英語長文レベル別問題集4|英語

センターレベルとか日大レベルの長文の中で最初にやってほしい参考書。その長文の中では難易度は易しめ。解説がかなり詳しく、SVOCの構文がちゃんと振ってくれている。
やり方は、まず自力で解いてみて、終わったら構文等を確認して全訳できるように仕上げて行く。
このあと本格的に長文演習はやって行くので、そのために今までやった単語、文法、構文等どうやって使うのか、使い方を実際に試す長文の入門の参考書。
これができるようになったら本格的に日大やセンターレベルの長文に入って行って完璧に解けるように仕上げて行く。
この参考書だけでは完璧に長文を読めるようにはならないと思うが、長文の勉強に入る際に最初にやってほしい参考書である。



教科
英語

出版社名
東進ブックス

使い方
解説と同様の構造分析(SVOCを振る)が自力でできるまで練習する。 ただ全訳ができるだけではこれ以降の長文で苦戦する可能性が高い。「次に解いたときに すべての問題に根拠をもって答えられるようにする」ことを心がける。わからない単語、熟語はルーズリーフでまとめる。 付属CDがあればシャドーイング用の教材として使用する。

テスト方法
問題を解いたうえですべての文章に構文を振る。 問題に正解ができるだけでやめてしまわないよう心がける。

解く部分 全て
問題数 12文
1日の量 2文
1週間の量 12文
目標突破日数 6日