瀬川聡のセンター試験[地誌編]超重要問題の解き方|地理

本参考書は地理を一から始める受験生向けである。系統地理編では地理的テーマごとの説明、地誌編では地域ごとの説明を行っており、説明は丁寧でわかりやすい。地図を読むポイントも乗せられており、地理の勉強の仕方も学ぶことが出来る。また付属の問題はセンター試験に準じたもので、これ一冊で一からセンター試験レベルまで知識の定着、問題演習を行うことが出来る。

本参考書はセンター試験、と銘打っているが知識量はそれなりに多い為、系統地理編、地誌編ともに仕上げれば日大レベルは合格ラインに持っていけるだろう。センターで8割以上を目指す人はこの参考書に加え、各予備校のマーク式予想問題集やセンター過去問で演習を行おう。また私大志望者は過去問などを追加して演習を行いMARCHレベルの参考書に進もう。

教科
地理

出版社名
中経出版

使い方
本参考書は地理を一から始める受験生向けである。系統地理編では地理的テーマごとの説明、地誌編では地域ごとの説明を行っており、説明は丁寧でわかりやすい。地図を読むポイントも乗せられており、地理の勉強の仕方も学ぶことが出来る。また付属の問題はセンター試験に準じたもので、これ一冊で一からセンター試験レベルまで知識の定着、問題演習を行うことが出来る。

本参考書を使用する上で最も重要なのは、解説を読み込んで分布やデータ等の理由を理解することである。また地図帳をチェックしよう!の部分では必ず地図帳を参照して理解を深めよう。本文の理解が出来たら別冊の問題集で演習を行い、すべての選択肢の正誤理由が応えられるようになるまで復習を行おう。また、参考書を読むときはかならず該当地域の地図帳をひろげて確認する癖をつけよう。

本参考書はセンター試験、と銘打っているが知識量はそれなりに多い為、系統地理編、地誌編ともに仕上げれば日大レベルは合格ラインに持っていけるだろう。センターで8割以上を目指す人はこの参考書に加え、各予備校のマーク式予想問題集やセンター過去問で演習を行おう。また私大志望者は過去問などを追加して演習を行いMARCHレベルの参考書に進もう。

テスト方法
解いてきた範囲からランダムで出題

瀬川聡のセンター試験[地誌編]
問題数 31講
1日の量 3講
1週間の量 12講
目標突破日数 28日