得点奪取古文|古漢文

本問題集は古文の記述式問題を解いていく際に必要な読解力と技術を身につけていく問題集である。記述問題と選択問題では解き方も違ってくるので、記述問題が出題される国公立を志望校に設定している受験生は本問題集を一冊仕上げておくとよいだろう。
構成は、第一部と第二部に分けられており、第一部は典型問題編で第二部は練習問題編になっている。まずは典型問題編で古文の記述問題の基礎を学習しその後第二部の練習問題編で演習をおこなっていこう。

まずは自力で解いてほしいが、記述・論述練習の参考書は解答の修正と採点基準の把握が必須である。解説は、非常に詳しく採点基準なども明確に定められているので、そちらも合わせて利用し、理解を確実なものにしてもらいたい。その上で自身の解答を修正し、合格点を取れる解答に仕上げていこう。

本問題集は大学受験における古文の知識、主に古文単語、古典文法の理解がある程度あることを前提として解説が進められていくので、ある程度の古文理解があり、古文の学習がある程度進んでから取り組んでもらいたい。

教科
古漢文

出版社名
河合出版

使い方
国公立向けの記述・論述用の問題集。文章の難易度自体は今までの問題集と同じか若干易しい程度。ただし、古文の場合は記述の際に省略を補って書く必要があるため、よりちゃんと読むことが要求される。模範解答を覚えるのではなく、自分なり解答を書けるようにすること。

テスト方法
実施しない。解答を確認し、解説を参考にしながら修正する。

得点奪取古文
問題数 12題
1日の量 1題
1週間の量 6題
目標突破日数 18日

古文の参考書・勉強法→