■相談■

> 【名前】 桜木花道
>>>
>>> 【学年】 一浪
>>>
>>> 【志望校】 早稲田商
>>>   早稲田社学
>>>   明治経営
>>>
>>> 【出身校のレベル】 東大1人 早稲田1人 慶應1人 明治10人
>>>
>>> 【予備校】 東進
>>>
>>> 【模試成績】 先月の河合マークで
>>> 英語178
>>> 日本史83
>>> 国語87
>>>
>>>
>>> 【今までにやった参考書】
>>> 単語王 OSP 文法語法のトレーニング戦略編 基礎英文解釈技術100 英文解釈技術100 ポレポレ ネイティブスピーカーの前置詞 解体英熟語 解体英語構文 中澤の英語長文徹底講義
>>>
>>> 【勉強時間】
>>>
>>> 11時間
>
> センター模試ではコンスタントに180近く取れるのですが早慶の過去問になると全然読めません。どうしたら早慶の過去問を読めるようになりますかね?
>
> 今は単語熟語に文法語法のトレーニング演習編とポレポレの復習、マーチの過去問で中澤先生のパラグラフリーディングの練習をしています。
>
> 自分なりに長文の読み込みがたりないから出来ないんだと思っているのですが正直読めるようになれるか不安です。
>
> また院試の単語をやろうか迷っています
>
> どう思いますか?ご忙しいと思いますが返信お願いします。

■お返事■

お返事遅れてすみません。さっそくお返事していきたいとおもいます。
センターは180点取れる、でも早慶の長文は読めないということですが、まず、桜木君にやってほしいことは「どのレベルまでなら読めるか?」を確認してほしいです。私の印象と、武田塾の生徒の話を総合して、かなりだいたいですが、

日東駒専→明治学院→MARCH学習院→早稲田人間科学部商学部社会科学部慶應商学部→早慶の難しい学部

の順番に難しいとおもいます。(年度、学部によって異なります。あと、基本的に法学部は難しい印象を受けます。)

センターから早慶までにかなり間があります。どこから読めないのかをまず、知ってください。

そして、読めないレベルがわかったら、それは武田塾の英語の基本ルートのどの位置なのかを考え、そこからスタートしてください。

たとえば、明治学院は読めるがMARCHぐらいからなら読めないということになれば、英文解釈の参考書で勉強するならやっておきたい500、過去問でやるならMARCHの過去問を合格点が取れるようにしてください。
それから、ポレポレをやり、早慶の簡単な学部からスタートしてみてください。

パラグラフリーディングで確認しているんですね。適当に読まなくなるのでいいとおもいますが、読み込みが足りないのであれば、時間がかかって伸びるのが遅くなる気もするので、とりあえず方法論は後にして、とにかく読み、読めなかった部分を身につける方が早いとおもいますよ。

あとは自分なりに読めない原因はなんだとおもいますか?

・基礎的な語句、知識がない
・難しい語句がわからない
・構文が取れない
・時間が足りない
・訳せるが解けない
・選択肢で間違える

など、読めない原因はいろいろ考えられます。
(もっとも可能性が高いのは演習量が足りない、間のレベルを埋めていないからだと私は思いますが。)
当たり前の話ですが、読めない原因を突き止め、その対策をしてください。

参考にしてくださいね。それでは。

大学受験 英語勉強法→

大学受験 勉強法 総合 一覧→

■相談■ > 慶應SFC志望の浪人生です(´・ω・`) > 英語なんですけど マーチの長文は赤本とかやって何回も満点や一、二問ミスなんですけど >
今初めて慶應総合政策の英語やったんですが大問1が11/30という最悪な結果になり > やる気がなくなってしまいました… > > 普通に訳読んでも話が難しい><; > センターも186点とれ ポレポレもやりましたが
> SFCの英語ができないぼくになにかアドバイスやらをください お願いしますm(_ _)m
■お返事■ 以前にもこういう相談がありましたね。 こういうことで悩んでいる生徒さんは多いのだとおもいます。 日東駒専とMARCH MARCHと早慶には壁があります。 だからみんな悩むんですよね。
MARCHと早慶の壁の主なポイントは以下のものです。 ・単語→単語が難しい。 ・構文→構文が難しい。1文が長いし複雑。 ・文法問題の組み合わせ→文法の難しい知識が出るというよりは、1つの設問に基礎的な事項が複数組み合わせられるため難しい。 ・文章の内容→全訳を読んでも内容を理解するのが難しかったりする。 ・選択肢(設問)→文章が読めても設問が難しかったり、選択肢が微妙だったりするため難しい。 そのため、武田塾の基本ルートではこれらの問題を以下の参考書や対策をほどこします。
・単語→速読上級
・構文→ポレポレ
・文法問題の組み合わせ→ファイナル英文法問題集難関編
・文章の内容→過去問演習(読みなれ)
・選択肢(設問)→過去問演習(場合によってはロジカルリーディングなどがいることも。) などで突破できるように組み立てられています。 読めない原因は何でしょうか。 以上の5点の中で、どれが壁として立ちふさがっているかわかりますか? 必要なら参考書、過去問演習をしてください。 「普通に訳を読んでも難しい」ということは過去問演習の読みなれが足りないのかなと思います。 MARCH以上、SFC以下、つまり早稲田の社学、教育などの文章を読んでみるのがいいのかなとおもいます。
そこからだんだんとできるようにしていき、問題が発見されればその対処をするという、また当たり前の話ですがそれしかないでしょう。 おそらく読みなれ、演習量が足りないかなと思います。 また、SFCの解答を導くプロセスは特殊です。
もう少し読めるようになっても答えが導けないのであればまた相談してくださいね。 それでは。

■相談メール■

相談です(>_<)

関関同立はどのポジションで考えるべきですか?

また、MARCHでも立教の異文化コミュニケーションなど偏差値高いところは早慶と同じように考えるべきでしょうか?

あとセンター利用と一般だと、どちらのほうが入りやすいのでしょうか?

お願いします。

■お返事■
メールありがとうございます。
なかなかいい質問だらけですね。早速お返事していきますね。

>関関同立はどのポジションで考えるべきですか?
武田塾の分析によると、関関同立の問題はMARCHよりも難しめです。そのため、早慶非看板学部の段階までしておくと安心でしょう。
難しい分、合格点が低かったりするのため、MARCHまで参考書でも戦えますし、実際にそこまでしかさせずに合格させたこともあるのですが、やはり余裕をもって受かるためには早慶非看板学部までやってほしいなと思います。

>MARCHでも立教の異文化コミュニケーションなど偏差値高いところは早慶と同じように考えるべきでしょうか?
MARCHでも難しい学部ってありますよね。そういうところって「これって早慶より難しいんじゃないの?」なんて思うこと、よくあると思います。でも、その時、偏差値で判断するのではなく、「問題の難易度」で判断してほしいと思います。
偏差値が高くても、問題が簡単であれば難しい参考書まで仕上げる必要はなく、むしろそのレベルの過去問演習をしっかり行い、基礎知識のアウトプットがスムーズに行われるように勉強時間を割いたほうが合格への近道です。たしかに「難しい問題までやったほうが簡単な問題も高得点がとれるんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、出ない難しい問題をできるようにしてもしょうがないのです。
もちろん、時間に余裕があればする方がいいですが、まずは出題レベルの合格点をしっかり取れるようにするのが先決です。
志望校の過去問を見て、「ここは早慶レベルかな?MARCHまでの参考書で行けるかな?」と判断してみてください。・・・といっても、自分でやるのは難しいのですが。

>センター利用と一般だと、どちらのほうが入りやすいのでしょうか?
これは教科、大学・学部によって変わります。センターのほうが穴場ということもありますし、センター重視の勉強しているのか、一般中心の勉強をしているかによっても変わると思います。このあたりはセンター×センターを読めばわかることもあると思いますし、私が今執筆している3冊目の本に詳しく書こうと思っていますので、良かったらそちらを参考にしてください。あまりに条件が複雑で、いろんなパターンが考えられますので、メールには書ききれないのです。ごめんなさいね。

以上がお返事です。
なかなかいい質問ばかりでした。視点がいいのかもしれませんね。勉強にもいかして頑張ってくださいね。