田村のやさしく語る現代文|現代文

現代文を一から学びたい受験生向けの参考書である。特に現代文を苦手だと考える受験生に向けて書かれている。「現代文とは何か」「現代文を解くとはどういうことか」という疑問に答えてくれる一冊である。説明・解説は会話の調子でとても丁寧に書かれているので小説の会話文を読むように読み進めることができ、かなりとっつきやすい。入試の過去問が問題編として別冊でついている。

まずは第一部を読み、現代文はどのように読めばいいのか、どういったことを問われるのかを確認する。第一部を読んだうえで第二部の問題に取り組み、第一部で説明されたやり方を実際に問題で試し、やり方を身につけていく。解説の難易度に対して問題は難しめなので、解けなくてもあまり気にはしなくて良い。あくまでも読み方の基本が身につくことと、最終的に正解ができるようになることに主眼を置く。

「現代文の解き方」の基礎が身に付く参考書である。問題編で出題される問題数は少ないので、「入試現代文へのアクセス」等での問題演習で解き方を実践する回数を増やすのは必須である。問題を解くことだけで終わりにせず、やり方を覚えることも心がけることが重要である。

教科
現代文

出版社名
代々木ライブラリー

使い方
第一部は2日で読み、第二部は1日1題のペースで解いてください。現代文の読み方の基本的な部分を学習するための参考書です。まずは第一部の講義部分をしっかり読み、その後で第二部の問題を解いてください。

テスト方法
第二部の問題の解いてきた範囲からランダムで出題。解答の根拠が示せるかも確認してください。

田村のやさしく語る現代文
問題数 使い方参照
1日の量 使い方参照
1週間の量 使い方参照
目標突破日数 11日

現代文の参考書・勉強法はこちら→