鎌田の有機化学の講義

本参考書は化学を一から始める受験生向けである。有機分野が必要十分にわかりやすくまとめられている。化学で大切なことは,「定義を覚える」,「計算ができる」,「実験器具や製法,性質を覚える」の3つである。本参考書は主に実験器具や製法,性質を覚えることに重点が置かれている。

本参考書で最も大切なことは問題を解くことではなく別冊の「入試で使える最重要Point総整理」の内容をすべて覚えることである。化学を学んでいて伸び悩む受験生は物質の製法,性質を聞くと即答できない場合が多い。簡単な問題は物質の製法,性質を知っていれば解ける場合が多く,難関大が出題する良問では最終的な判断の根拠になる。本参考書は,別冊の内容をすべて覚える→本編の解説を読む→問題を解く,のサイクルを繰り返して学習していく。問題を見たときに瞬時に解法が思い浮かぶようになるまでやり込んでほしい。

本参考書には受験有機化学全範囲の問題が掲載されているが,「定義を覚える」,「計算ができる」,といった部分に重点が置かれていないので,「化学Ⅰ・Ⅱ 入門問題精講」,「鎌田の理論化学の講義」,「福間の無機化学の講義」と合わせて勉強してほしい。この4つの参考書を修了すれば日大レベルの問題は難なく解けるようになるであろう。4つの参考書を修了した受験生は「化学 レベル別問題集3 上級編」に進んで問題演習を行うことでMARCHレベルの問題が無理なく解けるようになるだろう。

教科
化学

出版社名
旺文社

使い方
こちらはまだ旧課程版しか出ていないので、基本的には新課程版が出たら新課程へと移行していきましょう。
同じくシリーズものである「鎌田の理論化学の講義」、また「福間の無機化学」の2冊と同じく基礎知識の暗記プラス問題集を解く際の辞書として使うというこの2つの使い方をしていってほしいと思います。
間間に出ている問題を入門問題精講が解き終わったあと解くようにしていきましょう。
基本的には無機や有機に関しては暗記をメインでやって設問は飛ばしても構わないので、まずは知識を徹底的に叩き込んでその上で問題集などで定着させていきましょう。
先の問題集に進んでからも知識の暗記は並行して続けるようにしていってください。

テスト方法
×

鎌田真彰の化学 有機化学
問題数 20項目
1日の量 2項目
1週間の量 5項目
目標突破日数 28日