解答であったり、雰囲気だけ合っていて実際は意味がずれている解答を書いてしまう可能性が高くなる。
英文の読み方のルールをしっかり覚え、減点のされない訳を書けるようになることを心がけよう。
長文に入ってからは、すべての文章で文構造をはっきりさせていく必要はないが、練習の際にはできるだけやっておいて、いざという時に訳せるようにしておく。
国語が得意な受験生であれば、文構造などを一切学ばなくても訳せるケースもあるが、その訳し方の場合は記述で書いてみると減点される可能性が高いうえ、長文の単語を適切な品詞に変えて代入する問題などに対応できない可能性が高い。
入試の問題が解けるように解釈し、訳すことを意識して学習していくことを心がけよう。
 

勉強がうまくいかない場合の勉強法チェック

①基礎知識がちゃんと入っているか
勉強法でも書いたが、英文解釈は基礎知識である単語、熟語、文法を覚えている必要がある。
これができていない状態で英部解釈をやったとしても、ただの暗記になる可能性が高い。
また、知識が入っていてもそれを使って訳すことを考えていないと、使えない覚え方になっている場合もありうるので、英文解釈の問題集をこなしながら基礎の参考書の復習を行っていこう。
 
②訳の暗記になっていないか
英文解釈を訳せればいいと思っているとこのやり方になりやすい。
訳は覚えているものの、なぜそうなるかは説明できず、自力で構文を振ったり、訳すことができないというのでは、難しい文章にあたった時に読むことは非常に難しい。
英文解釈はなぜその訳になるのかを説明できるようにしたうえで、訳すことができる必要があり、決して例文暗記ではないことを意識しよう。
 
③意訳をしようとしていないか
例文暗記に近いが、英文解釈を自力でやると解答の訳と違いすぎて悩むというケースがこれである。
英文解釈の参考書は、長文から切り取っている文章も多いため、自力で訳した場合、周りの文章がないと訳が一致しないことは少なくない。
意訳と一致しないと気になる気持ちはわかるが、それ自体が訳を覚えることに向いている可能性が高い。
あくまでも構文を振っただけで直訳した場合は、意訳と一致することはほぼないので、あせらず構文を取ることをしっかり行っていこう。
 

その他

基礎英文解釈の技術100(248頁+演習問題・解説・解答64頁)
ロングセラー『基礎英文解釈の技術100』の改訂版登場。
入試基礎レベルの文法を復習しながら、入試英文を読み解くために重要な100のテクニックが集中的に学習し、難関大レベルの英文を読み解く力を養成します。
入試頻出の複雑な構造の英文を図解で示し、理解をサポート。今回の改訂では、例題英文のCDを新たに付けています。
 
ビジュアル英文解釈(282ページ、駿台文庫)
講義が見える、英語が見える新感覚の参考書。
長年の講義のエッセンスを再現した、英文を基礎の基礎から系統的に学べる、英文解釈参考書の極み。
 
坂本英知の英文読解が面白いほどわかる本(264ページ、中経出版)
独力で英文読解ができるようになる本! 文法が苦手な人にもオススメ!
英文読解は、自宅で一人でとりくむのは辛いものです。
文の構造がわからなかったり、単語がわからず、辞書をひいたりで
集中力がなくなり途中であきたり、眠くなったりしたことはありませんか?
坂本先生のご本は、
1.問題文の基本英単語の意味をリストアップ
2.問題文の全文の構造をSVC等で解説
3.問題文の全文に直訳と意訳あり
→直訳で構造に即した内容を把握
→意訳でぎこちない訳文から卒業できる!
と親切で丁寧な解説ですから、いちいち辞書を引いたり、文の構造がわからず悩んだりすることはありません。
問題は、国公立大学・私立大学の出題問題を精選し、レベルは中堅から難関大学までを網羅。
一人で基礎力、実践力をつけるのにぴったりな一冊です。
また、本文では、文法についても「Point」できっちり解説!
別冊付録「重要文法事項100選」は、あやふやな文法事項の確認にうってつけ!
文法に自信がない人にも、オススメの1冊です!
 
英文読解の透視図(236ページ、研究社)
英文をきちんと読むために必要な、文の構造をしっかり押さえ、そのうえで文を複雑にしていく要素を見きわめる方法を示す。

●英単語~英文解釈まで、英語の参考書 情報一覧

<日大 合格レベル>

第一段階
単語システム英単語 [改訂新版]
熟語 速読英熟語 
文法 総合英語 Forest(フォレスト) 6th edition
文法 Next Stage -ネクステージ- 英文法・語法問題 3rd edition
構文入門英文解釈の技術70
構文速読英熟語(SVOC振り)
長文英語長文レベル別問題集4
長文 大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル2 センターレベル編 新装版
長文 やっておきたい英語長文300
シャドーイング 速読英熟語
  • 速読英熟語 |英語

       

      <MARCH 合格レベル>

      第二段階
      単語 システム英単語 [改訂新版]
      文法 英文法ファイナル問題集標準編
      長文 毎年出る頻出英語長文
      長文やっておきたい英語長文500
      シャドーイング 速読英熟語
      • 英語長文レベル別問題集5 上級編|英語
      • やっておきたい英語長文500|英語
       
      • 速読英熟語 |英語

      <早慶レベル>

      第三段階
      単語話題別英単語リンガメタリカ
      構文ポレポレ英文読解プロセス50
      文法 英文法ファイナル問題集難関大編
      文法 スーパー講義 英文法・語法 正誤問題 改訂版
      長文大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル3 難関編 新装版
      長文やっておきたい英語長文700
      シャドーイング速読英熟語
      • ポレポレ英文読解プロセス50|英語
      • 大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル3 難関編 新装版|英語
      • やっておきたい英語長文1000|英語
      • やっておきたい英語長文300|英語
      • やっておきたい英語長文500|英語
      • 速読英熟語 |英語

       

      ★★★★★英文解釈 参考書 情報★★★★★

      ●基礎英文解釈の技術100

      ロングセラー『基礎英文解釈の技術100』の改訂版登場。入試基礎レベルの文法を復習しながら、入試英文を読み解くために重要な100のテクニックが集中 的に学習し、難関大レベルの英文を読み解く力を養成します。入試頻出の複雑な構造の英文を図解で示し、理解をサポート。今回の改訂では、例題英文のCDを 新たに付けています。

      ●ポレポレ英文読解プロセス50

      従来の参考書とは一味違う、「なぜそうなるかのプロセス」を重視した問題演習書。読解に絶対必要な基本プロセスが身につく。

      ●ビジュアル英文解釈

      講義が見える、英語が見える新感覚の参考書。長年の講義のエッセンスを再現した、英文を基礎の基礎から系統的に学べる、英文解釈参考書の極み。

      ●英文読解の透視図

      英文をきちんと読むために必要な、文の構造をしっかり押さえ、そのうえで文を複雑にしていく要素を見きわめる方法を示す英文解釈の参考書。

      ●坂本英知の英文読解が面白いほどわかる本

      独学で英文解釈ができるようになる!問題は、国公立大学・私立大学の出題問題を精選し、レベルは中堅から難関大学までを網羅。一人で基礎力、実践力をつけるのにぴったりな一冊。

      ————————————————–

      <日大 合格レベル>

      第一段階
      単語システム英単語 [改訂新版]
      熟語 速読英熟語 
      文法 総合英語 Forest(フォレスト) 6th edition
      文法 Next Stage -ネクステージ- 英文法・語法問題 3rd edition
      構文 基礎英文解釈の技術100
      長文 大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル2 センターレベル編 新装版
      長文 やっておきたい英語長文300
      シャドーイング 速読英熟語
      • 速読英熟語 |英語

           

          <MARCH 合格レベル>

          第二段階
          単語 システム英単語 [改訂新版]
          長文 英語長文 レベル別問題集(5) 上級編(また東進衛星予備校の安河内先生!)
          長文 やっておきたい英語長文500
          シャドーイング 速読英熟語
          • 英語長文レベル別問題集5 上級編|英語
          • やっておきたい英語長文500|英語
           
          • 速読英熟語 |英語

          <慶應義塾大学レベル>

          第三段階
          単語話題別英単語リンガメタリカ
          構文ポレポレ英文読解プロセス50
          長文大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル3 難関編 新装版
          長文大学入試 よく出るテーマ 読み解き 英語長文 500
          長文やっておきたい英語長文1000
          要約英文解釈要約精講
          長文Top Grade 難関大突破 英語長文問題精選
          長文英語長文ハイパートレーニング レベル2 センターレベル編 新装版 ※速読練習用
          長文やっておきたい英語長文300 ※速読練習用
          長文やっておきたい英語長文500 ※速読練習用
          シャドーイング速読英熟語
          • ポレポレ英文読解プロセス50|英語
          • 大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル3 難関編 新装版|英語
          • やっておきたい英語長文1000|英語
          • やっておきたい英語長文300|英語
          • やっておきたい英語長文500|英語
          • 速読英熟語 |英語

          今日は、早稲田大学政治経済学部の英語攻略に向けて、
          なんの参考書をどのスピードでやっていけばいいのかまとめています。

          <日大 合格レベル>

          第一段階
          単語 システム英単語 [改訂新版](駿台の自信作!)
          熟語 速読英熟語(Z会のおすすめ!)
          文法 総合英語 Forest(フォレスト) 6th edition
          文法 Next Stage -ネクステージ- 英文法・語法問題 3rd edition
          文法 “毎年出る” 頻出 センター試験 英文法・語法
          構文 基礎英文解釈の技術100
          長文 大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル2 センターレベル編 新装版
          (さすがに東進衛星予備校の安河内先生!)
          長文 やっておきたい英語長文300(河合塾生の定番!)
          シャドーイング 速読英熟語
          • システム英単語 Basic [改訂新版]|英語
          • 速読英熟語 |英語

               

              <MARCH 合格レベル>

              第二段階
              単語 システム英単語 [改訂新版]
              文法全解説 実力判定 英文法ファイナル問題集 標準編
              長文英語長文 レベル別問題集(5) 上級編(また東進衛星予備校の安河内先生!)
              長文毎年出る“頻出”英語長文
              長文やっておきたい英語長文500(再び河合塾生の定番!)
              シャドーイング 速読英熟語
              • 英語長文レベル別問題集5 上級編|英語
              • やっておきたい英語長文500|英語
               
              • 速読英熟語 |英語
               
               

              <早稲田大学 最低限レベル>

              第三段階
              単語 システム英単語 [改訂新版]
              文法全解説 実力判定 英文法ファイナル問題集 難関大学編
              構文 ポレポレ英文読解プロセス50(代ゼミの筆頭 西きょうじ先生の名著!)
              長文大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル3 難関編 新装版
               (またまたまた東進の安河内先生!)
              長文大学入試 よく出るテーマ 読み解き 英語長文 500
              長文やっておきたい英語長文700(ダメ押しで河合塾生の大定番!)
              長文大学入試 よく出るテーマ 読み解き 英語長文 800 
              シャドーイング 速読英熟語
              • 英文法ファイナル問題集 難関大編|英語
              • ポレポレ英文読解プロセス50|英語
              • 大学入試 英語長文 ハイパートレーニング レベル3 難関編 新装版|英語
              • やっておきたい英語長文700|英語
              • 読み解き英語長文800|英語
              • 速読英熟語 |英語

              ここから、さらに各学部に向けて分野別対策を行っていきます。

               

              相談メール

              名前

              上智ラブ夫

              志望校

              1上智大学イスパニア語学科
              2東京外国語大学スペイン語学科(後期日程のみ)
              3早稲田大学国際教養学部

              出身校

              埼玉の偏差値58の公立高校でした。
              東大早慶0、明治10人程度です。

              学年・予備校情報

              浪人一年目(二年目はありません!)
              宅浪しています。
              現役から予備校には通っていません、予備校は嫌いです。

              現役時の失敗点
              【僕についてw】
              外語が好きだ!上智で外語を学びたい!との思いから偏差値、ブランド関係なく純粋に上智を愛し、高2の冬から勉強を始めたものの、模試は最高でD判定、それでも関係なく、上智・3学科のみ受験し、敗退…w
              他は受けていないので浪人。
              根本からやり直し中です。

              受験科目。英語・国語・日本史。
              反省としては、現役中は先に先にと急ぎすぎました。

              模試情報

              浪人してからはまだ受けていません。5月31日の駿台記述が初戦です。(じゃあ、その後にメールしろよ、と思われますが、早くメールがしたかったんです!)

              現役最後の模試の、代ゼミ早大プレ(11月)
              英語…50
              国語…46
              日本史48

              偏差値ですw汗汗w

              センターは受けなかったんです…汗汗汗

              参考書

              浪人が決まり、3月から使い始めた、使っている参考書を挙げさせていただきます(英語のみ)。

              ・フォレスト…毎日3章ずつ朝に熟読していました。
              ・ネクステ。(間違いが0になるまでやりました)
              ・Z会文法語法のトレーニング、演習編…5周やり、9割以上は覚えました(今はやっていませんが、また後で確認のためやります)
              ・全解説文法語法1000(桐原)
              Z会がマンネリ化したため今1周目をやっています。
              ・解釈100の技術…これは現役中に4周ほどしてそれなりに覚えたつもりでした、つもりでした。 必死こいてやり直しました。
              ・ポレポレ…1周目はじっくり読み込んで、2、3周目はノートに訳を書いて構文もコピーした紙に書き込みながらやっています。
              ・やっておきたい長文700…最近始めました。 コピーして、今はゆっくりと理解しながら読んでいます。
              ・OSP…浪人らしく、買ってしまいました。買ったからには全てをものにします。 今1周おわりそうなところです。(これはやはり理解するまで繰り返すべきですよね?)
              ・英作文のトレーニング(入門編)(Z会)…1周しっかりやりこみ、どうしようか迷っています

              以下は単熟語
              ・単語王…上智を志し一番最初に買った参考書です。 9割以上覚えました。
              ・速単、必修/上級 ともに暇なときに5個位音読しています。
              ・最強の英単語9000…今はこれをベースに単語を寝る前ちょちょっとやっています。
              ・解体英熟語(カードのみ)
              7個にわけて、1日1個ぱぱっとやっています。

              あとは、ペースメーカーとしてZ会の通信教育を始めました。

              一日の平均学習時間

              英語…5時間
              国語…2時間
              日本史…3時間

              相談内容

              【英語の偏差値を上げるには?】
              僕は英語が好きです。得意じゃないんです、好きなんです。
              今の目標は、夏の記述模試で偏差値70を超えることです。

              夏までに基礎を完璧にして、かつ演習も行い、土台を作ったうえで、『思考訓練の場としての英文解釈』を7月後半~9月頭にかけて、過去問とへいこうしてやろうかと思っていますが、どうでしょうか?

              お返事

              【お返事】

              どもども。テンション高めなメールありがとう。
              こういうメールだと、ブログへの紹介のし甲斐もありますので、関係ない話がたくさん書いてあるメールのほうが嬉しいです。
              状況も詳しく書いてくれていい感じですね。

              まず、書かれている偏差値が早大プレなので、ちょっと判断しづらいですが、思うところを書かせていただきます。
              厳しいかもしれませんが、覚悟してくださいね。

              ずばり、上智ラブ夫くんはこのままだったら上智どころか、MARCHも受からないと思います。
              私はメールを見たらだいたい受かりそうな生徒か、受からなそうな生徒か分かるのですが、上智ラブ夫くんのメールには受からなさそうな要素がたくさんあります。

              箇条書きで、まず受からなさそうな要素をあげていきます。

              1.英語が好きなのに偏差値が低い。自己満に終わってないか?

              好きなのに得意ではないということは、英語を勉強しているのに方法が間違っていたり、好きなものしかやっておらず、伸びる方法を取っていないということです。せっかく好きなのにもったいないです。自己満で終わるのはもったいないですよ。

              2.参考書・教材のレベルが合っていない。無駄が多い。

              全体的に教材のレベルが合っていませんし、無駄も多いです。英文解釈の参考書をやりすぎていたり、文法の問題集を2冊やったり、戦略なく、好きな勉強をしているのが手に取るようにわかります。
              きっと英文解釈の勉強が好きなんだろうなあと思います。
              たしかに英文解釈は楽しいですし、勉強している気になりますが、英文解釈と読解の両輪によって偏差値が上がることを知りましょう。

              3.長文の演習量が足りなすぎる。

              両輪のもう片方の参考書の量が少ないし、レベルも合っていません。まずいですよ。

              4.難しいもの、すごそうなものが好き。

              この偏差値でやっておきたい700、ポレポレ、英文解釈100の技術、速単上級、Z会、OSPなんてありえないですし、さらには1ヵ月後には、『思考訓練の場としての英文解釈』をやりたいだなんて…正直、ありえないです。偏差値が伸びないのは確実だと思います。

              5.日本史の偏差値が低い=暗記の方法・復習の方法が確立していない

              社会ができていないということは暗記方法が確立していませんから、英語の基礎を固めるのも今のままでは不可能でしょう。

              6.上智しか受けていない。センターや模試の数が少ない。→現実逃避の傾向あり

              上智を愛するのはいいですが、もっと現実を見ましょう。

              7.「反省としては、現役中は先に先にと急ぎすぎました。」と書いてあるのに、今年の方針に活かされてない。

              反省しているなら、今年に活かしてください。このメールを見る限り、反省は全く活かされず、同じ過ちを繰り返すことしか予想できません。

              これらがメールを読んで、受からなさそうと思った理由です。
              武田塾の基本ルートを見てみてください。

               

              武田塾英語の最新基本ルートはこちら

               

              これこそが、「先を急がない着実なルート」です。上智ラブ夫くんのルートには第二段階~第五段階の参考書が見当たりません。
              第一段階の参考書を仕上げ、それからすぐ第六段階以降の参考書だらけになっています。

              そんなに飛ばしても偏差値は伸びませんし、すごそうな教材に手を出したからって偏差値は上がりません。

              レベルに合っているものを着実にこなす。それが最短距離なのです。

              自分の勉強方法をしっかりと見つめなおしてくださいね。

              大学受験の英語の勉強法はこちら→

              大学受験 勉強法 一覧

               

              相談メール

              名前

              桜木花道

              学年

              一浪

              志望大学

              早稲田商
              早稲田社学
              明治経営

              出身校のレベル

              東大1人 早稲田1人 慶應1人 明治10人

              【予備校情報、講座名】

              東進

              模試成績

              先月の河合マークで
              英語178
              日本史83
              国語87

              今まで学習した参考書・テキスト

              単語王

              文法語法のトレーニング戦略編

              基礎英文解釈技術100

              英文解釈技術100

              ポレポレ

              ネイティブスピーカーの前置詞

              解体英熟語

              解体英語構文
              中澤の英語長文徹底講義

              一日の勉強時間
              11時間

               

              相談内容

              【早慶の英文について】

              センター模試ではコンスタントに180近く取れるのですが早慶の過去問になると全然読めません。どうしたら早慶の過去問を読めるようになりますかね?

              今は単語熟語に文法語法のトレーニング演習編とポレポレの復習、マーチの過去問で中澤先生のパラグラフリーディングの練習をしています。

              自分なりに長文の読み込みがたりないから出来ないんだと思っているのですが正直読めるようになれるか不安です。

              また院試の単語をやろうか迷っています
              どう思いますか?ご忙しいと思いますが返信お願いします。

               

              お返事

              お返事遅れてすみません。さっそくお返事していきたいとおもいます。
              センターは180点取れる、でも早慶の長文は読めないということですが、まず、桜木君にやってほしいことは

              「どのレベルまでなら読めるか?」

              を確認してほしいです。

              私の印象と、武田塾の生徒の話を総合して、だいたいですが、

              日東駒専→明治学院→MARCH学習院→早稲田人間科学部/商学部/社会科学部/慶應商学部→早慶の看板学部

              の順番に難しいとおもいます。(年度、学部によって異なります。あと、基本的に法学部は難しい印象を受けます。)

              センターから早慶までにかなり間があります。どこから読めないのかをまず、知ってください。

              そして、読めないレベルがわかったら、それは武田塾の基本ルートのどの位置なのかを考え、そこからスタートしてください。

              例えば、明治学院は読めるがMARCHぐらいからなら読めないということになれば、参考書で勉強するならやっておきたい英語長文500、過去問でやるならMARCHの過去問を合格点が取れるようにしてください。それから、ポレポレをやり、早慶の簡単な学部からスタートしてみてください。

              パラグラフリーディングで確認しているんですね。

              適当に読まなくなるのでいいとおもいますが、読み込みが足りないのであれば、時間がかかって伸びるのが遅くなる気もするので、とりあえず方法論は後にして、とにかく読み、読めなかった部分を身につける方が早いとおもいますよ。

              あとは自分なりに読めない原因はなんだとおもいますか?

              ・基礎的な語句、知識がない
              ・難しい語句がわからない
              ・構文が取れない
              ・時間が足りない
              ・訳せるが解けない
              ・選択肢で間違える

              など、読めない原因はいろいろ考えられます。(もっとも可能性が高いのは演習量が足りない、間のレベルを埋めていないからだと私は思いますが。)当たり前の話ですが、読めない原因を突き止め、その対策をしてください。

              参考にしてくださいね。それでは。

              大学受験の英語の勉強法

              大学受験 勉強法 一覧

              予備校のペースで参考書を進めてみると・・・ 予備校のペースというのはいうならばこういうものです。

              ある生徒が英文法を学ぶために、英文法語法1000を購入しました。そして、次のように進めました。 月曜日に「1、時制」を解く。→6日間休む。→次の月曜に「2、態」を解く→10週間このペースで進み、 「10、副詞」までいったら、2ヶ月休む。→また月曜に「11、比較」を解く。→6日間休む→「12、名詞の語法」を解く・・・
              これが予備校と同じペースで参考書を解いた場合です。このペースをみて、みなさんはどう思うでしょうか? こんなにゆっくりとしたペースで問題集を解くひとはいるのでしょうか? 果たしてこんな方法で英文法は身につくのでしょうか? 高校1・2年生なら構わないかもしれません。 しかし、受験生がこんなペースで参考書を進めていたら絶対に間に合わなくなると思いませんか?

              参考書では絶対にやらないようなおかしなペースで進んでいくのが予備校なのです。

              ですから、自分でどんどん参考書を進めてしまったほうが絶対に早いのです。

              独学はカリキュラムの自由がきく!予備校のカリキュラムは非効率的だ!
              さて、独学の方が圧倒的にすすむペースが早いことがわかりました。 予備校が遅すぎるからなのですが、とにかく独学すれば予備校で8ヶ月かかるものが1ヶ月で終わります。 だから絶対に独学をしたほうがいいのです。できる生徒もできない生徒も独学したほうが圧倒的にうかりやすくなるのです。

              さらに独学のメリットはあります。

              それはカリキュラムが自由に組めることです。 これも予備校の授業の場合と比較して、独学の強みを考えていきましょう。

              予備校の英文解釈の授業

              予備校の英文解釈の授業の1学期のテキストは次のように出来ています。 1、主語の発見 2、仮定法 3、不定詞 4、動名詞 5、分詞 6、助動詞 7、関係詞 8、接続詞 9、比較 10、倒置

              この英文解釈のテキストも、英文解釈の参考書でやれば1ヶ月で終わるものを8ヶ月かけるという意味のわからないペースで進むのですが、 その問題点とは別に、大きな問題点がこの英文解釈カリキュラムには隠されています。 英文解釈というのは、簡単に言うと、下線部和訳の勉強です。下線部和訳というのは、正確に文の構造を捉え、 その文中の語句や文法事項を正確に捉える必要があります。 そのため、英文解釈は文法事項を既に知っているひとが勉強するべき段階であって、 英文解釈の授業で文法事項を知るというのでは学習の順序が逆になってしまうのです。 文法の授業で「仮定法」を習っていない生徒が、下線部の中に仮定法の表現に気付き、正確に訳すことができるのでしょうか? 英文解釈の授業で仮定法を知っても、なんの練習にもなりません。 英文法の授業のカリキュラムをもう一度みてみます。

              予備校の英文法のカリキュラム

              同じく、予備校の英文法の授業の1学期のテキストは次のように出来ています。 1、時制 2、受動態 3、助動詞 4、不定詞 5、動名詞 6、分詞 7、仮定法 8、関係詞(1) 9、関係詞(2) 10、動詞の語法(1) 11、動詞の語法(2) 12、形容詞の語法 13、副詞の語法 14、名詞の語法 15、代名詞 16、接続詞 17、前置詞 18、主語と動詞の一致 19、疑問詞 20、否定・省略・倒置

              英文解釈と英文法の授業のカリキュラムを見比べてもらえればお分かりかと思いますが、 英文解釈の授業で文法事項を扱うよりも、文法事項を習うほうが遅いのです。 仮定法がどんなものか習う前に、いきなり仮定法を含む文章を和訳させられるわけです。

              これは、非効率的な勉強だと思いませんか?

              野球でもサッカーでも、ルールを知ってから、試合に出ますよね。 英文法というのは英語のルールです。英文解釈というのはそのルールの中で正確に英文をどう捉えるかの勉強です。 予備校は試合に出てから、ルールを数週間遅れ、もしくは数ヶ月遅れでルールを教えるカリキュラムなのです。 どう考えても、先にルールを知ってから、試合に出たほうがいい。文法を習ってから英文解釈をしたほうがいいはずです。 予備校はそうさせてくれないのです。 いきなり実戦演習をさせるなんて、ほんとにできる生徒のことしか考えてくれてないのだなとつくづく感じます。 しかし、独学なら大丈夫です。 英文法の参考書を終えてから、英文解釈の参考書に入ることが可能です。 予備校が同時並行して8ヶ月かけて終わらせる2つの「文法」「英文解釈」という分野を、 4月に「文法」を終わらせ、その上で5月に「英文解釈」というように2ヶ月で、しかも理解しやすい順番で学ぶことができるのです。 独学はそういう意味で、非常に自由にカリキュラムが組めます。だからこそ、大逆転が可能なのです。 予備校は「英文法」「英文解釈」「標準英語長文」「難関英語長文」の講座が同時並行され、全て8ヶ月かけて進んでいきます。しかし、 独学なら 「英文法」→「英文解釈」→「標準英語長文」→「難関英語長文」と進み、約4ヶ月で範囲を終わらせることができます。 勉強しやすい順番で理解しやすく、なおかつ早いのが独学の強みです。 大学受験の英語の勉強法はこちら→ 大学受験 勉強法 一覧→

              【学年】高3生 神奈川県 県立高校
              【志望大学・志望学部】早稲田大学社会科学部
              【模試】10月の東進のセンター模試:英語138点
              【使用した参考書(英語のみ)】
              ・ターゲット1400
              ・ターゲット1900(二章まで)
              ・ネクステ3章まで
              ・英文解釈のトレーニング必修編
              ・ハイパートレーニング1,2,3
              ・本番で勝つ英文長文
              ・ダイアグラム基礎、標準

              【相談内容】
              数学と国語も偏差値50くらいで相当ヤバいですがとりあえず今回は英語の構文解釈について質問させてください。何冊か問題集をやっているのですがどうも下線部和訳がうまくできないです。やはり構文解釈が完璧にできていないからだと思います。夏休みに英文解釈のトレーニング必修編をやったのですが完璧だとは正直言えません。

              そこで急がば回れということで英文解釈の復習をしようと思うのですが、武田塾で薦めている英文解釈技術100をやるか英文解釈トレをもう一周しようか迷っています。
              どちらの方が効率的でしょうか?

              また英文解釈技術の場合はどの位の期間で終わらせられますか?教えてくださいお願いします。

              【お返事】
              はじめまして。早速お返事していきますね。

              この時期に下線部和訳ができないというのは少し心配ですね。うちの塾の生徒でも悩んでいる生徒もいますが、その悩みは「早慶レベルの文章だと和訳が難しい」という悩みなので、あなたの場合、基本的な和訳が現時点でできていないようなので心配です。

              まず、メールを見る限りだと、

              1.ターゲット2章まで、ネクステ3章までの復習
              2.英文解釈のトレーニング必修編の復習
              3.やっておきたい英語長文300

              の順番でこなして、それでもできない場合は

              4.英文和訳演習基礎編、中級編

              をやるといいでしょう。

              狙いは、
              1.基礎の徹底
              2.構文の復習
              3.簡単なレベルでのアウトプット
              4.アウトプットの追加
              です。

              和訳ができないということは、基礎がないか、構文の知識がないか、アウトプットが足りないかのどれかです。

              その対策のためのメニューを組んでみました。武田塾では1か月で構文解釈は終わります。上記のルートは1~3で1か月半、4は2週間で終えてほしいです。参考にしてくださいね。

              英文和訳に自信がついたら、武田塾の基本ルートを参考に進むといいでしょう。早くやっておきたい500ぐらいができるといいですね。

              がんばってください。

              【学年】高3生
              【志望大学・志望学科】青山学院大学経営学部

              【相談内容】
              今、英文解釈の参考書を買おうと思っているんですが、富田先生の英文読解の論理と解法は良いのでしょうか?それか、武田先生のオススメの英文解釈の参考書はありますか? ちなみに、英語の偏差値は62ぐらいです。

              ぜひ、ご回答お願いします。

              【お返事】
              こんにちは。明らかにこれは教科別勉強方法を読んでくれてない感じですね(笑)。

              教科別勉強方法という超重要な記事がトップページのメニューにあるので、是非読んでください。

              かなり参考になるはずです。

              私のお勧めの英文解釈の参考書は

              1.基礎英文解釈の技術100
              2.ポレポレ英文読解プロセス50
              3.ビジュアル英文解釈
              4.坂本英知の英文読解が面白いほどわかる本
              5.英文読解の透視図

              などです。それぞれの簡単な特徴を書いていきますね。

              1.基礎英文解釈の技術100

              →基礎的な構文解釈のポイントを平易な文章で網羅した英文解釈の参考書!

              2.ポレポレ英文読解プロセス50

              →早慶東大レベルの構文解釈のポイントを50個とちょうどいい感じの量まとめてくれている!

              3.ビジュアル英文解釈ⅠⅡ

              →語り口調で細かく知れる!基礎から応用まで一気にやるのでついていけるひとはどうぞ!

              4.坂本英知の英文読解が面白いほどわかる本

              →語り口調で見やすいレイアウト。この英文解釈の参考書も基礎から応用まで一気にやるので大丈夫な人はどうぞ!

              5.英文読解の透視図

              →京大向け!かなり難しいけど得られるものは大きい英文解釈の参考書!

              という感じです。参考にしてくださいね。

              ちなみに富田先生の英文解釈の参考書は好き嫌いがあり、私にはあまり合わなかった印象があります。富田先生の授業を受けてないと少しつらいかな?という感じはありますが、くらいついていったら得られるものは大きいと思います。
              上智の経営だったら、基礎解釈→長文読解でMARCHレベルまで読めるように→ポレポレ・即単上級→上智のレベルの英文解釈参考書・過去問へでいいような気がします。参考にしてくださいね。
              四谷もお茶の水からすぐなので、受かったら武田塾に遊びに来てくださいね。
              青学だったら1~2年生の間は遠いですね。3年生になったら遊びに来てください。

              【お名前】鉄板焼きさん
              【学年】一浪
              【志望校・志望学部】早稲田大学政治経済学部政治学科、慶應義塾大学法学部政治学科
              【出身校】早慶100人、MARCH150人(総計) ちなみに早慶といっても上位学部1、下位学部9くらいの割合です。
              【予備校】 代ゼミ単科 4講座
              【模試】 第一回全統マーク 英語66.3、日本史57.2、国語44.2

              【参考書】
              ・単語・文法
              単語王
              ソクラテス1088
              ネクステ(基礎を固めるために教科書として使用)
              語法1000
              即ゼミを演習用として使用していくつもりです。またいま英文解釈を実践で使えるようにするためにやっておきたい300でアウトプットしています。
              ・英文解釈の参考書
              入門基礎英文解釈70(2月ごろに使用)
              基礎英文解釈100(3月に使用)
              英文解釈100(4月に使用)
              読解の原則100(5月に使用、今はこれを軸にして読み込んでいます)
              ポレポレ(6月より演習用として使用)
              これから英文読解の透視図(演習として)と思考訓練をやるつもりです。
              ・国語
              キーワード300、代ゼミテキストの復習(笹井先生と漆原先生)
              ・日本史
              石川の実況中継を通読中
              【相談内容】
              英語の進め方が不安でしょうがないので無駄があればぜひ厳しい指摘お願いします!!
              具体的には、
              1、英語は試験中全訳をしていったほうがいいのでしょうか?今は該当箇所を探す読み方なのですが、内容一致に有効ではない気がするのですごく不安です。
              2、古典が半端なくできません。助動詞と敬語はきちんと覚えたんですがどうやって読解に活かすのか全くわかりません。
              【お返事】
              なかなかの進学校だし、勉強もしっかりやっているので、合格する可能性は十分あるでしょう。しかし、心配な点がいくつかあるのでアドバイスしておきますね。

              1.英文解釈やりすぎじゃない?笑

              タイトルの通りですが、英文解釈の参考書をやりすぎていると思います。
              今までやったもの、これからやろうとしている英文解釈の参考書をあげると

              入門基礎英文解釈70
              基礎英文解釈100
              英文解釈100
              読解の原則100
              ポレポレ
              英文読解の透視図
              思考訓練
              の7冊です。さすがにこれは多いと思います。
              レベルをおおまかに分けると
              基礎 入門基礎英文解釈70
              標準 基礎英文解釈100
              応用 英文解釈100 ポレポレ 英文読解の透視図 読解の原則100
              発展 思考訓練
              となり、応用はポレポレだけか、もしくはポレポレでは不安なら透視図をやれば十分だと思います。また、思考訓練はやらなくていい参考書ですし、この英文解釈の参考書をやるなら記述模試で75程度出してからやってほしいところです。

              そのくらいまでいけばやってもいいですが、偏差値60台とかでこんなのをやろうとしていたらもっと先に押さえるべき基礎があるでしょうと私は怒りたくなります。笑

              難しそうな、すごそうな英文解釈の参考書をやりたい気持ちもわかりますし、それに見合うだけの勉強をしているのもわかります。
              英文解釈の参考書を終わらせるペースから考えて、しっかりやっているんだなあとは思います。

              でも、受験は総合力ですからね。英文解釈の勉強は楽しいかもしれませんがそのために読解力が伸びなかったり、他の教科の伸びが悪くなれば落ちます。気をつけてくださいね。

              2.読解が足りない。解釈とのレベルが合わない。

              何度もブログでも書いてありますが、「解釈と読解」は英語の両輪であり、片方だけでは偏差値は上がりません。鉄板焼きさんはいま、英文解釈だけの車輪が大きくなり、もう片方の読解の車輪が小さいままで、非常にバランスの悪い状態になっています。

              やっておきたい300をやっているようですが、読解のレベルは標準レベルで、英文解釈は応用レベルまでどんどん進んでいます。
              もう応用の文章まで読めるのなら、300ではなく700もしくは少なくても500をやること。読解のレベルが標準なのに、無理に応用の英文解釈参考書をやっているなら、英文解釈の勉強をストップすべきです。
              もちろん、読解を追加し、たくさんの勉強時間を費やせばすべてをこなすことも可能だと思いますが、他の教科とのバランスを考えると得策ではないでしょう。

              思考訓練は当面やらず、ポレポレか透視図あたりを軸にし、あとは読解を大量に演習したほうが偏差値は伸びます。そして偏差値が伸びた時点で、他の教科も大丈夫そうなら、そこからはじめて他の英文解釈の参考書に手を出すべきでしょう。

              3.該当部だけの読みへの不安→国立系・記述系の問題集をするorリーズニングをするのが対策。

              該当部分だけを読むのが不安と書いてありましたが、そうでしたら読解演習の時に「出る!出た!」シリーズのように記述解答の多い問題集を選べば適当に読む癖はなくなるでしょう。

              もしくは徹底的に「リーズニング」を行えばなんとなく読むことはなくなるでしょう。リーズニングに関しては中澤先生の著作を参考にしてくださいね。

              4.英語好きでしょ?他の教科の心配をしたほうがいいと思う。

              このメールを見る限り、英語の勉強が好きで、なおかつ英文解釈の勉強が好きで、英語の構造を正確にとらえていくというのが好きなタイプなのでは?と思いました。

              確かに英語の構造を正確にとらえるのはパズルのように楽しいですが、実際の入試問題はそんなにパズルのように楽しむ暇はなく、どれだけ限られた時間でたくさんの英文を処理できるかの方が問われます。
              そのため、英文解釈はもちろん大事なのですが、しっかりやったらあとは読解演習などをしっかりやる方が伸びますので、そこは改善してください。

              さらに、そんなに英文解釈をやる暇があるのならば、国語と日本史の偏差値を上げるべきです。
              特に国語がまずいです。
              現代文ができないと、英語も後で伸び悩みますから、英語のためにも現代文の勉強などをしっかりしておいてください。

              また、社会の偏差値がそこまでよくない=暗記方法が確立していないということなので、その辺りも心配です。分野・教科に偏ることなく総合力を高めないと受験では勝ちにくいですからね。

              以上がアドバイスです。

              メールに「タダで受験相談をされてて本当に生徒をうからせたいんだなというすごい熱意が伝わってきます。すごいとおもいます。」なんて書いてくれてますね。ありがとうございます。ちなみに私は本気です。まじで受からせたいんです。
               
              私が予備校で失敗したり、受験で悩んだ分、みなさんには同じ過ちを繰り返してほしくないし、予備校も二度とそういうことをしないような体制になるまで私は闘い続けます。
               
              私のアドバイスを聞いていただき、実行していただければ十分に合格可能性の高い生徒だと思いますので、これからも平均12時間勉強で頑張ってください。それでは。
               

              ■相談■

              > 【名前】 桜木花道
              >>>
              >>> 【学年】 一浪
              >>>
              >>> 【志望校】 早稲田商
              >>>   早稲田社学
              >>>   明治経営
              >>>
              >>> 【出身校のレベル】 東大1人 早稲田1人 慶應1人 明治10人
              >>>
              >>> 【予備校】 東進
              >>>
              >>> 【模試成績】 先月の河合マークで
              >>> 英語178
              >>> 日本史83
              >>> 国語87
              >>>
              >>>
              >>> 【今までにやった参考書】
              >>> 単語王 OSP 文法語法のトレーニング戦略編 基礎英文解釈技術100 英文解釈技術100 ポレポレ ネイティブスピーカーの前置詞 解体英熟語 解体英語構文 中澤の英語長文徹底講義
              >>>
              >>> 【勉強時間】
              >>>
              >>> 11時間
              >
              > センター模試ではコンスタントに180近く取れるのですが早慶の過去問になると全然読めません。どうしたら早慶の過去問を読めるようになりますかね?
              >
              > 今は単語熟語に文法語法のトレーニング演習編とポレポレの復習、マーチの過去問で中澤先生のパラグラフリーディングの練習をしています。
              >
              > 自分なりに長文の読み込みがたりないから出来ないんだと思っているのですが正直読めるようになれるか不安です。
              >
              > また院試の単語をやろうか迷っています
              >
              > どう思いますか?ご忙しいと思いますが返信お願いします。

              ■お返事■

              お返事遅れてすみません。さっそくお返事していきたいとおもいます。
              センターは180点取れる、でも早慶の長文は読めないということですが、まず、桜木君にやってほしいことは「どのレベルまでなら読めるか?」を確認してほしいです。私の印象と、武田塾の生徒の話を総合して、かなりだいたいですが、

              日東駒専→明治学院→MARCH学習院→早稲田人間科学部商学部社会科学部慶應商学部→早慶の難しい学部

              の順番に難しいとおもいます。(年度、学部によって異なります。あと、基本的に法学部は難しい印象を受けます。)

              センターから早慶までにかなり間があります。どこから読めないのかをまず、知ってください。

              そして、読めないレベルがわかったら、それは武田塾の英語の基本ルートのどの位置なのかを考え、そこからスタートしてください。

              たとえば、明治学院は読めるがMARCHぐらいからなら読めないということになれば、英文解釈の参考書で勉強するならやっておきたい500、過去問でやるならMARCHの過去問を合格点が取れるようにしてください。
              それから、ポレポレをやり、早慶の簡単な学部からスタートしてみてください。

              パラグラフリーディングで確認しているんですね。適当に読まなくなるのでいいとおもいますが、読み込みが足りないのであれば、時間がかかって伸びるのが遅くなる気もするので、とりあえず方法論は後にして、とにかく読み、読めなかった部分を身につける方が早いとおもいますよ。

              あとは自分なりに読めない原因はなんだとおもいますか?

              ・基礎的な語句、知識がない
              ・難しい語句がわからない
              ・構文が取れない
              ・時間が足りない
              ・訳せるが解けない
              ・選択肢で間違える

              など、読めない原因はいろいろ考えられます。
              (もっとも可能性が高いのは演習量が足りない、間のレベルを埋めていないからだと私は思いますが。)
              当たり前の話ですが、読めない原因を突き止め、その対策をしてください。

              参考にしてくださいね。それでは。

              大学受験 英語勉強法→

              大学受験 勉強法 総合 一覧→

              【相談メール】
              ビジュアル英文解釈の具体的な使い方教えてください!

              やり方やどの程度までやれば完璧とよべるのか

              など教えてください

               

              【お返事】
              基本的に構文解釈の参考書をやる方法と同じです。訳すことができるか?ポイントが言えるか?この2点が英文解釈参考書の重要点です。
              しかしあの参考書は復習がしづらいため、「完璧になったか?」「覚えたか?」を判定するのが難しいです。
              そのため、3~5周読んで繰り返すという方法が現実的な選択肢な気がします。
              問題などがついていれば「覚えているか?忘れているか?」がはっきりしてやりやすいのですが、そういう英文解釈の参考書ではないので、できるだけポイントを拾おうと努力しつつ、何周も通読するしかないでしょう。
              がんばってください。

              大学受験の英語の勉強法はこちら→