田部眞哉の生物 生物I 合格39講 パワーアップ版|生物

この生物の参考書は数ある参考書の中でも、非常に詳しく記述されている講義用の参考書である。
最初にこの教材を使用するのは難しいと思うので、まずは基礎的な参考書を終わらせよう。
しかし、もしこの教材を最初に使用するのであれば、問題集と併用し、その場合は問題集の正答率を上げることを優先しよう。
最終的に、この教材に記述されている知識をきちんと習得できれば、入試に必要な知識は全て揃うので、問題集をこなしながら、この教材に記述されている知識も完成させるという気持ちで仕上げよう。
生物を始めたばかりの時期にこの教材を使用する場合は、問題集と併用し、わからない部分があればこの教材で調べる、最低限の用語を覚えるという使い方をしよう。
それ以降、過去問に入る段階になっても、わからない部分は基本的にこの教材で調べよう。

教科
生物

出版社名
学習研究社

使い方
問題集に合わせて通読

テスト方法
実施しない

大学受験 生物Ⅰ 合格39講
問題数 ×
1日の量 ×
1週間の量 ×
目標突破日数 ×日

生物 参考書・勉強法 一覧

大学受験 勉強法・参考書の詳細はこちら