入試精選問題集8 古文|古漢文

本問題集は難関大学の入試対策用の問題集である。文章レベルは、MARCH、上智、中堅国公立レベルの古文が収録されている。そのため、ある程度実力がある受験生対象の難易度となっているので、センター試験や日大レベルの問題であれば対応できるようになってから取り掛かってほしい。このレベルの国立の問題を演習できる問題集はあまり多くないので、国公立志望の受験生は特にやっておくことをすすめる。

基本的には毎日問題を解き、解いた問題は解説と現代語訳を確認し、設問の解答の根拠と現代語訳の省略部分を補って読めるようにしておく。文章の単語レベルは、基礎的なものもあるが、単語帳に載っていない古文単語も時折出てくるので、その都度、自分でまとめておき、自分の知識に追加していってもらいたい。各文章の解説には、その文章で覚えておくべき古文単語や文法事項が書かれているので、復習の際に確認して覚えてしまおう。

難関大に向けての本格的な演習の問題集であるので、初見の時点ではあまり問題は解けない可能性は高い。しかし、設問で問われることを確認し、本文で自分が読めていなかった部分を読み直すことで、本問題集が終わるころには自力で解ききる力が十分につくはずである。慣れていけば古文の入試問題は決して難しいものではないので、丁寧に学習し高得点を取れるように仕上げていこう。

教科
古漢文

出版社名
河合出版

使い方
難関私大向けの問題集。基本ルートを終えたうえで解く。私立向けとなっているが、記述問題も多いため、国公立志望の人が解いても問題ない。

テスト方法
解いてきた問題からランダムで出題し、解答の根拠を全て答える。答えられない場合は、仮に正解できていても不正解とする。

入試精選問題集古文
問題数 22題
1日の量 1題
1週間の量 6題
目標突破日数 33日

古文の参考書・勉強法→