古文上達 基礎編 読解と演習45|古漢文

文法事項をまとめと練習問題で確認しつつ、実戦問題で演習が詰める参考書。各文法事項について詳しく解説が載っており、練習問題は比較的難易度が低いが、実践問題は実際の入試問題から出題されているものが多く難易度も高めのため、設問も文法事項だけではないため基本的な知識が不足しているとかなりてこずるだろう。文章が解説も詳しく、あらすじや読解へのアプローチ、全訳がみやすいレイアウトでついているので、丸つけや復習がしやすくなっている。

基本的には自力で解き、できなかった問題は正解の根拠をはっきりさせ、満点が取れる状態に仕上げる。また、解いた後は必ず現代語訳を確認し、本文中で省略されていた部分
などを補い、古文の読み方を訓練しておくことを忘れずに行う。答えの丸暗記で乗り切ろうとしないように注意すること。

実戦問題を解いて手も足も出ない状態であれば、練習問題だけを先に全範囲終えてから実践問題に取り組むか、この参考書の前に基本的な単語・文法の問題集を終えておくとよい。難しめの問題も含まれているので、半分程度解けるような学力があればうまく演習をつめるだろう。本格的な演習に入る一冊目であるので、この時点での点数はあまり気にしないでよい。毎日古文に触れ、読み方に慣れていくことを重視しよう。

教科
古漢文

出版社名
Z会出版

使い方
文法の知識が実際にどのような形式で出題されるかなどを練習問題を解いて学習したうえで、実戦問題で私大の標準的な難易度程度の問題を解く。出典の詳しい情報も書いてあるので、文学史を勉強したい人はそちらも目を通しておく。

テスト方法
解いてきた問題からランダムで出題し、解答の根拠を全て答える。答えられない場合は、仮に正解できていても不正解とする。

古文上達基礎編
問題数 45題
1日の量 1題
1週間の量 6題
目標突破日数 68日

古文の参考書・勉強法→