【学年】高3生 神奈川県 県立高校
【志望大学・志望学部】早稲田大学社会科学部
【模試】10月の東進のセンター模試:英語138点
【使用した参考書(英語のみ)】
・ターゲット1400
・ターゲット1900(二章まで)
・ネクステ3章まで
・英文解釈のトレーニング必修編
・ハイパートレーニング1,2,3
・本番で勝つ英文長文
・ダイアグラム基礎、標準

【相談内容】
数学と国語も偏差値50くらいで相当ヤバいですがとりあえず今回は英語の構文解釈について質問させてください。何冊か問題集をやっているのですがどうも下線部和訳がうまくできないです。やはり構文解釈が完璧にできていないからだと思います。夏休みに英文解釈のトレーニング必修編をやったのですが完璧だとは正直言えません。

そこで急がば回れということで英文解釈の復習をしようと思うのですが、武田塾で薦めている英文解釈技術100をやるか英文解釈トレをもう一周しようか迷っています。
どちらの方が効率的でしょうか?

また英文解釈技術の場合はどの位の期間で終わらせられますか?教えてくださいお願いします。

【お返事】
はじめまして。早速お返事していきますね。

この時期に下線部和訳ができないというのは少し心配ですね。うちの塾の生徒でも悩んでいる生徒もいますが、その悩みは「早慶レベルの文章だと和訳が難しい」という悩みなので、あなたの場合、基本的な和訳が現時点でできていないようなので心配です。

まず、メールを見る限りだと、

1.ターゲット2章まで、ネクステ3章までの復習
2.英文解釈のトレーニング必修編の復習
3.やっておきたい英語長文300

の順番でこなして、それでもできない場合は

4.英文和訳演習基礎編、中級編

をやるといいでしょう。

狙いは、
1.基礎の徹底
2.構文の復習
3.簡単なレベルでのアウトプット
4.アウトプットの追加
です。

和訳ができないということは、基礎がないか、構文の知識がないか、アウトプットが足りないかのどれかです。

その対策のためのメニューを組んでみました。武田塾では1か月で構文解釈は終わります。上記のルートは1~3で1か月半、4は2週間で終えてほしいです。参考にしてくださいね。

英文和訳に自信がついたら、武田塾の基本ルートを参考に進むといいでしょう。早くやっておきたい500ぐらいができるといいですね。

がんばってください。

【志望校・志望学部】東海大学体育学部 【質問内容】 今、英熟語を始めようとしていて、 1.ネクステのイディオム 2.頻出英熟語1000 3.フォーミラ1000 で始めるとしたらどれをやったらいいかわかりません。教えてください!いつもこのサイト見ていて最強だと思ってます。笑

【お返事】 こんばんは。早速お返事していきますね。ぶっちゃけた話、どれでもいいと思います。

ネクステ・頻出英熟語1000は問題形式なので覚えやすいかもしれませんが、熟語と訳をそのまま覚えるには適さないかもしれません。

一方、FORMULAは丸暗記するのには適しているでしょう。

東海大学なら、500語程度で十分だと思いますので、とにかくはじめのレベルだけでいいので完璧にしてくださいね。そうしたら世界が変わると思いますよ。頑張ってください。

【お名前】鉄板焼きさん
【学年】一浪
【志望校・志望学部】早稲田大学政治経済学部政治学科、慶應義塾大学法学部政治学科
【出身校】早慶100人、MARCH150人(総計) ちなみに早慶といっても上位学部1、下位学部9くらいの割合です。
【予備校】 代ゼミ単科 4講座
【模試】 第一回全統マーク 英語66.3、日本史57.2、国語44.2

【参考書】
・単語・文法
単語王
ソクラテス1088
ネクステ(基礎を固めるために教科書として使用)
語法1000
即ゼミを演習用として使用していくつもりです。またいま英文解釈を実践で使えるようにするためにやっておきたい300でアウトプットしています。
・英文解釈の参考書
入門基礎英文解釈70(2月ごろに使用)
基礎英文解釈100(3月に使用)
英文解釈100(4月に使用)
読解の原則100(5月に使用、今はこれを軸にして読み込んでいます)
ポレポレ(6月より演習用として使用)
これから英文読解の透視図(演習として)と思考訓練をやるつもりです。
・国語
キーワード300、代ゼミテキストの復習(笹井先生と漆原先生)
・日本史
石川の実況中継を通読中
【相談内容】
英語の進め方が不安でしょうがないので無駄があればぜひ厳しい指摘お願いします!!
具体的には、
1、英語は試験中全訳をしていったほうがいいのでしょうか?今は該当箇所を探す読み方なのですが、内容一致に有効ではない気がするのですごく不安です。
2、古典が半端なくできません。助動詞と敬語はきちんと覚えたんですがどうやって読解に活かすのか全くわかりません。
【お返事】
なかなかの進学校だし、勉強もしっかりやっているので、合格する可能性は十分あるでしょう。しかし、心配な点がいくつかあるのでアドバイスしておきますね。

1.英文解釈やりすぎじゃない?笑

タイトルの通りですが、英文解釈の参考書をやりすぎていると思います。
今までやったもの、これからやろうとしている英文解釈の参考書をあげると

入門基礎英文解釈70
基礎英文解釈100
英文解釈100
読解の原則100
ポレポレ
英文読解の透視図
思考訓練
の7冊です。さすがにこれは多いと思います。
レベルをおおまかに分けると
基礎 入門基礎英文解釈70
標準 基礎英文解釈100
応用 英文解釈100 ポレポレ 英文読解の透視図 読解の原則100
発展 思考訓練
となり、応用はポレポレだけか、もしくはポレポレでは不安なら透視図をやれば十分だと思います。また、思考訓練はやらなくていい参考書ですし、この英文解釈の参考書をやるなら記述模試で75程度出してからやってほしいところです。

そのくらいまでいけばやってもいいですが、偏差値60台とかでこんなのをやろうとしていたらもっと先に押さえるべき基礎があるでしょうと私は怒りたくなります。笑

難しそうな、すごそうな英文解釈の参考書をやりたい気持ちもわかりますし、それに見合うだけの勉強をしているのもわかります。
英文解釈の参考書を終わらせるペースから考えて、しっかりやっているんだなあとは思います。

でも、受験は総合力ですからね。英文解釈の勉強は楽しいかもしれませんがそのために読解力が伸びなかったり、他の教科の伸びが悪くなれば落ちます。気をつけてくださいね。

2.読解が足りない。解釈とのレベルが合わない。

何度もブログでも書いてありますが、「解釈と読解」は英語の両輪であり、片方だけでは偏差値は上がりません。鉄板焼きさんはいま、英文解釈だけの車輪が大きくなり、もう片方の読解の車輪が小さいままで、非常にバランスの悪い状態になっています。

やっておきたい300をやっているようですが、読解のレベルは標準レベルで、英文解釈は応用レベルまでどんどん進んでいます。
もう応用の文章まで読めるのなら、300ではなく700もしくは少なくても500をやること。読解のレベルが標準なのに、無理に応用の英文解釈参考書をやっているなら、英文解釈の勉強をストップすべきです。
もちろん、読解を追加し、たくさんの勉強時間を費やせばすべてをこなすことも可能だと思いますが、他の教科とのバランスを考えると得策ではないでしょう。

思考訓練は当面やらず、ポレポレか透視図あたりを軸にし、あとは読解を大量に演習したほうが偏差値は伸びます。そして偏差値が伸びた時点で、他の教科も大丈夫そうなら、そこからはじめて他の英文解釈の参考書に手を出すべきでしょう。

3.該当部だけの読みへの不安→国立系・記述系の問題集をするorリーズニングをするのが対策。

該当部分だけを読むのが不安と書いてありましたが、そうでしたら読解演習の時に「出る!出た!」シリーズのように記述解答の多い問題集を選べば適当に読む癖はなくなるでしょう。

もしくは徹底的に「リーズニング」を行えばなんとなく読むことはなくなるでしょう。リーズニングに関しては中澤先生の著作を参考にしてくださいね。

4.英語好きでしょ?他の教科の心配をしたほうがいいと思う。

このメールを見る限り、英語の勉強が好きで、なおかつ英文解釈の勉強が好きで、英語の構造を正確にとらえていくというのが好きなタイプなのでは?と思いました。

確かに英語の構造を正確にとらえるのはパズルのように楽しいですが、実際の入試問題はそんなにパズルのように楽しむ暇はなく、どれだけ限られた時間でたくさんの英文を処理できるかの方が問われます。
そのため、英文解釈はもちろん大事なのですが、しっかりやったらあとは読解演習などをしっかりやる方が伸びますので、そこは改善してください。

さらに、そんなに英文解釈をやる暇があるのならば、国語と日本史の偏差値を上げるべきです。
特に国語がまずいです。
現代文ができないと、英語も後で伸び悩みますから、英語のためにも現代文の勉強などをしっかりしておいてください。

また、社会の偏差値がそこまでよくない=暗記方法が確立していないということなので、その辺りも心配です。分野・教科に偏ることなく総合力を高めないと受験では勝ちにくいですからね。

以上がアドバイスです。

メールに「タダで受験相談をされてて本当に生徒をうからせたいんだなというすごい熱意が伝わってきます。すごいとおもいます。」なんて書いてくれてますね。ありがとうございます。ちなみに私は本気です。まじで受からせたいんです。
 
私が予備校で失敗したり、受験で悩んだ分、みなさんには同じ過ちを繰り返してほしくないし、予備校も二度とそういうことをしないような体制になるまで私は闘い続けます。
 
私のアドバイスを聞いていただき、実行していただければ十分に合格可能性の高い生徒だと思いますので、これからも平均12時間勉強で頑張ってください。それでは。
 

【相談】
新高2でネクステをやっているんですけど、ネクステだけは30分足らずで飽きてしまいます。何かいい方法ありますか?

◆お返事◆
お返事します。
まず、ネクステージを30分で飽きてしまうぐらいなら、どの参考書だって完璧にすることはできません。まず偏差値は上がらないでしょう。結論としては、甘いこと言ってるんじゃない!やれ!ということです。笑

理由を説明します。一冊の参考書を完璧にするということは大変なことです。少しずつ完璧にしていっても、時間ばかりかかります。時間がかかれば、忘れる量も多くなります。30分しか勉強時間をとらず、少ししか覚えてないのに、日数だけかかってたくさん忘れるので悪循環。成績が上がるわけがありません。

ネクステージ、やるなら最低1日2時間はやってほしい。欲を言うなら、4時間、5時間費やしてもいいぐらいです。その位、本気でネクステの問題を解いてみてください。やり方は次のとおりです。

まず、1章の問題を全部解きます。間違えた問題にバツをつけます。間違えた問題のみ、解説を読み、理解し直します。そこで理解できなければ、桐原書店のFORESTなどで同じ例文を探し、解説を理解してください。それでもわからなければ誰かに質問してください。そしてしっかり理解したなら、間違えた問題たちをすべてもう一度解き直します。そして、間違えたらまた理解し直し、完璧になるまでやります。

この作業を繰り返せば、「1章時制」の問題が全てその瞬間、テストされても正解できる状態になると思います。その状況になれば、次の「2章 態」に進んでください。そして2章も同じことをします。すると、2章を完璧にするのに、2時間もかからないと思います。90分ぐらいで終わる生徒も多いのではないでしょうか。

これを月曜・火曜・水曜・木曜とやります。1日2章ずつ進みますから、1週間で8章進みます。そして、金曜・土曜は1~8章の復習をするんです。全部の問題を解き直し、間違えた問題を完璧にする。そして日曜日は調整日とします。

参考書を完璧にするならこのぐらいのペースはやってほしいです。でも、逆にこのペースでやれば2~3週間であっという間にネクステージなんて完璧になります。1日4章進んだらもっと進みます。別にこれってやろうと思えばできることじゃないですか?

もし、仮に毎日30分で飽きていたとします。1日1章も終わりません。全然進みません。どんどん忘れていきます。だから30分勉強しても身につかないので、勉強なんかしないでアルバイトをしてお金でも稼いだほうがいいんじゃないかという話になります。

相談してくれたのは「集中力の維持の方法」が聞きたかったと思います。途中で散歩をする、水を飲む、教科を変えるなど集中力の維持の方法はありますが、30分で飽きるようだったらそんなテクニックを駆使しても意味のないレベルです。30分で飽きてしまうなら、勉強をしないのと同じだということを知り、危機意識を持ってください。そのことにより、勉強時間を持続させるような意識改革をすることをお勧めします。

厳しいことを言ってごめんなさいね。でも、合格してほしいんです。せっかく勉強しているのに伸びないなんて私が嫌なんです。せっかく私に相談してくれたんだから、成績を伸ばしたい。だから、あえて言いました。

一冊を完璧にするため、勉強時間を伸ばし、最低でも1日2章、完璧になるまでやり込んでくださいね。応援しています。