理系数学 入試の核心 標準編|数学

この参考書は理系受験における頻出・典型問題を精選し、集めた問題集である。最初からGMARCHレベルの問題が出題されているので、数学の基礎をインプットしてからこの参考書を使用し、効率よくアウトプットしていこう。各単元に対する問題数はそこまで多くないですが、ポイントを押さえて出題されているうえ、解説には本当に大切な解法や公式が分かりやすく書いてあるのでとても実践的な参考書である。この参考書を完璧にしたころには頻出問題が解けるようになっているので、GMARCHレベルの問題集や過去問に入り応用問題対策をしていって欲しい。

教科
数学

出版社名
Z会出版

使い方
第二段階のレベルの問題を大問形式で解くための参考書。問題を一通り解いて、できなかった問題の解説を読んで解き直しをする。全ての問題を記述で解けるようにする。ただ答えを覚えるだけの意味の無い学習にならないよう、「なぜそうなるのか」をしっかり理解する。アウトプット用の参考書なので、必ず一度は自力で解けるようにする。

テスト方法
解いてきた問題からランダムで出題。記述で解答できるようにしてください。

理系数学 入試の核心 標準編
問題数 150題
1日の量 5題
1週間の量 20題
目標突破日数 45日