日本史論述研究―実戦と分析|日本史

本参考書は大学受験日本史の中でも学習が進め本参考書は大学受験日本史の中でも学習が進めづらいであろう論述問題の対策を行うための参考書であり、論述問題が出題される大学を志望する受験生向けである。この参考書はなかなかこなすことが難しいので、論述対策の参考書を1冊仕上げたうえで取り組んでもらいたい。構成は、演習問題が各時代のテーマごとに設けられており、解説と採点基準が各問題設けられている。解説はかなり詳しく丁寧で、周辺知識も解説されているので各テーマの理解がスムーズに出来る。

使い方は、まず自力で問題を解いてみて、付属の採点基準に従って採点をし、解説を熟読する。採点基準との照らし合わせの際に自分の解答に何が足りていないのか、または何が余計なのかを意識して採点しよう。解説を読んでいくときは、自分が間違って覚えていた知識は無いかや初めて知る知識があるかなどに焦点をしぼって解説を見ていこう。知らなかった知識は今までの参考書で復習できるものは復習し、新しい発見はその都度ノートにまとめて、受験までに覚えてしまうのがよい。参考書に載っている知識はどれも無駄ではないので、すべて暗記するぐらいの気持ちで学習してもらいたい。

 論述の仕上げの参考書であり、難易度も非常に高いが、本参考書をこなせばあとは志望校の過去問をこなしていくだけである。答えの丸暗記にせず、日本史学習の集大成として本参考書を完成させていこう。
づらいであろう論述問題の対策を行うための参考書であり、論述問題が出題される大学を志望する受験生向けである。この参考書はなかなかこなすことが難しいので、論述対策の参考書を1冊仕上げたうえで取り組んでもらいたい。構成は、演習問題が各時代のテーマごとに設けられており、解説と採点基準が各問題設けられている。解説はかなり詳しく丁寧で、周辺知識も解説されているので各テーマの理解がスムーズに出来る。

教科
日本史

出版社名
駿台文庫

使い方
東大や一橋などの難関国立向けの論述対策用の問題集。説明自体の難易度も高いため、基礎知識が定着できていることが必須。採点基準もあるため、どのような内容を書く必要があるかも把握しながら書く練習をする。

テスト方法
実施しない。

日本史論述研究
問題数 43題
1日の量 3
1週間の量 18
目標突破日数 23日

日本史の勉強法・参考書の一覧→

大学受験の参考書・勉強法の一覧→