大学入試リスニングのトレーニング <上級編>|英語

本参考書は上智大や早稲田大、外語大などの難関国立・私立大においてリスニングを使用する人向けのものです。本参考書の前に「リスニングのトレーニング 必修編」をこなしていると思うので、同様の使い方で1日1題ずつこなして、3週間半程度で終わらせてください。

時間に余裕のある人はディクテーションやシャドーイングの練習としても使用してください。入試本番では学校によっては1回読むところや2回読むところもあるので、本参考書をやるにあたっても、入試の形式に合わせてやっていきましょう。

リスニングに関しては続けてやらないとなまってしまうので、本参考書が終わって時間に余裕のある人は今までやってきた長文の音読やリスニング教材のやり直しを1日1文程度は継続するようにしましょう。

教科
英語

出版社名
Z会出版

使い方
難関大学向けのリスニングの練習用の参考書。様々な種類の文章を扱っている。基本的には毎日解き、解いた後に英文も確認する。終わった後はシャドーイングかディクテーションを行い、すらすら読めるようにしておく。英問英答の範囲に関しては必要な人だけでも良い。

テスト方法
実施しない。

リスニングのトレーニング 上級編
問題数 20題
1日の量 1題
1週間の量 6題
目標突破日数 30日