1対1対応の演習 数学Ⅲ 曲線・複素数編

1対1対応の演習 数学Ⅲ 曲線・複素数編

教科
数学

出版社名
東京出版

使い方
難関大に対応できるだけの力をつけることができる参考書。問題の難易度はそれほど高くはないが、解説のレベルが非常に高く、理解に時間がかかる。しかし、これ以降の段階をスムーズに理解するためには必要な説明が多いため、先を見据えてやる分には非常によい。特に理系受験者であれば数Ⅲはやっておくと役立つ。例題と演習題の両方を解く。

テスト方法
解いてきた範囲からランダムで出題。

解く部分 例題 演習題
問題数 3章 3章
1日の量 週1章 週1章
1週間の量 1章 1章
目標突破日数 12日 12日