金谷の日本史「なぜ」と「流れ」がわかる本 中世・近世史|日本史

この教材は「原始」「中世」「近現代」「文化史」の4冊からなり、日本史の流れである通史は3冊、文化史が1冊という構成になっている。
日本史の勉強をする上で最初に使用したい講義用の参考書である。
難関私立や国立を志望する場合は教科書や実況中継等で知識を補充していくのが好ましい。
ただ、一問一答やスピードマスターを初めに使用すると、難易度が高く難しいので、最初に使用する教材としてはこちらの教材がお勧めである。

教科
日本史

出版社名
ナガセ

使い方
基礎の基礎の部分の詳しい丁寧な説明を知ることができるので、用語等を覚える一問一答やスピードマスターなどの問題集を使用する際に「一度こちらの教材を読む」もしくは「問題集で一通り覚えた後にこちらを読んで知識を整理する」という形で使用する。
しかし、この教材自体はそこまで詳しく用語等が記載されているわけではないので、日本史の入門書として使用するのが良いと思われる。

テスト方法
実施しない

金谷のなぜと流れがわかる本(中世~近世史)
問題数 31
1日の量 2
1週間の量 8
目標突破日数 42日

日本史の勉強法・参考書 一覧

大学受験の参考書・勉強法