入試 漢字マスター 1800+ 三訂版|現代文

本参考書で大学受験の漢字はほぼ網羅できる。現代文で受験を考えている全ての受験生向けである。全ての語に意味を簡潔に併記してあり、派生語や反意語、誤りやすい字、同音異義語も記載されている。また、重要な順に章が構成されているので順序どおりに学習することが望ましい。

書き取りのA,Bは基本的に全員が必須で以降は入試傾向や難易度に合わせて必要な範囲をやっておくとよい。漢字を覚えること自体が点数を大幅に引き上げることにはつながらないが、本参考書で載っている漢字のほとんどは読解の際にも意味を知っておいた方がいいものが多いため、読み書きができることで満足はせず、意味も覚えておくことをすすめる。

入試で出題される漢字の中でも対策必須の漢字を扱った参考書である。繰り返し書き取り・読みの練習をして漢字力を身につけてほしい。あまり時間をかける参考書ではないが、定期的に復習し、忘れないようにする意識を持っておく。

教科
現代文

出版社名
河合出版

使い方
入試に出てくる漢字の問題はこの参考書で出題されるようなものと、文脈から意味を推測して漢字を当てはめるものがある。難関校の場合、後者の出題率が高いので、漢字が必要かどうかは過去問を調べてから決める。センター試験を受ける予定の人はセンターの部分を解く。

テスト方法
解いてきた範囲からランダムで出題。読みや書きが書けるかどうかだけでなく、その漢字の意味が答えられるか確認する。

入試漢字マスター1800+
問題数 16ページ
1日の量 4ページ
1週間の量 16ページ
目標突破日数 6日

現代文のおすすめ参考書→