名問の森 物理[力学・熱・波動Ⅰ] 3訂版|物理

本参考書には難関大を受験するうえで必答の有名問題がまとめられている.良問の風同様に演習のための参考書である.「力学・熱・波動Ⅰ」と「波動Ⅱ・電磁気・原子」の2冊が存在する。

この参考書の使い方としては,初見で問題を解く→終わったら答え合わせ、わからなくてもある程度考えたら答え合わせ→解法を理解するというサイクルで解くとよい。いきなり完答するのは難しいので,ここでは問題を解いて解法を覚えていくというイメージでよい。本参考書では早慶以上の大学では標準とされているやや発展的な内容を取り扱っているが。基本的な解法を習得していれば解説を読んで十分に解答の流れを理解できるだろう。

 本参考書を修了した時点で早慶レベルの必答問題は解けるようになっている。東大、京大、東工大レベルの受験を考えている受験生は「物理 重要問題集 -物理基礎・物理-」でさらに演習を重ねて完成度を上げてほしい。

教科
物理

出版社名
河合出版

使い方
この参考書を完璧にしておけば大半の大学の合格点は確保可能。問題数が多くないため時間に余裕があれば同じレベルの参考書を追加する。解説を読み、正誤のプロセスも説明できるように。別解がある問題が多いので、様々な問題に対応できるよう目を通すように。

テスト方法
解いてきた問題からランダムで出題し、解答の根拠を全て答える。答えられない場合は、仮に正解できていても不正解とする。

力学・熱・波動Ⅰ
問題数 64題
1日の量 4題
1週間の量 16題
目標突破日数 42日